プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 堤地区 体力測定① | メイン | 城南校区 ウォーキング »

2017年8月30日 (水)

29年度 健康づくり「サポーター養成教室」プレ開催②

平成29年8月25日(金)sun

新しい健康づくりサポーター養成教室プログ

ラムの2回目です。happy01

城南区衛連主催では初めてとなる「スロー

ジョギング®」を城南保健所で行いました。

講師は、健康運動指導士の田中先生です。

まずは、理論をしっかり学びました。

Img_0079

何もしなければ、全身持久力は45歳ごろ

から急速に低下するそうです。shock

 

スロージョギングは、体力アップを効率よく

手助けでき、減量・メタボ改善、生活習慣病

予防・改善、脳機能の改善、がん予防(スタ

ミナが高いほどがん死亡率が低いとのこと)

等うれしい効果がいっぱいあるそうですnote

効果をしっかり勉強したので、あとは実践ですsign03

Img_0082

その前に簡単なストレッチをし、2人組で向

かい合って手で押し合い、体幹(コア)が

働いていることを確認しました。コアが働かな

くなると歩いたりする日常生活にも支障を

きたしてくるとのことですが、スロージョギング

はコアの筋肉を鍛えるのにも効くそうですnote

Img_0084_2

椅子を端に移動させて、広いスペースを

作ったら早速スロージョギング開始ですsign01

ポイントは、フォアフット着地といって、足の

指の付け根あたりで着地すること。

足にかかる衝撃がかかと着地より小さくなる

ので楽に長く走れるそうですよ。wink

みなさん、軽やかに走られています。notenote

Img_0086_2

スロージョギングは広い場所がなくても家の

中でもできる方法もあるそうですsign01

それが、スロージョギングターンという方法

です。

数歩進んでターンし、数歩進んでターンする

という動きを繰り返すという方法です。

これなら、テレビを見ながらでもできるという

ことで、早速、スクリーンをテレビに見立てて

練習しました。

Img_0098

きついと感じた方はほとんどおらず、本当に

こんなに手軽な運動で効果があるのかsign02

不思議なくらい楽にできました。happy01

自宅でもぜひ取り組みたい!といわれる方が

多く、大好評でした。

shineshine

今年度のサポーター養成教室は、

10/18・11/15・12/20で、

ラダー・スロージョギング®・ヨガ・黒田節体操

行う予定です。

毎回、ミニ講話と実技実践という形式です。

参加条件は、全回出席可能で、教室終了後、

地域での健康づくり活動に参加できる福岡市

城南区在住の方です。

申込等詳細は9/1の市政だよりまたは

下記事務局までお問い合わせください。happy01

ご応募お待ちしていますnotenote

Line09

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207