プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 長尾校区 大濠公園ウォーキング | メイン | 29年度 健康づくりサポーター養成教室① »

2017年10月18日 (水)

堤地区 正しいウォーキング方法

平成29年10月16日(月)rain

今日は堤公民館にて、足型測定と正しい

ウォーキング方法についての講話及び

運動実技が行われました。

講師は健康運動指導士の西内先生です。

Img_0121

最初に、足型測定と血圧測定を行いました。

足型測定では、足の正確なサイズや足裏が

バランスよく使えているかが確認できました。

Img_0112

測り方は、裸足になって青いボックスの中に

足を入れるだけ。1分ほど待つと、足型や

サイズなどが印刷された紙が出てきます。

足裏のどこに力がかかっているかが緑色で

表され、バランスよく足裏が使われていると、

足の指すべてと、指の手前の広い部分、及び

かかとが左右ともほぼ均等に緑色になるよう

です。

「今後のくつ選びや、歩き方の参考になって

よかったぁsign01」と大好評でした。smile

 

測定が一通り終わったら、講話と運動実技を

行いました。

 

まずは、自分で行える体調確認方法として

①気分が良いかを確認する

②脈拍のリズムが一定で速すぎないか確認する

ということを学び、脈拍の測りかたを練習しました。

片方の手首内側の親指の付け根の下あたりを、

反対側の手の指3本(ひとさし指、なか指、くすり指)

で押さえると脈が見つけやすいのだそうです。

Img_0123

 脈がみつかったところで、15秒間の脈拍を

測ってみます。運動ができる目安としては、

15秒間で25回を超えていないことだそうです。

ただし、個人差がありますので、普段から脈拍

を測って覚えておき、普段よりも速いときは

「今日はやめておこう・・・」と、思うことが

とても大切だそうです。confident

shineshine

また、運動で血圧を下げることができるそう

ですが、これには運動強度を50%(にこにこ

ペース)で行うことがとても重要なんだそう

です。にこにこペースの運動としてよい、

ウォーキングですが、今日のような雨の日

でも室内でできる方法があるということで

練習しました。happy01まずは、筋力アップも兼ねて、

椅子に座って腸腰筋を鍛える運動ですsign01

Img_0137

1・2・3・4とゆっくり数えながら、片足を上げ、

5・6・7・8と数えながらゆっくり下げます。

これがなかなかきつく、股関節の筋肉が鍛え

られている感じがすごくしました。happy02

この動きを速くすると、座って行うウォーキング

になるようですnote速くするとちょっと楽です。smile

足の動きだけでは、脈拍があまり上がらないので、

腕を大きく振ったり振り上げたりして、脈脈数を

調節してください、とのことです。

にこにこペースの脈拍の目安は、15秒間で、

50代:26回、60代:25回、70代以上:23回

だそうです。

Img_0142

この運動なら、テレビを見ながらでもできそう

ですね!ぜひおうちでやってみてください。wink

Akiborder003_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207