プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 鳥飼校区 スロージョギング®を始めよう③ | メイン | 城南校区 認知症予防のお話と効果的な運動 »

2017年12月14日 (木)

片江校区 生活習慣病予防の食事

 平成29年11月30日(木)cloud

生活習慣病を予防するための、栄養講座が

行われました。

講師は、管理栄養士の藤野先生です。

Img_0150

まず大切なことは、自分の適量エネルギー

を知ることだそうです。

そのための指標として、自分の身長から

身長(m)×身長(m)×22で適正体重を

把握し、適正体重に主婦や事務職程度の

運動量ならば、25kcalをかけると適量

エネルギーが算出されるそうです。

160cmの方ならば、

1.6×1.6×22×25=1408kcal です。

その上で、1日3食、野菜は1日350gを

目標に、魚・肉・乳製品・果物などもしっかり

取ることだそうです。そして塩分は控えめに。

特に、魚・肉などのたんぱく質は年を取った

から少なくてよいというわけではなく、若い人

と同じ量を食べる必要があるそうです。また、

果物は果糖があるため敬遠されがちですが、

ビタミンや食物繊維が豊富な上、適度な水分

補給にもなるので、オススメなんだそうです。

ただし、食べ過ぎにはご注意くださいね。coldsweats01

shine

体の脂肪を1kg減らすには、7200kcalが

必要となり、それには90分間のウォーキング

を1ヶ月続ける必要があるそうです。coldsweats02

運動も大切ですが、日々の適量エネルギー

をコントロールし続けることも大切なんですね。confident

shine

 講話のあとは、野菜が中心の作り置きもできる

おかずの試食をしました。delicious

Img_0180

メニューは、マセドニアンスープ、

浅漬けキャベツ、にんじんの胡麻和えです。

作り方は、こちら downwardright

       簡単作り置き野菜料理

Img_0185

 スープは、牛乳でコクをアップさせ、浅漬け

キャベツでは酢を隠し味に入れ、胡麻和えは

ゴマの香りとうまみを利用し、塩分控えめに

に仕上げるコツを学びました。

みなさんおいしそうに召し上がられてました!

おうちでもぜひ作ってみてくださいね。wink  

Line04

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207