プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 堤丘校区 生活習慣病予防シリーズ第3回目 | メイン | つつみ健康講座2015 第3回目 »

2015年12月18日 (金)

健康づくり「サポーター養成教室」第3回目

12月16日(水)cloud

5回シリーズで始まった教室も今日で3回目です。

今日のテーマは、ロコモティブシンドローム(運動器

症候群)についてsign01

Img_0018 

講師は、健康運動指導士の松原建史先生です。

Img_0023 

7つのロコチェックで当てはまるところはありませんか?

チェックが1つでも付いた方はロコモかも!?

ロコモの大きなひとつの原因について、

活動量の低下→心血管系などの各臓器の機能低下→

全身機能の低下→活動量の低下→筋肉を動かさない

→運動器の機能低下→活動量の低下・・・とグルグル

負のスパイラル状態になっていくそうです。

動いて筋肉を維持することが健康寿命をのばすコツですね。

Img_0027

介護が必要になった原因には、脳卒中・認知症・高齢による

衰弱・関節疾患・骨折転倒・・・といろいろありますが、

その中の81.5%を1種目の運動で予防できる可能性が

高いことが最近の研究で分かってきたそうです。

その運動とは・・・みなさんご存知のステップ運動とのこと。

家の中で気軽に取り組めますね。

ストレッチの後に、ロコトレ(ロコモーショントレーニング)を

学びました。

Img_0033 Img_0040 

休憩のあとは、黒田節体操を区地域保健福祉課

生き活きスタッフ 森口運動指導士から習います。

Img_0047            肩甲骨を引き寄せるようにsign01

動作についての注意や、何を意識したらいいのかを

ピンポイントで分かりやすくflair教えてもらい、初めての方も

30分で3番までマスターしましたscissors

皆さん集中して体を動かしたので、暑い暑いsweat01と上着を

脱ぐ人が多かったです。

Img_0050           横の移動は四股を踏む気持ちでsign01

Img_0052        前の足に体重をかけて視線は扇子にsign01

Img_0086        後ろの足に体重をかけて狙いを定めるようにsign01

Img_0081

   

最後に1番から4番まで通して体操しました。

どこに効いているのか意識しながら大きく体を

動かすとロコモ予防にとてもいい体操ですhappy01

口ずさみながらnotesできるので取り組みやすいですね。

楽しかった~、汗かいたよ等々の声の中、

今日の教室は終了しました。

みなさんお疲れさまでしたwink

次回は2月17日です。寒い日には、室内で黒田節体操と

ロコトレsign03 忘れずに続けましょうね~rock



Sline02b


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、福岡市城衛生連合会事務局まで

      mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

        telephone   092-831-4207