プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 別府校区 校区の桜を見に行こうウォーキング | メイン | 堤地区 腰痛・肩こり予防教室 »

2018年2月28日 (水)

田島校区 認知症を防ぐ運動②

平成30年2月19日(月)cloud

「ストップ・ザ・認知症」講座も4回目、

今年度最後の講座となりました。

2回目に続き、今回も運動です。run

今回は、脳トレにも通じる「コンディショニング」

を中心に学びました。

講師は、健康運動指導士の前田先生です。

コンディショニングとは、体の部位を正しい

位置に持っていくことでバランスをよくし、体

本来が持っている能力を引き出しやすくする

ことで、体の動きをスムーズにして、膝痛や肩

こり等の体の不調を取ったり緩和する運動を

いうそうです。notes

shine

まずは手のコンディショニングです。

 右手の手首を左手で軽く持ち、右手を軽く

前後に10~20秒ほど揺すります。 

Img_0039

たった、これだけで左手より、右手のほうが

軽くなり指の動きもよくなった感じがしましたsign01

片手だけでは気持悪いので、左手も行い、

動きのよくなった手指を使って脳トレです。

片手はグーrock、もう片手はチョキscissorsにし、先生

の拍手に合わせて入替えをする運動を行い

ました。

普通のグーとチョキのときはみなさん余裕

でしたが、変わりグー(親指と人先指で輪の

形を作る)とチョキ(親指と人差し指でピストル

の形を作る)のときはかなり混乱してました。

あれっ こうじゃなくてこうで・・・ と考えなが

らやっていると、脳がかなり活性化された

ようでしたsign01

Img_0048

姿勢を整えるためには、強い筋肉をほぐし

弱い筋肉を強くして、バランスを取るとよい

そうです。

今回は、筋肉をほぐすための首筋と肩甲骨

のコンディショニングを学びました。

まずは首のまわりの筋肉をほぐします。

首筋の後ろ側で両手を組んで数回小さく

うなづきます。それからイヤイヤと首を小さく

横に振ります。それを数回繰り返します。

Img_0054

それだけですが、首のまわりが軽くなった感じ

ですsign01次は、肩甲骨のコンディショニングです。

肩の力を抜き、両手を手のひらを前に向けて

後ろに回してお尻にあてます。そして、肩を羽

ばたくように軽く後ろに何度か引いて動かします。

Img_0060

手を体の横に戻すと、腕の位置が最初よりも

少し後ろに引けていて、姿勢がよくなった感じ

がしましたsign01背中の凝りもかなりほぐれ、すっ

きりしました。happy01

shine

次は、正しく立って歩けるように、足のコンディ

ショニングとして、足の指や足首をほぐし方を

学びました。

裸足になって、足の甲を軽くゆっくりなでたり、

足の指と指を持って前後に動かしたり、足の指

の付け根と付け根の間を軽く押したりしました。

また、手の指を足の指の間に入れて足指を開い

た状態で足首まわしも行いました。

Img_0061

この足のコンディショニングを行うと、地面に

しっかり足がつくようになるそうです。

コンディショニングをしたほうの足としていない

ほうの足では、「全然違う!」という感想があちら

こちらからあがりましたsign03

shineshine

歩く・動くには、痛みのない体作りが不可欠との

ことなので、今日学んだコンデイショニングで、

日々のメンテナンスを行い、ずっと元気に過ごせる

ようにがんばりましょうsign03wink

Line_winter_snow

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207