プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

« 堤地区 メタボ予防の食事 | メイン | 長尾校区 初詣ウォーキング »

2018年12月25日 (火)

平成30年度 健康づくりサポーター養成教室③

平成30年12月19日(水)cloud

健康づくりサポーター教室の3回目です。

例年12月ともなると体調を崩される方が多いのですが、最近暖かい日が多いせいか欠席者もほとんどなく多くの方が元気に参加してくだいました。happy01

今日は黒田節体操ですnote講師は、健康運動指導士の森口先生です。

黒田節体操は、足・腕などさまざまな部分を意識しながら行うロコモ予防になる運動です。福岡県で有名な『黒田節notes』という唄に合わせて扇子を用いて体を動かします。

まずは体を温めるために、3人と握手し握手した人の名前を覚えるゲームと、じゃんけん列車ゲームで盛り上がりましたsign01そのあと、ストレッチも念入りに行いました。

Img_0120

それでは、早速よかトレDVDの黒田節体操を見ながら練習開始です。wink

昨年はヨガの後に続けて行ったので、黒田節体操の練習時間が少なくなりしっかり練習できませんでした。その点を反省し、今年は講座1回分フルに黒田節体操を行うことにし、1番・2番・3番に分けて動きを確認していきました。さらに細かくパートにも分け、動きの説明や体のどこを意識するとよいかというポイントを聞き、その動きがきちんと出来ているかチェックしてもらいながら行いました。

 

「1・2・3・4・5・6・7・8とカウントをとりながら踊ると踊りやすいです。」

「体操なので、腕を動かすときはゆ~っくり大きく動かしたほうが効果があります。」

「扇子を見ながら行うと、動きがきれいに見えます。」

Img_0125

「足はそのままで、重心を後ろ足にかけて構えます。」

「扇子を前に突き刺すようなイメージで」

「一歩前に出した足にしっかり体重を乗せてください。」

Img_0131

 

などと、細かいところまでしっかり教えてもらうことができました。happy01

1番ごと行うとできるのですが、続けて行うと最初のうちは混乱してきて、ちょっと動きが怪しくなったりもしましたが、休憩をはさみながら、何度も練習していくうちに、動きがバシっと決まってきました。

ということで、最後は恒例ドキドキの発表会です。heart02

2グループに分かれて行いました。

Img_0136

先生のお手本がない上に、人にみられるので緊張して実力が発揮できないのではと心配しましたがが、みなさんピシッとかっこよく踊ることができていましたsign03happy01

黒田節体操では、普段使っていない筋肉も使っているので筋肉痛が出るかもしれません。最後にまたしっかりストレッチを行って終わりました。

みなさんお疲れ様でした。confident

shine

城南区衛生連合会では黒田節体操DVDの貸出を行っていますsign01

練習したい方は、城南保健所2F窓口までお越しいただければ黒田節体操DVDと扇子を2週間貸出いたしますので、是非ご利用くださいnotewink

  

Line_winter_snowman

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207