プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 鳥飼校区 ロコモティブシンドローム講座 | メイン | 堤地区 体力測定① »

2017年8月24日 (木)

別府校区 矢野大和さん口演会

平成29年8月20日(日)sun

別府公民館にて大分観光特使の

矢野大和(やのたいわ)さんによる

口演会(こうえんかい)がありました。

Img_0030

大和さんは元町役場の職員で、現職の宮司

さんだそうです。

あまりにしゃべりが上手いので、当時の町長

から役場には来なくていいから、町おこしの

ために講演会をやってほしいと、いわれたこ

とがきっかけでこの仕事を始められたとか。

shineshine

大和さんは話すときは、絶えず右に左に

ウロウロされます。coldsweats01

これは聞いている人を眠たくさせない技な

んだそうです。人は動いているものを注視

するので眠たくさせにくいそうですsign01wink

また口演中に携帯電話が鳴ってもOK!

鳴った電話に出てもOK!それで寝てた人

が起きるからというのが理由です。eye

Img_0028

大分弁を交じえながら軽快に話され、

笑わされてばっかりなのですが、

・人は人から元気をもらえる。

・声かけ・挨拶が相手を元気にする。

・無視が一番相手のエネルギーを奪う。

・家族だから言わんでもわかる、じゃない。

・高齢者は生きる力(していいこと悪いこと)

 を教えてくれる貴重な存在

・上の人(上司・親など)が下の人(部下・

 子どもなど)に3つ否定的なことを言うと、

 下の人はダメになる。言葉にはそういう力

 がある。ことだま。でも、1ついいところを

 見つけて言ってあげるとその人は元気に

 なれる

・相手にあなたが必要だと言おう

と、男女共同参画・人権・コミュニケーション

などのテーマが根底にありました。

お堅い話を小話でも聞いているかのように

いろんなエピソードを交えながら、ノンストップ

で話されます。

どこが笑えるかは、文章ではきっと伝わりま

せんので省略します。

お近くで口演会があればぜひ行かれてくだ

さいねsign01

そして、大和さん自身は

「もう一度あなたにお会いしたい!」

この言葉を最後にきけたら元気になれる

そうです。happy01

来年もまたお会いしたいsign03みなさんきっと

そう思われたと思います。終わったあと、

次々に大和さんに話しかけに行かれて

いました。wink

笑いと元気をいっぱいもらえた口演会でしたnote

Line09

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207