プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月26日 (水)

健康づくり「サポーター養成教室」第2回目

11月19日(水)sun

今日は、健康づくり「サポーター養成教室」5回シリーズのうち

第2回目です。

会場を城南市民センターに移して、黒田節体操と隣接した

西の堤池周回コースを使い、自分のニコニコペースを実践で

学びます。

Img_0005 

地域保健福祉課生き活きスタッフの森口さんのリードで

ストレッチsign01

Img_0012

続いてロコモ予防に最適な黒田節体操を学びます。

Img_0022

この体操は、ゆっくりとした体重移動で下半身に負荷がかかり

自分の体力に合わせて調整することができるので、

大きく動けば、より下半身や体幹を鍛えることができます。

Img_0032

皆さんスクワットの動作もバッチリshineですsign03

Img_0039 

仕上げでは、2班に分かれて披露しあいました。

短時間のうちにマスターして、お互い拍手happy01で終了です。

 maple    maple    maple    maple    maple    

Img_0041               講師:松原建史健康運動指導士 

休憩のあとは、前回学んだニコニコペースを実際に

歩いてみて体感します。

Img_0048_2

青空と美しい紅葉で池の周りのウォーキングコースはとても

気持ちよかったです。

Img_0056

Img_0060

1周歩いたところで脈を測り、自分のニコニコペースとの

違いでどれくらいの運動強度がちょうどいいかを体感しました。

Img_0059

おしゃべりはできるけど、軽く息が弾むくらいがちょうど

いいようです。

2周目は、自分のニコニコペースと比べ、脈拍が多かった人は

少しゆっくり、足りなかった人は少し早めに歩いてみます。

教室に戻り、二人一組で体を柔らかくするストレッチを

学びました。

Img_0063

Img_0067

使ったところをストレッチして、今日の教室は終了です。

次回は12月17日(水)西南杜の湖畔公園までウォーキングを

実践します。

参加者のみなさん、歩数計意識しましょうねwink

Sline05b

皆さんのお手元に届く、市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     telephone092-831-4207

     mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

 

      

2014年11月19日 (水)

健康のわ 長尾 健康講座・呼吸器の病気」

11月15日(土)suncloud

健康のわ・長尾も今年度第4回目となりました。

今日は、ドクターによる健康講座で、テーマは「気をつけよう

呼吸器の病気」ということで、医療法人上川路クリニックの

院長 上川路 信博 先生のお話です。

まずは到着順に落ち着いたところで、血圧を測り今日の体調を

チェックします。

Img_0001              校区担当保健師の宮本さん(写真左)

Img_0007                      上川路 信博 先生

スライドを見ながら、肺炎と気管支炎の違い、肺炎の種類等に

ついてお話があり、年を重ねるほど、今まで以上に肺炎に気を

つけなければいけないことがわかりました。

Img_0012

ひとの体の模型を使い、菌の肺への侵入を防ぐ仕組みの

説明があり、とても分かりやすかったflairです。

 Img_0010 

Img_0015

肺炎球菌には、毒性の強いタイプshockと弱いタイプがあり、

強いタイプに罹ると重篤な状態になることもあるとのこと。

風邪かなと思っても、急激に症状が重くなった時はすぐに

受診しましょうsign03

肺炎球菌肺炎は、乳幼児と高齢者に多いので、ワクチンの接種が

有効です。

10月から高齢者の肺炎球菌予防接種が定期予防接種となり、

年齢により、補助が受けられるので、忘れずに接種しましょうねhappy01

詳しくはこちらをクリック⇓ 

福岡市 高齢者の肺炎球菌予防接種について

長尾校区の次回健康のわ・長尾は1月13日(火)13:30~

初詣ウォーキングです。

Sline06b

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 福岡市城南区衛生連合会 事務局まで

      telephone 092-831-4207

      mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

2014年11月17日 (月)

片江校区 健康講座「体操と健診活用術」

11月12日(水)cloud

今日の健康講座は、運動と学びの2本立てですsign01

「ハートフル体操で余分なお肉を取り除こう」

講師は校区在住の小西美江先生

「健診活用術~健診受けてお得なこと~」

講師は地域保健福祉課 校区担当の松下保健師

Img_0060             校区衛生連合会 重富会長

ストレッチや、バレエ・リンパマッサージ等の要素が入り、

花子とアンや、AKBの軽快な曲noteに合わせて行なう 

体操を実践しました。

Img_0068

Img_0074  

皆さん、軽快に体が動いていますねnotes

Img_0080 最後は、ヨガのポーズも取り入れて癒しの時間です。

これから寒くなる季節snow、血流がよくなると体がぽかぽかして

外から暖めるより効果がありそうです。

休憩の後は、特定健診のお話です。

Img_0086

校区担当保健師の松下さんより、スライドを使った分かり

やすい説明がありました。

Img_0088

福岡市の特定健診(国民健康保険対象)は、病院で受けると

1万円くらいかかる内容が500円shine(40歳以上74歳)で

受けられます(70~74歳、市民税非課税世帯は無料)。

なんだか、とーってもお得感sign03がありますねhappy01

Img_0089

毎年健診を受けて、生活習慣病を適切に治療している方の

平均医療費は、健診を受けてなくて、重症化してしまった

生活習慣病を治療している方の平均医療費に比べひと月当たり

約1万円安くなっています。

健診で自分の体を知ることが、重症化を防ぐ第1歩ですね。

Img_0096

片江校区では、出前特定健診を12月10日(水)9時から11時に

片江公民館で実施します。

対象は、福岡市国民健康保険加入の40~74歳の方

費用は500円 予約制です。

予約センター telephone 0120-985-902

         FAX 0120-931-869

生活習慣病は、予防できる病気です。

まずは特定健診を受けて自分の体の健康チェックをしましょうsign03

Img_0097

健康講座参加者は、毎年健診を受けているとのこと。

健康づくりの意識が高いみなさん、さすがお元気ですscissors

今日の健康講座はこれで終了~sign01お疲れさまでした。

Sline10

皆さんのお手元のに届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、城南区衛生連合会 事務局まで

       telephone 092-831-4207

       mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

2014年11月13日 (木)

城南健康アップセミナー第3回目

11月12日(水)cloudsprinkle

ニコニコくらぶの開催日に合わせた、今日の城南健康アップセミナー

「校区内ウォーキング」です。

Img_0001

セルフで血圧を測り、健康チェックをします。

Img_0004              衛生健康づくり連合会の松尾会長

Img_0008                シニアクラブ連合会有吉会長

シニアクラブと共催ということもあり、会場は40名を超える参加者で

いつも以上に盛況です。

健康運動指導士 松原建史先生の指導でストレッチをしました。

Img_0014

ひと通りストレッチで体を温めた後は、公民館の外に出て

ウォーキングを実践します。後ろの足の蹴り出しを意識して

歩いてみますrun

Img_0027_2

Img_0032_2

あいさつ通りの桜の葉もすっかり色付き、冬の到来を

告げるように風に舞っています。

小・中学校のまわりを、体力に合わせて1~2周し、休憩の後は

使った部分を中心に再度ストレッチをしました。

Img_0035_2

Img_0038_2

ストレッチの後は、簡単な脳トレです。

Img_0041_2

グーrockとチョキscissorsを合図に合わせて交互に入れ替えたり、

応用で上下に合わせてカタツムリsnailを作り、歌いながら

入れ替えたり・・・

最後は手と足を使い、違う動きをしながらリズムに合わせて

体を動かしていきます。

Img_0055_2

みなさん笑顔happy01で楽しそうup

集って、歩いて、体操をして、充実した午前の時間に

なりましたね。

城南校区では公民館で、第2水曜日の10時から

気軽にできる体操を中心に健康づくりを行なう「ニコニコくらぶ」

開催しています。どなたでも参加自由とのこと。

ぜひご参加くださいねwinkpaper    

Sline02a_2     


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、福岡市城南区衛生連合会 事務局まで

        telephone092-831-4207

        mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

2014年11月10日 (月)

たしま健康講座2014  第3回目

11月7日(金)sun

~認知症予防への第一歩~をテーマに始まった今年度の

健康講座も3回目を迎えました。

今日は、プチスロージョギングと栄養講座です。

Img_0001_2

校区衛生連合会の長会長よりごあいさつがありました。

Img_0004

スロージョギングの指導はおなじみ、福岡大学

スポーツ科学部 助教の森村和浩先生です。 

ずっと椅子に座っているなど不活動の時間がたくさんある人は

生活習慣病になりやすいといわれているそうです。

時々動いて活動することを意識する。週に140分を目標に

こま切れでもいいので運動することが、生活習慣病や認知症

対策になるようです。

ストレッチ・脳トレの指遊びをしました。

Img_0014

Img_0017_2

隣の人と手を交差させて膝の上に置き、右から順番に

膝の上の手を上げていきます。簡単そうですが、スムーズに

上げていくにはなかなか難しいようですcoldsweats01

ウォーミングアップが終わったら、いよいよスロージョギングsign01

15秒間に何歩が目安だったでしょうかsign02先生の問いかけに

45歩と即答sign03毎日実践shineされている方もいらっしゃいます。

Img_0025

音楽noteに合わせて、1分間走り、30秒間歩くこと繰り返します。

皆さん軽快に、笑顔でスロージョギングnotes

いい汗sweat01をかいた後は、栄養講座です。管理栄養士の

藤野先生にバトンタッチです。

Img_0034 

体にいいからと一つの食品に偏らないこと、塩分を控えること等を

学び、今日のメニューを見ながら確認します。

Img_0036

生活習慣病対策は食物と栄養も重要です。

田島校区食進会のご協力により、健康メニューの

試食もありました。

Img_0039

食進会の会長より、健康料理の講習会を公民館で開催しているので、

ぜひご参加くださいと紹介がありました。 

Img_0046_3

メニューは

one 黒胡麻入りご飯

two 鶏肉のスパイシーマリネ

three にんじんの奈良漬け和え

four かぼちゃのスープ

five ブラマンジェのきなこ添え

レシピはここをクリック

塩分を控えるために、香辛料や酸味を利用するとよいとのこと。

胡麻はすり胡麻の方が消化吸収もいいのですが、

高カロリーupなので、ほどほどに食べましょうとのことでした。

Img_0041

和気あいあいと試食をして、今日の講座は終わりです。

次回は2月6日(金)10時からマルチタスク運動と

プチスロージョギングdashです。

田島校区の皆さんスロージョギング続けましょうねpunch    

Sline09b     

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

      telephone092-831-4207

       mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

2014年11月 4日 (火)

別府校区 健康講座「生活習慣病と動脈硬化について」

10月30日(木)sun

今日の健康講座は、「生活習慣病と動脈硬化」血管年齢を

若くしようsign01をテーマに、別府校区で開業されている

酒井内科循環器科の酒井喜久雄先生にお話をいただきました。

Img_0004                    校区担当保健師の斎藤さん

Img_0008

別府校区自治協議会の三角会長のごあいさつがあり、

11月9日(日)10時から14時の間に、小学校体育館で、

別府公民館の創立50周年・自治協議会設立10周年

記念イベントshineとして「映像で楽しむ別府の歴史」を3回movie

お楽しみいただけるとのことです。

公民館の会場は、シニアクラブへの声かけもあり、50名近くの

参加者で満席でした。

Img_0013

酒井先生からは、プロジェクターを使って生活習慣病と

動脈硬化についてわかりやすいお話がありました。

Img_0010

動脈硬化は高校生くらいから始まり、ジャンクフードと

いわれる食べ物(高カロリー、高塩分、栄養価のバランスを

著しく欠いた食品、または多量の砂糖を含んだ食品)を多く

摂っていると、動脈硬化も進むそうです。

心筋梗塞で亡くなった方の動脈の断面を見るとコレステロール

や血栓等でほぼ詰まっていて、こんなにひどい状態になるのかと

衝撃wobblyを受けましたdowndown

わるい生活習慣により動脈硬化は進展しますし、動脈硬化に

よって引き起こされる重大な病気も多いことがわかりました。

病気になって薬を飲むより、病気にならないように生活習慣を

改めるほうが、後々自分が楽notesですよね

脂質異常症も、高血圧症も、喫煙も、糖尿病も生活習慣から

くる病気とのことshock

Img_0018

最後に今日のお話のまとめとして

one食塩制限  6g/日(添加する食塩は4g/日以下)

two適正体重の維持―標準体重の20%を超えない

threeアルコール制限―エタノールで男性20グラム/日以下

                    女性で10グラム/日以下

fourコレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控える

five運動療法(有酸素運動)―心血管病のない人

six禁煙nosmoking

血管年齢も若いままでいたいものです。

毎日の積み重ねが大事ですねhappy01

みなさん、元気で長生きして健康寿命をのばしましょうsign03

Sline09b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

        telephone092-831-4207

        mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp