プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 堤地区 正しいウォーキング方法 | メイン | 鳥飼校区 愛宕山ウォーキング »

2017年10月20日 (金)

29年度 健康づくりサポーター養成教室①

平成29年10月18日(水)cloud

今年度の健康づくりサポーター養成教室

始まりました。

今年は、10月・11月・12月の第3水曜日に、

計3回行います。

ウォーキングが中心だった昨年度までと、

内容を一新しての開催です。

第1回目は、「ウォーキングの基本」と

「脳トレになる運動」の講話と運動実技を

行いました。

講師は、健康運動指導士の松原先生です。

shineshine

最近の研究結果で、

全身持久力を高めると

①認知症になりにくい

②癌になりにくい

③生活習慣病になりにくい

ということがわかってきたそうですsign01

ここで1つ注意です。danger

全身持久力が高い=「筋力が高い」 ではない

ということです。

きつい運動をすると筋力が高められますが、

免疫力が下がってしまうそうです。wobbly

がんばりすぎない!が大切とのことです。

 

では、全身持久力を高めるためによい

運動とは具体的には、

・ウォーキング

・スロージョギング®

・ダンス(社交ダンス、エアロビクスなど)

・ステップ運動

だそうです。

 

また、どれくらいの時間をするとよいかというと、

1日30分から1時間を週3日以上でよいそう

です。1回の時間は10分程度を3回で行って

も、1回に30分行っても効果は同じだそうです。

運動のきつさは、にこにこペースだそうです。

ニコニコペースとは、ちょっときついけれど、

人と会話ができたり、鼻歌が歌えるくらいの

きつさです。

軽くストレッチを行った後、正しいウォーキング

の練習をしました。

正しいウォーキングのコツは、まず足の運び

に気をつけること。

後ろの足で、地面を押す感覚を意識する

よいそうです。

そして、姿勢に気をつけること。

おへそに力を入れるとよいそうです。

腕は自然のままでいいそうです。

 

ウォーキングを練習した後は、脳トレにもなる

運動として最近注目のラダー運動を行いました。

8mほどあるはしご状の器具を床に敷き、40

センチ四方の四角の中や外に、規則に従って

足を出し入れする運動です。

子どもの頃にやったケンケンパの遊びに似て

います。smile

簡単に見えて、やってみると意外に難しいの

ですが、間違ってもOKなんだそうです。coldsweats01

間違わないようにと注意力を働かせること

自体でしっかり脳トレになるのだそうですsign03happy01

 

足の動きを色々変えて練習したあと、最後

に横歩きバージョンもやってみました。

 

進む向きを横にするだけで、使う足の筋肉が

変わるのがわかりました。さっきまでなんとも

なかった太ももの横の部分に効いています。wink

shineshine

ラダーは、まとまった人数で行うととても

楽しい運動だと思いますnote

できた・できなかったを言い合ったりnote

教えあったりnote

ルールを新たに考えて決めたりnote

各校区でも、脳トレや交流のためにラダー運動

を取り入れていただければうれしいです。confident

来月はスロージョギング®です。

それまでは、ウォーキングで全身持久力を高

めておいてくださいねsign03

Akiborder003_3

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207