プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 2015年12月 | メイン | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月25日 (月)

広報紙「健康だより」編集会議

1月18日(月)cloud


城南区衛生連合会が年に2回発行している広報紙

「健康だより」第53号の2回目の編集会議を行いました。

今号の編集員は、別府・南片江・片江・金山・七隈・城南校区の

理事6名です(今回は1名欠席)。

Img_0087

11月の第1回編集会議でテーマやレシピ、レイアウトを決め、

印刷会社に出し、できあがった初稿を確認しながら、さらに

細かく詰めていきます。

Img_0088
色使いや文字の大きさ、読みやすさ等々意見を交換します。

今日の会議でまとめたものを印刷会社に初校修正として

お願いし、その後も2校修正や色校修正を経て、

城南区の皆さんによりよい紙面をお届けします。

Img_0089

『衛連理事おすすめレシピ』の写真撮影用に編集員の

みなさんは、サラダを盛り付け中です。

器もいろいろ使い、ランチョンマットも色を変えて撮影します。

Img_0112

今回はアボカドやクリームチーズをつかったサラダと

Photo

さばfishの水煮缶を使った炊き込みご飯を掲載します。

撮影cameraが終わった後は、お楽しみレシピの試食を

行いました。

Img_0125

管理栄養士に、レシピの調理と栄養計算を依頼し、

編集員は試食後それぞれ感想を述べて、最終的に

管理栄養士からアドバイスをもらい、レシピを

完成させます。

今回も、簡単でおいしいレシピができあがりましたgood


広報紙「健康だより」第53号は、2月下旬より各校区で

回覧されます。

どうぞ お楽しみにwinkpaper

Sline04a

皆さんのお手元に届く 市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

           mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

                       telephone 092-831-4207

       

2016年1月23日 (土)

ひろげよう健康のわ・長尾「三世代初詣ウォーキング」

1月17日(日)rain


今年度の健康のわ・長尾も今回で6回目となり

いよいよ最終回です。

今回は自治協議会の三世代交流事業と共催です。

健康運動指導士の西内久人先生からストレッチの

指導と脈拍・屋外運動の注意点のお話を聞きしました。

Img_0041

外は寒くはないのですが、あいにくの雨rainです。

今日のウォーキングは中止かなと思っていたら、何と

皆さん歩きたいとのことsign01

御子神社コースは距離が長いので、希望者は1.6kmの

下長尾神社コースを歩くことになりました。

Img_0042

校区担当の吉岡保健師より、危険防止のため、ウォーキングを

自粛する方には、室内でできる運動の指導をしますとの説明が

あり、各々選択することに決定sign01happy01

Img_0046

Img_0049

長尾校区健康推進委員会の吉田副会長と自治協議会

津留崎会長のご挨拶のあと、靴を履いて公民館を出発dash

Img_0051_2

ほとんどの方がウォーキングに参加されましたup

Img_0057

樋井川沿いを遠回りして、土手に咲く梅の花を発見

暖冬のため、もう6分咲きくらいでしょうか。

春の気配を感じますconfident

Img_0058

住宅街の中を歩き、下長尾神社に到着

Img_0066

Img_0067 

順番に健康祈願をしました。

Img_0072

長尾小学校の横を通り、公民館に到着。思ったより暖かく

雨にもそれほど濡れずに済みました。

Img_0078

整理体操のストレッチと、ロコモ予防の開眼片足立ちや

スクワットを体験し、今日の健康講座は終了です。

最後に、茶話会タイムnote

Img_0086

初めての人との会話も弾み、楽しい時間になりました。 

参加のみなさん、スタッフのみなさんお疲れさまでしたheart02

Sline09b

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 福岡市城南区衛生連合会まで

        mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

                 telephone  092-831-4207

2016年1月21日 (木)

別府校区 けんこうラリー「食育講座」

1月17日(日)cloud


別府校区健康づくり推進協議会が毎月第3日曜日

9時から開催している『けんこうラリー』今回は食育講座です。

旬の野菜で元気に長生きsign01~ちょっとした一工夫 ビタミン・ミネラル

食物繊維がおいしく摂れます~というテーマで管理栄養士の

惠良なを子先生から指導を受け、班に分かれて調理をします。

調理前の体ほぐしに、みんなそろって黒田節体操を行いました。

Dscn2040
校区担当の永田保健師より特定健診についてのお話が

ありました。

Dscn2042

生活習慣病は自覚症状がないまま進行しますcoldsweats02

特定健診(よかドック)は、数値の変化で自分自身の体を

知ることができるチャンスですflair

 年に1度は自分の体を定期的にチェックしましょうsign03



いよいよ3班に分かれて調理開始です。

Img_0004

Img_0006

男性の中には、男の料理教室で腕を磨いている方も

いらっしゃるとか。どおりで手つきがいいはずですねwink

Img_0002


中村学園大学の学生さんも2名校内に掲示してあった

ちらしを見て参加されたそうです。

学校で学んでいるだけに、見事な包丁さばきshineですgood

年長の参加者さんとも和気あいあいと出汁づくりnotes

Img_0012 

交流の輪shineも広がります。

Img_0020

あっという間に5品完成sign03

野菜たっぷりで彩りもよく、美味しそうにできあがりました。

献立は

one 黒豆ごはん

two 青魚の友禅焼

three 柿と青菜の白和え

four 根菜とうすくず汁

five あかね寒天

レシピonethreeは→こちらをクリック

レシピfourfiveは→こちらをクリック

Img_0021


試食タイムも「おいしいね」「白和えも作ってみたらそんな

手間がかからないね」等々話も弾んでいました。

Img_0031


けんこうラリー
は毎月、ウォーキング・体操・バスハイク・

食育などテーマを変えて、開催しているそうです。

スタンプカードが満杯になると、お楽しみプレゼントpresent

もらえるそうですsign01

個人で楽しむ健康づくりにプラスして、月に一度交流を楽しむ

健康づくりもいいですねhappy01

別府校区のみなさん参加しませんか?



Sline05b


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 福岡市城南区衛生連合会まで

        mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

               telephone   092-831-4207


 

2016年1月14日 (木)

城南校区 認知症サポーター養成講座・ニコニコくらぶ

1月13日(水)cloud


新年あけましておめでとうございますfuji

本年もどうぞよろしくお願いします。

1月もあっという間に中旬になりました。

今日は、城南区地域保健福祉課といきいき教室(公民館)・

ニコニコくらぶ(衛生健康づくり)の共催で、認知症サポーター

養成講座が開催されました。

到着順に血圧測定と体調チェックを行います。

Img_0002

今年初めての顔合わせということで、城南公民館主事と

館長のご挨拶につづき衛生健康づくり連合会の

松尾会長のご挨拶です。

Img_0008

校区担当の松下保健師から、地域と高齢者の

概況説明がありました。

Img_0011

続いて、認知症サポーター養成講座~認知症を

もっと知ろう~をテーマに、小規模多機能ホーム

とりかいの管理者、大中修二氏よりお話を聞きました。

Img_0013 

認知症とは?認知症の種類や原因について、

症状や認知症の方の気持ちや対応のポイント等

実例を挟んで分かりやすく学ぶことができました。

途中の休憩時間前に、区地域保健福祉課の

森口運動指導士より室内でもできるストレッチ体操や

Img_0016

音楽notesに合わせて炭坑節の振りを使い上半身を

大きく動かす体操、簡単な脳トレ等で体と脳を

動かしました。

短時間で血行がよくなり体がぽかぽかしましたhappy01

Img_0019


講座の後半は、認知症の事例紹介と本人・家族の

その時の気持ちや、対応次第で、認知症を進行させて

しまうこともあるということを学びましたflair

認知症を理解し、温かい目で見守ったうえで、さらに

一歩進んで、自分なら何ができるか考え、必要と

されるときには行動に移すことができるような

認知症サポーターになりたいなと思いました。

認知症を知ることがはじめの一歩ですwink

城南区、いえいえ世の中全体が認知症にやさしいheart04

安心して暮らせるまちになったらいいですねconfident



Sline05b

皆さんのお手元にとどく市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、福岡市城南区衛生連合会まで

       mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

             telephone  092-831-4207