プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

試食付き編集会議

7月19日(木)cloud

今日は広報紙2回目の編集会議です。

まずは初稿ゲラを見ながらeye区民のみなさんに読んで

もらえるように、読みやすいように考えて、イラストの配置、

字の大きさや色等細かくチェックをしていきます。

表紙はdanger受動喫煙について。

受動喫煙が、いかに迷惑で、体に悪いかshock伝わるといいなと

思います。

一通り意見をまとめたところで、管理栄養士から掲載予定の

レシピ通りに作ってもらった「衛連理事おすすめレシピ」の

試食をしました。

Img_0004

                                 大葉のつくだ煮

Img_0024

                                大葉もち

Img_0036

                          試食して感想を述べ合う編集員の皆さん

       Img_0040

                         大葉の香りはあんことも合うわねぇ~

今回の主役は大葉(青しそ)です。

レシピのつくだ煮は、

小さなお子様もごはんにふりかけたら

喜ばれそうです。

暑さで食欲が落ちるこの時季に、おすすめします。

城南区衛生だより46号は

9月初めには城南区の皆さんに回覧される予定です。

印刷ができたらこのブログでも紹介しますねwinkpaper

Sline03a

お問い合わせはmail城南区衛生連合会までどうぞ。

                  電話831-4207

2012年7月17日 (火)

長尾校区 出前健康講座

7月11日(水)cloud/rain

今日の健康講座は、高台にある笹の台団地集会所へ

初の出前講座ですsign03

ひろげよう健康のわ・長尾」のキャッチフレーズのとおり

健康のわを広げるために、公民館を飛び出して

心臓破りの階段sign02を上りつめ・・・ハァハァ・・・到着。

Img_0040

                   笹の台団地自治会長の挨拶

cloverがきれいな笹の台団地は、建設後35年をすぎ

居住者の高齢化が進んでいるそうです。

笹の台団地から、公民館に行くには坂道や階段の

上り下りも多く、健康講座に参加しづらいcoldsweats02との

声があり、今回の健康講座はこちらから

行ってdashみようsign01長尾校区 健康推進委員会

発案で企画されました。

初めて参加された方も多かったので、

まずは心をほぐすために、レクリエーションnote

Img_0042

Img_0045

自己紹介の後は、運動指導士の指導で

体をほぐすストレッチをしました。

Img_0052

心と体がほぐれたところでいよいよ黒田節体操wink

Img_0055

                         皆さん姿勢がいいですね

Img_0063

                 健康運動指導士のリードに合わせて決めのポーズ

Img_0069

                  いよいよ難しい3番の槍のポーズ

ほとんど初めての皆さんなのに、難なく1~3番まで

進みました。間違っても、笑いながらsmile楽しむnotesことが

大事なんですね。

脳も活性化されますねwink

運動指導士の「楽しかった人~sign02」の声に

皆さん「ハーイsign03」と元気な声で出前講座は終了です。

Sline05a

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だよりに

健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせはmail城南区衛生連合会までどうぞ。

                                          電話831-4207

2012年7月 4日 (水)

いつまでも美味しく食べるために

6月27日(水)cloud/rain

七隈校区では、歯科衛生士による「お口の健康について」の

健康講座が開催されました。

Img_0004_2

                  歯科衛生士の大久保講師

高齢者が一生美味しく、楽しく、安全な食生活を送るため

お口kissmarkの健康は介護予防の第一歩です。

歯はあってもしっかりと噛む、飲み込むことができなければ、

食べることはできませんweep

口を動かす筋肉も加齢や、使わなかったり、

しゃべらなかったり・・・で衰えます。

噛むなどの顎の動きに刺激されてだ液は多く出ます。

噛む力が衰えるとだ液も出にくくなります。

だ液が少ないと飲み込みにくくなります。

Img_0019_2

                      だ液腺をマッサージ中

噛む力、飲み込む力が衰える→軟らかい献立(めん類等)が

多くなる→栄養が偏る→低栄養→転倒・引きこもり→

生きる意欲の低下→寝たきり生活になることもshock

舌を意識して動かす『健口体操』と『頬の体操』を習い

手鏡を見ながら実践してみます。

この体操は表情筋の刺激になり、しわにも効果ありsign01だとか。

みなさん熱心ですねーsmile

Img_0029_2

                       口を閉じて行なう舌の運動中

お口の健康って大切ですねsign01

高齢者の死亡原因の上位にある「肺炎」も口の中を

清潔に保つことにより予防できるそうです。

Img_0036_2

                        正しい歯磨を実践中

おしゃべりをして、

良く噛んで美味しく食べて、

しっかり歯磨きで、

人生を楽しく元気に過ごしましょうsign03

Sline05b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だよりに

健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせはmail城南区衛生連合会までどうぞ。

                    電話831-4207