プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 金山校区 ロコモ予防の運動・ラダー運動 | メイン | 城南校区 スロージョギング®を始めよう »

2018年9月21日 (金)

長尾校区 生活習慣病予防の食事

平成30年9月18日(火)sun

長尾校区では久しぶりに、「食」に関する健康講座がありました。受付には飲み物が用意され、お茶かコーヒーを受け取ってから席につきました。

講座に先立ち、健康推進委員会田中会長がリーダーとなって、まずお口の脳トレとストレッチを行いました。up

お口の脳トレでは、

あえいうえおあお おあおえういえあ を1人が言った後、他の人が復唱していき、また次の1人が、かけきくけこかこ こかこけくきけか と言ったら他の人が復唱する、といったことを繰り返し全員1人で言うまで行いました。自分の番が来たときはちょっとドキドキだったと思いますが、みなさん上手に言えていました!

次は歌の合唱です。童謡「しゃぼん玉」「春の小川」など6曲を歌詞を見ながら合唱しました。トリの曲は「見上げてごらん夜の星を」でしたnotes

田中会長はマイクを使って歌われ、お上手なのですが、音程でオリジナルな部分が一部あり、「編曲されとるよ~smile」と突っ込みが入ったりして、すっかり和んで楽しく歌い終わりました。

ストレッチは、1・2・3・4~と声を出しながら、数種類行いました。 

Img_0052

こんなことしかできんけん・・・と言われる田中会長ですが、しっかり司会を務められた上、みんなを笑わせることも忘れず、場を和ませてくださいました。confidentありがとうございましたsign01happy01

shine

さて、すっ~かり頭も体もほぐれたところへ長尾校区食生活改善推進委員の方々が用意してくださった食事が運ばれてきました。restaurantdeliciousおいしそうですheart04

 

Img_0063_2

メニューは、右上から時計まわりで、ニラと納豆入りチヂミ、キノコの常備菜、切干大根のナムル、小松菜の信田巻き、キノコのみそ汁です。午後からの講座だったので、ご飯ものや肉・魚等メインはなしで、複数の常備菜を試食する形で用意されていました。

作り方はこちらからどうぞ。 チヂミ・ナムル・信田巻き  キノコみそ玉・キノコ常備菜

食事をいただきながら、「生活習慣病予防の食事」についてのお話を伺いました。講師は管理栄養士の仁木先生です。

Img_0061

生活習慣病は、不適切な食生活、運動不足、過度な飲酒、喫煙などが原因で起こる病気だそうです。

病気が進行していくと、肥満・高血圧・高血糖・高脂血になっていきますが、これだけだと痛いとか苦しいといった自覚症状は出ないので、まだ大丈夫だと思ってしまいがちですが、そのままにしておくと心疾患・脳卒中・糖尿病とその合併症(失明・人工透析など)等へ進行してしまうので、その前に食い止める必要があるそうです。coldsweats02

肥満は、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが崩れ、摂取カロリーのほうが上回ってしまうと起こるのだそうです。また、今の食事は、炭水化物、動物性タンパク質、脂質を過剰摂取しやすく、意識して野菜や海草などビタミン・ミネラル類を摂る必要があるそうです。また、太りすぎだけでなく、ダイエットや食が細くなることで起こる「ヤセすぎ」や「低栄養」も問題なんだそうです。

では、何をどれだけ摂ったらバランスがよいのでしょうか?

その目安として、「食事バランスガイド」というものがあります。活動量にもよりますが、高齢者の目安は1日で1400kcal~2000kcalで、その内訳は

主食(ご飯・パン・麺) 4~5つ : ごはんなら中盛り4杯程度

副菜(野菜・キノコ・いも・海草料理) 5~6つ : 野菜5皿程度

主菜(肉・魚・卵・大豆料理) 3~4つ : 3皿程度

牛乳・乳製品   2つ : 牛乳なら1本程度

果物        2つ : みかんなら2個程度

そして、「ひも」 と呼ばれるお楽しみ食は200kcalまでならOKだそうです。

「ひも」の量は、プリン1個、どらやき1個(70g)、ビール500ml1本程度だそうです。どれか1つですので、おやつbirthdayもビールbeernoteとならないように気をつけてくださいね!smile

 

また、BMI(体格指数)という数字も肥満かどうかの目安になるそうです。

計算式は、 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)  です。

BMI18.5~24.9ならば正常範囲ですが、高齢者の場合はヤセすぎもよくないため、BMI21.5~24.9がよいそうです。身長160cmならば、体重はおおよそ55~64kg程度ということになりますね。

高血圧は、塩分の量を控えると改善することが多く、高血糖・高脂血は肥満を改善していくと合わせてよくなっていくそうです。

減塩とバランスを心がけた食事を適度な量を心がけて、『健康で長生き』したいですねsign01

Akiborder003_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207