プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 健康づくり「サポーター養成教室」第5回目 | メイン | 健康づくり活動紹介パネル展 »

2015年6月 2日 (火)

金山校区 健康講座 第1回目

  6月1日(月)sun

今年度の金山校区健康講座は3回シリーズで、

「生活習慣病や認知症を丸ごと防ごうセミナー」をテーマに

6,7,8月の第1月曜日に開催されます。

今日は第1回目ということで、会場は50名近くの受講者の

みなさんでにぎやかです。 

Img_0001_800x600

校区保健衛生委員会の小林会長のご挨拶のあとは  

Img_0003_800x600

今年度より新しく校区担当になった陣内(じんのうち)保健師より

生活習慣病と認知症の関連について説明がありました。    

    

続いて生活習慣病・認知症予防に役立つ運動の指導を

健康づくりサポートセンター健康運動指導士の西内久人先生より

学びました。

Img_0006_800x600

指を使った脳トレで頭をほぐしたあとは、有酸素運動で下肢の負担が

低い順で水中ウォーキング、エアロバイク、ウォーキング・・・

いろいろな運動のポイントや気をつけなければいけないこと等の

説明を受けました。習慣的な運動は、サプリメントや薬より認知症の

予防に効果があるそうです。

Img_0014_800x600_2

開眼片足立ちを1分間することで、約53分の歩行に相当するとの

研究結果が出ているとのことsign01朝晩しても5分もかからず、

なんと2時間歩いたのと変わらないなんて、簡単で

お得感いっぱいですwink

※安定したテーブル等の横に立ち、テーブル側の足を上げます。

体がぐらついたとき、ケンケンをすると、膝を痛める原因に

なるので、 ケンケンはしないことが注意ポイントflairです。

Img_0023_800x600

正しいスクワットの姿勢も学びました。

皆さん美しいフォームshineですね。

転倒しても骨折しない丈夫な骨・転倒しない筋肉をつける

ことが大事とのこと。

無理せずこつこつが健康を維持する秘訣のようですhappy01    

Img_0030_800x600

二人一組で脳トレに挑戦sign03果物・木・台所にある物の名前を

交互に言って復唱したり、100から3を引いて交互に答える

ゲームをしました。皆さん笑顔で楽しそうnotes

Img_0032_800x600

最後に握りこぶしを作って力を入れ、大きく呼吸をしながら

体を動かし、力を抜いて血流を流す運動をまなびました。

成長ホルモンを出やすくする運動なので寝る前がよいとのことです。

    

食生活改善推進員協議会(食進会)のご協力で、夏バテ防止の簡単

レシピの試食をしました。

Img_0042_800x538

きのこのマリネ (クリックでレシピが出ます)

きのこと切り干し大根の食感も楽しめ、さっぱりおいしい一品でした。

次回は7月6日(月)です。

家の中でもちょこっと運動sign01

継続は力なりsign03  続けましょうねhappy01paper    

Photo 

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、自治協だより等に

健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 福岡市城南区衛生連合会までどうぞ

       telephone 092-831-4207

       mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/557855/33422961

金山校区 健康講座 第1回目を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿