プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 健康づくり「サポーター養成教室」第4回目 | メイン | 堤丘校区生活習慣病予防シリーズ第4回目 »

2016年2月29日 (月)

七隈校区 お口いきいき健康講座・黒田節体操

 2月24日(水)cloudsun



今日の健康講座のテーマはお口の健康です。

Img_0001

血圧測定をして、今日の健康状態を確認しました。

みなさん体調はバッチリですup

Img_0003

校区保健衛生連合会 岩田会長のご挨拶のあと、

さっそく黒田節体操を行いました。

Img_0009

今日は健康講座もあり、毎月行っている黒田節体操教室

以上に参加者も多く、講堂も手狭に感じます。

Img_0010

 

Img_0013

校区担当の二石保健師より今日の流れの説明のあと

今日の講師、歯科衛生士の大城康子さんのお話です。

Img_0018

お口の健康は、肺炎や認知症予防につながるそうです。

舌は、血液の状態や体調を表すとのこと。

白かったら貧血、赤かったら脱水かもしれない

そうです。舌苔が付いてない人は、唾液が少ない

かも。

毎日鏡で顔色を見るように、舌もチェックeyeすると違いが

分かるようになるとのこと。

唾液が少ないと、飲み込みにくくなったり、胃が悪くなったり

それがもとで便秘になったりすることもあるそうです。

唾液腺マッサージは、出にくくなった唾液腺を開くことが

できる簡単なマッサージです。

Img_0019

舌下腺・顎下腺・耳下腺をゆっくり指で刺激すると、口の中で

唾液がでてくるのが分かります。

飲み込みの力が落ちると、むせやすくなり、病気や怪我で

寝たきりになると歯周病菌が気管から入り誤嚥性肺炎の

原因になるそうです。

Img_0032

飲み込む力を鍛えるのは、おしゃべりや歌がいいそうです。

一人暮らしなどで話す機会が少ない人は歌notesですねhappy01

故郷の空と村の鍛冶屋を脳トレを入れながら歌いました。


Img_0035

歯周病を防ぐ・歯周病菌を増やさないための歯みがきを

習いました。

歯ブラシはやわらかいもので、歯磨き粉はつけずに、

1本ずつ歯と歯茎の境目をゆっくりマッサージするように

みがくといいそうです。入浴のときやテレビを見ながら

行うとゆっくり磨けておすすめだとかflair



最後に部分入れ歯や入れ歯の保管・お手入れ法をについて

学び、今日の講座は終了です。

黒田節体操でロコモを予防して、正しい歯みがきで

歯周病を予防すると健康長寿間違いなしsign03かもwink

参加のみなさんお疲れさまでした。

Sline09b


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に、健康づくり情報が掲載されています。

  お問い合わせは、城南区衛生連合会事務局まで

     mail   jonan-eiren@cap.bbiq.jp

         telephone    092-831-4207