プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 2016年1月 | メイン | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

七隈校区 お口いきいき健康講座・黒田節体操

 2月24日(水)cloudsun



今日の健康講座のテーマはお口の健康です。

Img_0001

血圧測定をして、今日の健康状態を確認しました。

みなさん体調はバッチリですup

Img_0003

校区保健衛生連合会 岩田会長のご挨拶のあと、

さっそく黒田節体操を行いました。

Img_0009

今日は健康講座もあり、毎月行っている黒田節体操教室

以上に参加者も多く、講堂も手狭に感じます。

Img_0010

 

Img_0013

校区担当の二石保健師より今日の流れの説明のあと

今日の講師、歯科衛生士の大城康子さんのお話です。

Img_0018

お口の健康は、肺炎や認知症予防につながるそうです。

舌は、血液の状態や体調を表すとのこと。

白かったら貧血、赤かったら脱水かもしれない

そうです。舌苔が付いてない人は、唾液が少ない

かも。

毎日鏡で顔色を見るように、舌もチェックeyeすると違いが

分かるようになるとのこと。

唾液が少ないと、飲み込みにくくなったり、胃が悪くなったり

それがもとで便秘になったりすることもあるそうです。

唾液腺マッサージは、出にくくなった唾液腺を開くことが

できる簡単なマッサージです。

Img_0019

舌下腺・顎下腺・耳下腺をゆっくり指で刺激すると、口の中で

唾液がでてくるのが分かります。

飲み込みの力が落ちると、むせやすくなり、病気や怪我で

寝たきりになると歯周病菌が気管から入り誤嚥性肺炎の

原因になるそうです。

Img_0032

飲み込む力を鍛えるのは、おしゃべりや歌がいいそうです。

一人暮らしなどで話す機会が少ない人は歌notesですねhappy01

故郷の空と村の鍛冶屋を脳トレを入れながら歌いました。


Img_0035

歯周病を防ぐ・歯周病菌を増やさないための歯みがきを

習いました。

歯ブラシはやわらかいもので、歯磨き粉はつけずに、

1本ずつ歯と歯茎の境目をゆっくりマッサージするように

みがくといいそうです。入浴のときやテレビを見ながら

行うとゆっくり磨けておすすめだとかflair



最後に部分入れ歯や入れ歯の保管・お手入れ法をについて

学び、今日の講座は終了です。

黒田節体操でロコモを予防して、正しい歯みがきで

歯周病を予防すると健康長寿間違いなしsign03かもwink

参加のみなさんお疲れさまでした。

Sline09b


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に、健康づくり情報が掲載されています。

  お問い合わせは、城南区衛生連合会事務局まで

     mail   jonan-eiren@cap.bbiq.jp

         telephone    092-831-4207

2016年2月24日 (水)

健康づくり「サポーター養成教室」第4回目

2月17日(水) cloud


健康づくりサポーター養成教室も4回目となりました。

今日のテーマは、認知症予防のための運動と

黒田節体操です。

健康科学研究所 松原建史先生の講話では

認知症とは?、認知症予防のための運動として

自分で取り組める運動を学びました。

Img_0004

最近の研究では、脳の中の海馬は加齢に伴って萎縮していく

ばかりではなく 、運動することで大きくなることが分かって

きたそうです。

全身持久力を高める(海馬を大きくする)運動の3条件として

〇有酸素運動

〇週に150分以上(ちょこちょこ運動でもOK)

〇ニコニコペース

とのこと。ステップ運動は、季節や天候に関係なく室内で

気軽に行うことができるので、おすすめだそうです。

Img_0006_3

Img_0010_7 

ストレッチの後は、音楽に合わせて脳トレと運動を

行います。

Img_0023_3

まずは音楽に合わせて足踏みnote
 Img_0026

右手のグーrockと左手のチョキscissorsでカタツムリsnailを作り、

合図に合わせて右手と左手を入れ替えます。

変わった直後は、うまく入れ替えられず笑いが出ますhappy01

 

Img_0031
だんだん動きも複雑に、みなさん真剣な表情ですねsign01


休憩のあとは、2ヶ月ぶりの黒田節体操です。

城南区地域保健福祉課の森口運動指導士を講師に

前回の復習notes通しで体操をすると、忘れていた部分も

思い出してきます。

Img_0037_2 
手先足先、目線まで意識すると揃って素敵ですsign01

Img_0038  

スクワットの姿勢もきれいshineですね。

Img_0044


難しい3番の槍のポーズもバッチリ決まっています。


披露する班と観賞する班に分かれて発表会を実施。

緊張感の中、皆さんほぼ完璧に披露できました。


手足を大きくのばしてゆっくり体重移動をすると、

体幹と筋肉トレになっているのを実感します。

健康づくりサポーター養成教室、次回は最終回

大濠公園ウォーキングshoeです。

天候に恵まれますようにconfident

clover  clover  clover  clover  clover  clover



初めての方も見ながらできるsign03

始めよう黒田節体操!!DVDを

無料貸し出ししています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

      mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

           telephone  092-831-4207

2016年2月22日 (月)

堤地区 つつみ健康講座2015第4回目

2月15日(月)cloudsun

今年度の堤地区健康講座も今日が最終回です。

今年度は「生活習慣病・認知症・ロコモを丸ごと予防!」

をテーマに学んできました。

今日は第1回目と同じく夫婦石病院のご協力により年に2回

行なっている体力測定をします。後半はグループに分かれて

結果の振り返りを話し合い、最後は皆勤賞の発表です。


Img_0009

Img_0011


地区担当の陣内保健師より今日の流れの説明があり、

堤地区自治協議会会長の山口会長より、

健康づくりは目にみえない形の予防が大切で、病気になって

好きなものを我慢して薬を飲む生活より、健康なうちから

おいしいものを食べながら健康づくりに取り組み、病気を

予防することが自分にも周りの家族にも、財政にも

一番いいことだと思うとのご挨拶がありました。


Img_0015

夫婦石病院のスタッフさんの指導で簡単なストレッチをした後

体力測定を行います。

Img_0032_4 

                                  10m障害物歩行 

Img_0036_5

                                開眼片足立ち 

Img_0020_2

                                          長座体前屈      

Img_0037_3                             上体起こし

日頃から上体起こしに取り組んでいるという女性は

25回休むことなく軽々とクリアsign03

継続は力なりを目の当たりにしましたhappy02

Img_0039_4 

                                        握力

Img_0033

                                       足指力測定                                               

体力測定終了後は、グループに分かれてこれまでの

健康づくりを振り返りました。

Img_0046


これまでの健康づくりを
ひとりずつ発言します。

〇車で出かけていたのをなるべく歩くようにしている。

〇朝起きる時に、ストレッチや筋トレを実行している。

〇近場の公民館を3箇所利用して、体操教室や歩こう会などに

 参加している。ひとりだと続かないが、一緒にする仲間が

 いると休まない

〇糖尿病予備軍と診断され、食事と運動に気をつけて

 健康づくりを続けると1年後の数値がだいぶよくなった。

〇心がけ次第で、変われる。自分の体は自分で守る意識が大切。

〇転ぶときは変に抵抗しないで体をうまく使うように

 するとけがが少なくてすむ。

〇本格的な山登りをしていたことで体力には自信があったが、

 ふくらはぎを痛めて、体力測定の結果がかなり下がっていた。

 焦らず治して、体力が回復するようにウォーキングや筋トレなどに

 取り組みたい。

〇家に居ない。用事を作ってなるべく外出するようにしている。

等々・・・みなさん活発に自分の健康づくりを発表されていました。


Img_0049



グループワークの後は皆勤賞shineの表彰があり、13名の皆さんが

受賞sign03  

Img_0050



参加のみなさんお疲れさまでしたhappy01paper


Sline05b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

   お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

    mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

      telephone   092-831-4207

2016年2月 9日 (火)

長尾校区 「まみずピア」施設見学

  2月8日(月)suncloud

長尾校区健康推進委員会の主催で、東区奈多にある

海ノ中道奈多海水淡水化センター(通称 まみずピア)の

施設見学に行きました。

行き帰りの車中は、衛生課生活衛生総合相談員の

西方さんより、水についてとカンピロバクターの食中毒に

ついて研修を受けました。


都市高速道を通ると、35分ほどで到着しました busdash

Img_0002

Img_0006

まず映像で海水から真水ができるまでの学習を

しました。



玄界灘の海水を淡水化するこの施設は、最大で

1日5万㎥(約25万人分)生産できるとのこと。

玄界灘から、単に海水を取水するのでなく、海底に

取水管を埋設することで海底の砂でろ過されたきれいな

海水を安定的に取水できるようにしているそうです。

Img_0018

処理施設の見学道を説明を受けながら進みます。

Img_0007

Img_0012

3つの膜のうち1番目のUF膜を実際に触ってみます。

Img_0015 

2番目の高圧RO膜を供給するときの圧力は、噴水に

例えると840mの高さになるそうです・・・

福岡タワーの約3倍sign03皆さんびっくりwobbly

Img_0017

高圧RO膜はとても細い中空糸でできた膜でした。

海水から真水を取り出した際に発生する濃縮海水は

近くの和白水処理センターから送られてくる下水処理水と

混ぜて、塩分濃度を薄めて博多湾に放流しているそうです。

まみずピアのように大規模な施設は世界でもスペインと

ここの2か所sign01で、外国からの視察見学eyeも多いそうです。

まみずピアでできた水の一部は多々良浄水場の水と

混ぜ合わせて、普通の水道水と同じにして、主に

福岡市東部に供給されているそうです。

山の水と海水がブレンドされて水道水になっているんですね。


見学の後は、海水からできた「まみず」と水道水の

利き水コーナーへ

Img_0026
AとBどっちがどっちsign02

最後の答えあわせで、当たってたup、はずれたーdownとの

声で盛り上がりましたhappy01



sweat02は私たちの生活になくてはならない資源です。

衛生管理が行き届いた安心できる水道水はさまざまな

経路を辿って私たちの蛇口に届けられていることが

よく分かりましたflair



長尾校区参加者の皆さんお疲れさまでした。



Sline08a

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

        mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

                 telephone 092-831-4207

 

2016年2月 2日 (火)

たしま健康講座2015 第4回目

 2月1日(月)raincloud

4回シリーズで開催された、たしま健康講座2015も今回で

最終回ですhappy01



Img_0006
田島校区衛生連合会 長会長のごあいさつでは、

来年度も黒田節体操を取り入れ、できたら小学生と

コラボも考えていて、『おじいちゃんとお孫さん』が

一緒に黒田節体操をするのが目標とのことwink

実現したら微笑ましい光景ですねconfident


今日は、黒田節体操と今年度のテーマの

脳梗塞予防についておさらいです。

Img_0011

今回も引き続き健康運動指導士の斎藤郁磨先生

指導で、始めは脳トレを兼ねたジャンケンゲームを

行いました。手と足と脳を使ってのジャンケンゲームで

体をほぐしたあとは、黒田節体操note

3ヶ月、間が開いたので、皆さん覚えているかなsign02

Img_0013

notesが始まると、はじめはぎこちなかった動作も

思い出すにつれ揃ってきました。時々家でおさらい

していたという声もsign01

Img_0014

ゆっくり手足を伸ばして、体重をかけるといい感じに

筋トレになります。

Img_0024

難しい3番の槍の部分もバッチリ揃ってshineいます。



休憩のあとは校区担当の髙田保健師よりこれまで学んだ

脳血管障害について、出血性(脳出血・クモ膜下出血)と

虚血性(脳梗塞・一過性脳虚血発作)があること、

その中でもテーマであった脳梗塞についておさらいを

しました。

Img_0002_2

脳梗塞の初期症状について、脳梗塞の中でも症状が

軽く、見落としがちで後々危ない一過性脳虚血発作の

症状をもう一度学びました。

・(多くは)片側だけ、手足がしびれたり、違和感がある

・急に手の力が抜ける

・めまいがして、フラフラする

・ろれつがまわらなくなる

・人の話を聞いているのに、何の話か分からなくなる

・物が二重に見える

・字を書くと震えて書けない

これらの症状は、一過性脳虚血発作かもしれません

あれっと思っても、少し時間が経つと元に戻ったり

するそうです。


あれっ?もしかしたら?と思うことが大事

すぐに病院へ行きましょうsign01


あれっsign02と思ったときの簡単な動作確認も学びました。

Img_0030

Img_0032

最後に長会長より、昨年春cherryblossom、この健康講座から発足した

ニコニコジョギングクラブについて紹介がありました。

月に2回(第2・4月曜日10時から)、スロージョギング発祥の

福岡大学スポーツ科学部から講師の先生に来てもらい、

スロージョギングのほかにも脳トレや体力測定、いろいろな

運動を学ぶことができ、認知症・ロコモ・生活習慣病の予防に

つながるとのことflair

興味がある方は、お気軽にどうぞとのことです。



Sline07b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207