プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 長尾校区 「まみずピア」施設見学 | メイン | 健康づくり「サポーター養成教室」第4回目 »

2016年2月22日 (月)

堤地区 つつみ健康講座2015第4回目

2月15日(月)cloudsun

今年度の堤地区健康講座も今日が最終回です。

今年度は「生活習慣病・認知症・ロコモを丸ごと予防!」

をテーマに学んできました。

今日は第1回目と同じく夫婦石病院のご協力により年に2回

行なっている体力測定をします。後半はグループに分かれて

結果の振り返りを話し合い、最後は皆勤賞の発表です。


Img_0009

Img_0011


地区担当の陣内保健師より今日の流れの説明があり、

堤地区自治協議会会長の山口会長より、

健康づくりは目にみえない形の予防が大切で、病気になって

好きなものを我慢して薬を飲む生活より、健康なうちから

おいしいものを食べながら健康づくりに取り組み、病気を

予防することが自分にも周りの家族にも、財政にも

一番いいことだと思うとのご挨拶がありました。


Img_0015

夫婦石病院のスタッフさんの指導で簡単なストレッチをした後

体力測定を行います。

Img_0032_4 

                                  10m障害物歩行 

Img_0036_5

                                開眼片足立ち 

Img_0020_2

                                          長座体前屈      

Img_0037_3                             上体起こし

日頃から上体起こしに取り組んでいるという女性は

25回休むことなく軽々とクリアsign03

継続は力なりを目の当たりにしましたhappy02

Img_0039_4 

                                        握力

Img_0033

                                       足指力測定                                               

体力測定終了後は、グループに分かれてこれまでの

健康づくりを振り返りました。

Img_0046


これまでの健康づくりを
ひとりずつ発言します。

〇車で出かけていたのをなるべく歩くようにしている。

〇朝起きる時に、ストレッチや筋トレを実行している。

〇近場の公民館を3箇所利用して、体操教室や歩こう会などに

 参加している。ひとりだと続かないが、一緒にする仲間が

 いると休まない

〇糖尿病予備軍と診断され、食事と運動に気をつけて

 健康づくりを続けると1年後の数値がだいぶよくなった。

〇心がけ次第で、変われる。自分の体は自分で守る意識が大切。

〇転ぶときは変に抵抗しないで体をうまく使うように

 するとけがが少なくてすむ。

〇本格的な山登りをしていたことで体力には自信があったが、

 ふくらはぎを痛めて、体力測定の結果がかなり下がっていた。

 焦らず治して、体力が回復するようにウォーキングや筋トレなどに

 取り組みたい。

〇家に居ない。用事を作ってなるべく外出するようにしている。

等々・・・みなさん活発に自分の健康づくりを発表されていました。


Img_0049



グループワークの後は皆勤賞shineの表彰があり、13名の皆さんが

受賞sign03  

Img_0050



参加のみなさんお疲れさまでしたhappy01paper


Sline05b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

   お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

    mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

      telephone   092-831-4207