プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 鳥飼校区 番外編「スロージョギング®講座」 | メイン | 28年度 健康づくりサポーター養成教室③ »

2016年12月20日 (火)

堤地区 骨粗鬆症予防の運動と食事

平成28年12月19日(月)sun

寝たきりになる原因として多いのが骨折だそうです。

高齢になると、カルシウム不足等で骨がもろくなってきており、

つまずいたりちょっとしたことでも骨折しやすくなるそうです。coldsweats02

でも、運動と栄養で骨を丈夫にすることが可能とのことsign01

今回は、骨粗鬆症予防になる運動と食事について学びました。

まずは健康運動指導士の西内先生の講話です。

Img_0127

骨を丈夫にするためには、成長ホルモンが必要だそうです。

成長ホルモンを出すには、「夜12時までに寝ること」と「筋トレ」

がいいそうです。

筋トレを行う前には体調チェックを必ず行って、気分が乗らない

ときや心拍数が高い(1分間で100を超える)ときはやらないよう

にしてくださいとのことです。


まずはストレッチから。隣の人と比べないで無理のない範囲で

やってくださいね。wink

Img_0128

それでは、筋トレ開始です。足の筋肉を鍛える運動が中心です。

座ったままで、片足をまっすぐ伸ばし、ゆっくりと戻していく運動、

片足を曲げてゆっくりあげてゆっくりおろす運動、そしてスクワット

運動を行いました。

Img_0131

Img_0137 

やった後は、1回1回太ももを軽くトントンたたいたり、さすったりして

ほぐしました。

最後に片足立ちを左右1分ずつ行いました。

この片足立ちをすると、1分間で53分間外を歩いたのと同じ骨に対して

の効果があるそうです。happy01

(ただしカロリー消費はしませんので、ダイエットにはなりませんcoldsweats01

Img_0140 行うときは、ふらついたらすぐにつかめる場所(テーブルなど)があるところで、

かつ、つかめる場所側の足を上げて行ってくださいとのことです。

shineshine

さて、次は食事についてです。講師は、管理栄養士の中島先生です。

Img_0146

骨粗鬆症を予防するためには、カルシウムをしっかり取り、またカルシウム

の吸収を助ける食材もたっぷりとり、そしてビタミンDの生成のために適度な

日光浴を行うとよいそうです。

今日は、校区の食進会のみなさんがお食事を用意してくださいました。

Img_0156

Img_0150

今日のメニューは、

【主食】かぶの葉ご飯

【主菜】チキンロール

【副菜】かぶとキノコのミルクスープ

【副菜】ひじきのサラダ

【ひも】りんごかん

です。ひもは、嗜好品・お楽しみのようなものです。

作り方はこちら →  作り方1   作り方2

Img_0153

みなさん、おいしそうに召し上がっていました。

食進会のみなさんごちそうさまでしたsign01smile

筋トレも忘れずに行ってくださいね。wink

Sline08b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207