プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 鳥飼校区 うつ病にならないための認知行動療法 | メイン | 堤地区 骨粗鬆症予防の運動と食事 »

2016年12月16日 (金)

鳥飼校区 番外編「スロージョギング®講座」

平成28年12月16日(金)sun

みんなで”とり”くもう!!健康づくり教室の番外編として、

走らないジョギングを始めよう「スロージョギング®講座」

が行われました。

講師は福岡大学助教で健康運動指導士の池永先生です。

 

Img_0089_2

人気のスロージョギング®講座ですが、鳥飼校区では

数年ぶりだそうです。楽しみですね!happy01

要介護になってしまうのは、「動かないから(身体不活動)」

で、寝たきりになると1日で筋肉の約1%、1ヶ月ではなんと

約40%も減少してしまうそうです。coldsweats02

ということは、動けば要介護になりにくいということですねeye

そこで、ジョギングほどきつくなく、ウォーキングより効果が

大きいスロージョギング®がおススメなんだそうです。wink

まずは、正しく行うためのポイントを教えていただきました。

Img_0093

・つま先ではずむように着地。(フォアフィット着地)

・進むときの歩幅は足の大きさ半分くらい。

・手は振らなくてよい。添える程度、おろしてもOK。

・左右の足幅は、ジャンプして自然に着地する幅で。

・右足左足それぞれ真っ直ぐなレールを進むイメージ

・あごは軽く上げて100m先を見るつもりで。

・テンポは一定にして、15秒で45歩の速さで。 

・呼吸は意識しなくてよい。楽しく会話ができる程度。

軽く準備体操をし、大きな輪になって早速練習開始です。

Img_0099_2

テンポをつかむため、ワルツの曲をかけながら走ります。

最初のうちは、1分走って30秒歩くというものを1セットと

し、それを1日10回程度行うのがよいそうです。

1分を簡単に数える方法も教えていただきました。

おふろで、い~ち、に~い、と数えながら、い~ちで4歩足踏み

すると、45まで数えたところでちょうど1分になるそうです。

アッ、ホント、ちょうど1分だぁ~とみなさんびっくりされてました。smile

1分(60秒)で4歩×45=180歩なので、

15秒に換算すると180÷4=45歩

ほんと、ぴったりですね!!

shineshine

ところで、これからの時期、外は寒いですよね。

そこで、家の中でもできるスロージョギング®ターンの方法

を習いました。

6歩進んで3歩でターンを繰り返す方法です。

目線はテレビのある方向など1方向に決めておくことが

眼がまわらずに続けられる秘訣だそうです。

2列に分かれて練習しました。 

Img_0110_2

最後に先生から、「これからも続けていきたい方!」と

質問があると、ほとんどの方が手を上げられていました。

スロージョギング®サークル等を立ち上げてみては

どうでしょうか!と盛りあがっていましたよ。

実現するといいですねsign01happy01

Sline08b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207