プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 健康づくり「サポーター養成教室」第2回目 | メイン | 城南校区 健康アップセミナー2015 第4回目 »

2015年12月 1日 (火)

南片江校区 鮮魚市場見学と衛生講習会

11月27日(金)cloud

南片江校区衛生連合会の主催で、希望された校区住民の方と

一緒に、鮮魚市場見学に行きましたbusdash


南片江公民館から長浜の鮮魚fish市場の往復の時間を使って

城南区衛生課、生活衛生総合相談員の西方氏を講師に

魚介類の食中毒について学びました。

魚介類の食中毒の考えられる病因物質は、細菌・ノロウイルス

・寄生虫・ヒスタミン・フグ毒等があるそうです。

資料を見ながら、それぞれの症状や特徴、気をつけることの

説明を受けました。

特にこれからシーズンを迎えるノロウイルスは、感染力が

とても強いので、しっかり予防することが大切です。

Img009

 
ノロウイルスは、アルコール消毒が効かないので

二次汚染を防ぐには、塩素系漂白剤を使った消毒液で

消毒することが有効punchとのこと。

気をつけましょうsign01


うがい・手洗い
をしっかりすることは、インフルエンザや

風邪も含めた感染症予防の基本ですねhappy01

bus dash dash  dash


鮮魚市場会館の2階の会議室に到着しました。

Img_0002
DVDを見て、鮮魚市場の概要を学んだ後

食品衛生検査所の業務について説明を受けました。

Img_0007

会議室を出て、実際に、理化学検査や細菌検査を

行っているところを見学しました。

Img_0011

フグの標本などもたくさんあり、フグにはたくさんの

種類があることを知りました。

食卓に上る魚介類は、市場の監視や食品の検査を

経て、安心・安全に届けられていることが分かりました。


Sline07b


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、福岡市城南区衛生連合会事務局まで

       mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

             telephone  092-831-4207