プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 別府校区 スロージョギング®を始めよう | メイン | 七隈校区 黒田節体操 »

2018年8月27日 (月)

堤地区 体力測定①

平成30年8月20日(月)sun

今年度も堤地区で、夫婦石病院のご協力により体力測定が行われました。今日も10名を越える病院スタッフの方がお手伝いに来られていました。業務でお忙しい中、いつもありがとうございます。confidentheart04

体力測定ができる講座というのがまず珍しいのですが、健康に関するミニ講話も行われるため、リピーターが多い人気の講座です。happy01

shine

まずは全員血圧測定を行い、運動をしても大丈夫か確認を行いました。

Img_0095

次は、ロコモコーディネーターの松尾先生から「ロコモについて」の講話です。

テレビ等でもよく「ロコモ」や「ロコモティブシンドローム」という言葉を耳にするようになったのではないでしょうか?ロコモティブシンドローム(略してロコモ)とは、「運動器の障害によって移動機能が低下した状態」をいいます。

健康増進法に基づき策定された方針「健康日本21(現在、第二次)」の目標として、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群」を認知している国民の割合を平成34年度時点で80%にする、というものがあるのですが、平成24年度時点では17.6%だそうです。今日の参加者に、聞いたところ「ロコモという言葉を知っている人?」という質問に手が挙がったのは半分くらいでした。

でも、今日講話を聞いたので、今日の参加者はロコモ認知度100%になりましたね!smile

Img_0100

なぜ、ロコモ(運動器症候群)を認知する必要があるかというと、要支援・要介護となった原因の第1位が、運動器の障害で23%だからなんだそうです。それなのに、運動器という言葉を知っている人の割合は低く40.8%で、循環器70.6%、消化器77.8%等と比べてもとても低いのです。

確かに、病院で運動器という診療科は聞かないし、馴染みがない言葉ではありますね。

運動器の疾患というのは、具体的にいうと、骨折・関節系疾患(腰・膝などの疾患)・脊椎損傷などを指すそうです。つまり、骨や関節・筋肉等の異常のため、痛みが出て移動機能が低下、社会生活に制限、要介護へという流れになってしまうそうです。

ちなみに、要支援・要介護の原因の2位は脳血管障害22%、3位は認知症15%、4位は衰弱だそうです。

健康に長生きする(健康寿命を延ばす)ためには、年だから・・・と言わずに、努力によって筋力を落とさない、柔軟性を保つことが必要なのですね。

自分がロコモなのかどうか発見する方法に、「ロコモ25」という25個の質問に答えて点数で確認する方法、40cmの椅子から片足で立ち上がれるか・両足で20cmの高さから立ち上がれるかで確認する「立ち上がりテスト」、2歩進んだ距離によって確認する「2ステップテスト」などがあります。

自分の状況を把握し、予防・改善することが要介護にならないことに繋がるんですね。

ロコモ予防の運動(ロコトレ)として有効なのは、「スクワット」と「開眼片足立ち」です。

開眼片足立ちは、体力測定で毎回やっています。ということは、参加すると、自然とロコモ予防または早期発見に繋がるということになりますねsign03

休憩を取った後、測定前に体をほぐすため、よかトレDVD(福岡市が作成した介護予防に効果的な体操を集めたDVD)を見ながらストレッチを行いました。

Img_0104

そして、早速測定開始ですnoteup

測定種目は、握力・上体起し・長座体前屈・10m障害歩行そして開眼片足立ちの5つです。

Img_0125

10m障害歩行 の様子

Img_0129

開眼片足立ち の様子

測定後は、松尾先生による結果の振り返りです。

Img_0163

計測結果一覧表から、標準と比べて自分はどうかみなさん熱心に確認されていました。

毎回測定に来られ、次回はもっと数値があがるようにと日々努力しているという方もおられました。その方は、もっと数値をよくするためにどんな運動をしたらよいか、熱心に聞かれていました。

数字というわかりやすい結果が出るため、もっとよくしようsign01とモチベーションが上がるようです。結果があがることはもちろん良いことですが、結果をもっとよくしたい!と目標を持つことで表情が生き生きshineされていたのが印象的でした。happy01

おそらく、毎回来られている他のみなさんも、同じ気持なのではと思います。

次回は来年2月18日(月)に開催予定です。結果がもっとよくなっているとよいですね。heart04

堤地区の方であれば、どなたでもご参加できます。初めての方も是非起こしくださいねnotewink

Line07_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207