プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« つつみ健康講座2015 第3回目 | メイン | 別府校区 けんこうラリー「食育講座」 »

2016年1月14日 (木)

城南校区 認知症サポーター養成講座・ニコニコくらぶ

1月13日(水)cloud


新年あけましておめでとうございますfuji

本年もどうぞよろしくお願いします。

1月もあっという間に中旬になりました。

今日は、城南区地域保健福祉課といきいき教室(公民館)・

ニコニコくらぶ(衛生健康づくり)の共催で、認知症サポーター

養成講座が開催されました。

到着順に血圧測定と体調チェックを行います。

Img_0002

今年初めての顔合わせということで、城南公民館主事と

館長のご挨拶につづき衛生健康づくり連合会の

松尾会長のご挨拶です。

Img_0008

校区担当の松下保健師から、地域と高齢者の

概況説明がありました。

Img_0011

続いて、認知症サポーター養成講座~認知症を

もっと知ろう~をテーマに、小規模多機能ホーム

とりかいの管理者、大中修二氏よりお話を聞きました。

Img_0013 

認知症とは?認知症の種類や原因について、

症状や認知症の方の気持ちや対応のポイント等

実例を挟んで分かりやすく学ぶことができました。

途中の休憩時間前に、区地域保健福祉課の

森口運動指導士より室内でもできるストレッチ体操や

Img_0016

音楽notesに合わせて炭坑節の振りを使い上半身を

大きく動かす体操、簡単な脳トレ等で体と脳を

動かしました。

短時間で血行がよくなり体がぽかぽかしましたhappy01

Img_0019


講座の後半は、認知症の事例紹介と本人・家族の

その時の気持ちや、対応次第で、認知症を進行させて

しまうこともあるということを学びましたflair

認知症を理解し、温かい目で見守ったうえで、さらに

一歩進んで、自分なら何ができるか考え、必要と

されるときには行動に移すことができるような

認知症サポーターになりたいなと思いました。

認知症を知ることがはじめの一歩ですwink

城南区、いえいえ世の中全体が認知症にやさしいheart04

安心して暮らせるまちになったらいいですねconfident



Sline05b

皆さんのお手元にとどく市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、福岡市城南区衛生連合会まで

       mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

             telephone  092-831-4207