プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 29年度 サポーター養成教室② | メイン | ウォーキング理事研修(グリーンピア八女) »

2017年11月27日 (月)

田島校区 認知症の方への対応、認知症予防の食事

平成29年11月20日(月)sun

今年度、田島校区では「ストップ・ザ・認知症」

と題し、さまざまな専門家から認知症予防に

ついて学ぶ講座を開催しています。

3回目となる今回は、前半はケアマネージャー

の先生から、認知症サポーター養成講座として

認知症の方への対応方法を、後半は管理栄養

士の先生から食事について学びました。

本日の講師前半は、ケアマネージャーの上坂

(かみさか)先生と松原先生です。

Img_0015

 

まずは、認知症が発生するしくみについて

学びました。

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気だそうです。

脳の細胞の一部が壊れると、脳に障害が起こり、

物や人の名前がわからない、人との関係性が

わからない、段取りがわからない等の問題が発生

してしまうそうです。

 

認知症になってしまったからといって、その人が

別の人になってしまったわけではないそうです。

講座を通して、正しい知識を持ち、支える手立て

を知って、認知症の人やその家族を見守り支え

ていくことを目指しているそうです。confidentheart01

認知症の代表的な症状として、物取られ妄想

行動障害があるそうです。

物取られ妄想とは、物を置いた場所を忘れ

てしまうので、取られたのだと思ってしまう

そうです。

対応としては、一緒に探す、ない(ものを探さ

なければならない)場合は、外に出たりして

気分転換させながら、取られたということを

忘れさせるとよいそうです。

行動障害の主なものに、徘徊があります。

本人は目的を持って出かけているので、

それを理解して見守ることが大切だそうです。

shineshine

また、認知症の人が食事を食べたことを忘れ

食べてないと言ってくる例に対する対処法

ついて、保健師さん(認知症役)と松原先生

(対応者役)のロールプレイングで学びました。

Img_0022

まずは、悪い例です。 

認:「ご飯をまだ食べてない」

対:「さっき食べたでしょ!」「○時に食べたでしょ!」

と食べたという事実を言い張り続けました。

そうすると、二人ともどんどん嫌な気分になり、

怒り出して喧嘩になってしまいました。

shine

次は良い例です。

ポイントは、相手の気持に寄り添い、事実とは

違うけれど、共感してあげることだそうです。

対:「食べてないからおなかがすいたね。」

対:「私もおなかがすきましたよ。」

と言うと、認知症の人はわかってくれたと安心し、

認:「そうでしょ。おなかすいたよね。」

となるんだそうです。そして、

対:「ではちょっとお菓子でも食べましょうか。」

認:「ご飯前に食べたらご飯入らないかもよ。」

対:「少しくらいなら大丈夫ですよ。」

認:「そうね、少しなら大丈夫だね。」

そして、

対:「外に行きましょうか。」

対:「どこのご出身でしたっけ?」

というふうに、話を逸らしていくと気分も落ち着い

てきて、ご飯を食べてないと言ったことを忘れて

しまうんだそうです。

shineshine

次は、認知症と思われる人が外を歩いている

場合(徘徊者へ)の声のかけ方の例です。

・どこから来ましたか?

・何かお困りでしょうか?

・どこに行かれますか?

と聞くとよいそうです。

そのときに、声をかける位置に注意が必要だそうです。

必ず認知症の人の正面か斜め前に立って声をかけて

くださいとのことです。

そして、自分ひとりでは対応できないときは、警察に

連ていってあげたり、近所のケアセンターや公民館

などに声をかけてみるのもよいそうです。

『認知症の人に接する心構え』としては、

1.驚かせない

2.急かさない

3.自尊心を傷つけない

そして、「認知症だからといって、

すべてすぐ忘れているわけではない

人が人の杖になれると思って接して

くださいとのことでした。confidentheart01

shineshine

続いて、管理栄養士の仁木先生による認知

症予防の食事についてです。

まずは、普段の食事について先生が質問

することに挙手で答えていきました。

「毎日3食食べている人」

「2日に1回はお魚を食べている人」

「お野菜をたくさん取っている人」など。

結構どの項目も手が挙がっていたので、

今日来られたみなさんは食事の心配はなさ

そうですsign01

Img_0033

認知症予防=脳によい食事ということで、

万遍なく栄養を取ること、更にビタミンACE、

お魚に含まれるDHA,EPAは更にしっかり

取るとよいということで、考えられた献立が

コチラです。wink

 ・煎り黒豆ご飯

 ・魚の焼き南蛮漬け

 ・くるみ和え

 ・きのこ汁

 ・かぼちゃプリンImg_0045_2

作り方はこちら  作り方1   作り方2

 

みんなそろったところで、試食タイムです。smile

予定よりも参加人数が多かったため、量は

1人前より若干少なめとなっています。Img_0038お食事を準備してくださったのは、田島校区

食進会のみなさんです。

いつもありがとうございますsign03happy01

わいわいお話しながら、楽しくおいしくいただ

きました。delicious

 

認知症についての理解も深まり、具体的な

対応も学べたので来てよかったという感想が

ありました。

お困りの方がいたら、声をかけあって支えて

いけるようになるといいですね。confident

Line04

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207