プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 長尾校区 大濠公園ウォーキング | メイン | 南片江校区 動脈硬化について学ぼう »

2016年10月21日 (金)

28年度 健康づくりサポーター養成教室①

平成28年10月19日(水)cloud

ようやく涼しくなり、ウォーキングに良い季節となりました。happy01

今年度も、健康づくり「サポーター養成教室」が始まりましたsign01

この教室は、地域での健康づくりをより推進・支援していけるように、

健康づくりのサポーターを5回シリーズで養成する教室です。

第1回目は、市民センターで行われました。

加留部会長のあいさつからスタートです。

Img_0051 

今回の受講者は、38名です。

第1回目の講師は、健康科学研究所の健康運動指導士

 前田龍(とおる)先生です。

Img_0059

まずは『健康づくりの三本柱』をテーマにプロジェクターを

使ってお話をしていただきました。

車や電化製品などで生活が便利になってきた現代は、

人間の活動量が減っているため、運動を心がける必要

があります。

でも、きつい運動したり、長く運動する必要はなく、

普段の生活の中で「ちょこちょこ運動」すればよいそうです。confident

・自分のことは自分でやる

・電車やバスは立って待っておく

・買い物の行きがけは遠回りする

・2階までなら階段を使う    ・・・等々

ちょこっと活動量を増やすことを意識してみましょう。

Img_0058

講話の後は、下半身のストレッチをして

Img_0068

お隣の西の堤池

へウォーキングにでかけました。

Img_0071

一周普通に歩いた後、歩く姿勢や歩き方について

説明を受けました。

目線はまっすぐに

少し前傾して

歩幅を広げる(膝の具合と相談しながら)

と、効果的に歩けるとのことでした。

意識しながら、もう一周。

 

Img_0077_2

ニコニコペースで歩くことが重要なので、

西の堤池を1周して脈拍を15秒間測ってみました。

Img_0083 

みなさん身も心もリフレッシュされたようで、朗らかな

様子で、市民センターに戻ってこられました。

最後にストレッチをしっかりして解散です。

Img_0089_2

受講者のみなさんお疲れさまでした。

Sline11_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207