プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 別府校区 栄養講座「中高年なぜ太る食べる量は同じなのに」 | メイン | 堤丘校区  薬と上手に付き合うために »

2018年2月13日 (火)

南片江校区 ストレッチ・室内でできる運動

平成30年2月7日(水)snow

 

数年に一度と言われる大寒波の影響で、

福岡でも吹雪くsnow日々が続いています。wobbly

こんな寒い日は室内で取り組める運動をsign03

ということで、ストレッチ・筋トレ・にぎにぎ

体操を教えていただきました。

講師は、健康運動指導士の西内先生です。

shine

まず、運動を始める前に大切なことがある

そうです。それは、体調のチェックです。

気分が悪くないか、もし、悪いときは自ら休む

勇気(積極的休養というそうです)も大切だ

そうです。気分がOKならば、脈拍を測り、

1分間の脈拍が100未満であることを確認

してくださいとのことです。

早速脈拍を測る練習をしてみました。

Img_0064_2

みなさん気分も脈拍もOKのようでしたので、

体を動かしていきます。

まずは、呼吸の練習からnote

1・2・3と数えながら吸って、4・5・6・7・8・9・

10と数えながら吐いていきます。confident

その呼吸に合わせて、肩まわり・太もも・アキ

レス腱と、上から順にゆっくり伸ばしてしてい

きました。

Img_0067

呼吸とストレッチだけで、体がポカポカ、肩回

りもすっきりしてきましたsign01運動とは違います

が、耳たぶを揉むと肩の血行がよくなることや、

土踏まずfootを揉むと足の疲れが取れることも

学びました。土踏まずは、少し揉んだだけで、

うれしいことに足の冷えが改善しましたsign01wink

Img_0073

ウォーキング等をすることはとても良いこと

ですが、体を使いっぱなしにせず、伸ばしたり

揉んだりほぐしたりしてメンテナンスをしてあげ

と、体は喜ぶのでぜひやってあげてくださいsign01

とのことです。confident

 

ストレッチの後は、筋力をつける運動を学びま

した。まずは立ってその場足踏みです。

これだけでも骨に刺激が伝わり、骨から記憶

アップ物質が出て認知症予防効果も期待でき

るそうです。up

他には座った状態で、太ももをゆっくりあげて

ゆっくり下ろす、という運動も行いました。

テレビを見ながらでもできそうです。smile

ゆっくり行うことがポイントです。

太ももの上げ下げは左右10回行ったのです

が、結構太ももにきいています・・・。coldsweats01

筋力がついている感じがしましたsign01

shineshine

最後ににぎにぎ体操という運動を学びました。

この運動は成長ホルモンを出すことを促すそう

で、若返りや認知症予防にもなるそうですsign03

方法は、両手ともにぎりこぶしを作り(あれば

タオルをにぎる)、ぐっとにぎって手の血流を

止めた状態で、ゆっくり片手ずつ上げ下げし

たり、ゆっくり両腕を開いたり閉じたりします。

そして、終わったら手をパッとゆるめて体の力

を抜き、血流を流します。

手の血流を止めて運動し、手を緩めて血流を

流す、を繰り返します。これで、成長ホルモン

が出るんだそうです。Img_0086

ただし、何ももたないで指にぐっと力を入れる

と関節を痛めることがあるので、おうちでされ

るときはタオルか何かを必ず握って行ってく

ださいとのことでした。

Img_0089

最後は、二人組になって体をトントンとマッサ

ージ。人に優しく触れられることでリラックス

効果もあるそうです。happy01

1つでも2つでも今日習ったことをおうちでも

試してみてくださいね。お疲れ様でした!

Line_winter_crystal

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207