プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 長尾校区 生活習慣病予防の食事 | メイン | 田島校区 健康づくりは早期発見・早期治療から »

2018年9月25日 (火)

城南校区 スロージョギング®を始めよう

平成30年9月19日(水)sun

だんだんと過ごしやすい季節になってきましたね。happy01

今日は、いきいき学級・なごやかサロン城南との合同開催で、スロージョギングを学びました。講師は、健康運動指導士の高江先生です。

まずは、講話からです。

Img_0008

身体活動量(安静時以外の動いている量のことで、歩く・立つなど体を動かしている量を言います)の多い人は、健康であることが多く、また、認知症にもなりにくいんだそうです。

記憶を掌る脳の海馬は、有酸素運動を行うと容積が高く保たれることがわかっているそうです。認知症は海馬が萎縮することから起こるといわれているので、海馬の容積が保たれるということは、「脳が萎縮していない=認知症になりにくい」といえそうですねsign01

また、糖尿病発生率の調査によると、高齢者は特に、薬より生活習慣の改善(運動)を行うほうが改善効果が大きいそうです。運動で改善するならば、お財布にも優しく、副作用の心配もなく安心ですね。wink

こちらも、運動の中でも特に有酸素運動が効果的だそうです。有酸素運動といってまず思いつくのがウォーキングです。

ウォーキングもとってもよいのですが、スロージョギングも有酸素運動で、ウォーキングと同程度のきつさで同じ時間行うと、消費カロリーがウォーキングの2倍になるそうです。ただし、6km以上走るとウォーキングよりきつくなるそうですので、ご注意ください。

同じきつさなのに、倍カロリーを消費するとなるとかなりお得な感じがしますねsign01

スロージョギングはその名の通り、遅く走るジョギングなのですが、普通のジョギングとちょっと違う点(歩幅とテンポ)もありますので、その辺りを教えていただきました。

スロージョギングのやり方

 ・足のつき方は、かかとからではなく、つま先の手前の足裏部分から着地

 ・歩幅は小刻みに(半歩ずつ進み、15秒間で45歩以上足踏む)

 ・目線は前に

 ・腕は自然に軽く振る

shine

では早速実践ですsign01

二人組になって、一人はゆっくり歩き、一人はそれに合わせてスロージョギングを行い、進むペースの確認をしました。15秒で45歩以上なので、ちょこまかと足を動かす必要がありました。

ペース・走り方の練習をしたら、左まわりでみんなで走ってみました。人数が多かったので二重の円になり走りました。

「1分スロージョギングし30秒歩く」という動きを繰り返しながら、10分ほど行いました。

Img_0027

人数が多く少し渋滞気味でしたが、みなさん上手に走れていました。

進み方については、各々体力が違うため、体力のある方はもっと早いペースで走っても大丈夫だそうです。目安となるのはニコニコペース(きつすぎず、でも楽すぎず。ちょっときついけど会話はできる運動強度)だそうです。wink

普段の歩きをスロージョギングに変えるなど、日常生活に取り入れて、健康維持に役立ててくださいね!これから涼しくなるので、外で行うのも気持がいいと思います。confident

もちろんジョギングはちょっと厳しい・・・という方は、ウォーキングでも全然大丈夫なので、無理のない範囲で体を動かしてみてくださいねsign03wink

お疲れ様でした。happy01

Akiborder003

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207