プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

2017年10月 6日 (金)

南片江校区 スロージョギング®講座

平成29年10月4日(水)sun

秋晴れの気持の良い日となりました。happy01

今日は、今年2月の南片江健康講座で

大好評だったスロージョギング講座が

開かれました。

講師は、2月と同じく健康運動指導士の

畑本先生です。

Img_0044

今日はお天気なので、講義と少し走る練習

を室内でしたら、外に出て実践練習となり

ました。走るポイントとしては歩幅は小さくし、

かかとから着かないこと、すり足のような

走り方がよいようです。flair

2列に並び、テニスコートの横を通って、

近くの公園まで行きました。

Img_0056

すぐ近くに油山を望む広くてきれいな公園

に到着です。note

Img_0058

大きな円になって、スロージョギングを

楽しみました。uphappy01

Img_0061

先生が、右・左・前・後ろと声かけするので、

それに合わせて足を動かす、脳トレも行い

ました。

Img_0066

うまくいってもいかなくても自然と笑顔に

なりました。大勢でやると、楽しいですねsign01

公園から公民館まで戻るときもまたスロー

ジョギングで帰りました。

みなさんお疲れ様でした。confident

Akiborder003

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年10月 5日 (木)

第31回城南区さわやか健康フェア

平成29年10月3日(火)cloud

今日は、年に一度の城南区さわやか健康

フェアの日ですsign01

城南区保健福祉センター(城南保健所)にて

10時から13時半まで開催されました。

shine

幸い昨日までの大雨が上がったので、

衛連ののぼりも外に飾ることができましたsign01

Img_0019_2

城南区衛生連合会では、

・総合受付および、クイズラリーの景品渡し

Img_0025

・よかトレ体験での黒田節体操の指導

Img_0028

・筋肉量・体脂肪測定の受付

Img_0012

の3つをお手伝いすることになり、理事さん

には、各コーナーに分かれていただき、フェア

盛り上げに一役かっていただきました。

いつもありがとうございます。heart01

衛連担当コーナーは2階がメインだったので、

階段を使って宣伝ですsign01

2階にも楽しいコーナーがいっぱいありますよnote 

みなさん来てくださ~いsign03

Img_0001_2

また、普段の各校区衛連の活動展示を行う

・パネル展示

も行いました。このコーナーはクイズラリー

会場の1つでもあったのでたくさんの方が

足を止めてくださいました。

Img_0005

クイズラリーのついでに見ていただき、衛連

のことを知っていただけたらうれしいです。confident

shineshine

今年のフェアは朝方まで雨が残っていたため、

例年より出足がのんびりでしたが、来られた

方には楽しんでいただけたようでよかったです。up

健康によい知識を得たり、自分の体の状態を

知ることができるうえ、楽しめるイベントですsign03

少しでもみなさんの健康に役立てたのであれ

ばうれしく思います。happy01

Akiborder003_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年10月 4日 (水)

鳥飼校区 スロージョギング®を始めよう②

平成29年9月29日(金)sun

6月に続いて、健康運動指導士の古瀬先生

によるスロージョギング講座が開催されま

した。

前回も参加された方が多かったようですが、

初めての方でもわかるように復習を交えな

がらスロージョギングのコツを学びました。

shineshine

その前に、ロコモチェックとして、今回は

『ツーステップテスト」を行いました。

Img_0006

ツーステップテストとは、2歩の歩幅(cm)を

測り、それを自分の身長(cm)で割った値を

出し、足の筋力が衰えていないかとを判定

します。値が1.3未満だとロコモ度1で少し

弱くなっている状態で、更に、1.1未満だと

ロコモ度2で、日常生活に支障をきたす

レベルだそうです。coldsweats02

shineshine

スロージョギングの講話が行われた後、

Img_0022

準備体操を行いました。脳トレも兼かねて、

グー・チョキ・パーといいながら、足と手で

グーチョキパーを行う練習をしました。

パーと言って足を開くときは、腕を開く必要

はないのですが、つい腕もつられて開いて

しまうのがおかしくて、みんなで笑ってしま

いました。happy01

でも、意識して繰り返し行っていくと開かな

くなってきました。

Img_0029

準備体操の後は、大きな1つの輪になって

スロージョギングを実践しました。

少し休憩をはさみ、次はカラーコーンを使っ

たスロージョギングに挑戦しました。

まずは、カラーコーンを避けながら、他の方

とぶつからないように走る練習です。

その後、赤・黄・青・緑とコーンの色を意識し

ながら色の横を順番に通る脳トレスロージョ

ギングを行いました。

Img_0045

慣れてきたら、アレンジを加えていきます。

赤の横を通るときは手をたいたり、黄色の

通るときは、黄色のものの名前を言ったり

しました。

ぶつからないように、色を順番に数えながら、

課題をクリアしながら、脳トレスロージョギン

グで脳も体もほどよく疲れ、気持よかったですsign01

今日もみなさんおつかれさまでした。confident

shineshine

11/29(水)にスロージョギング③が行わ

れる予定です。今年度最後の鳥飼校区

健康講座となります。

①②とは違う内容のスロージョギングを

されるとのことなので、今回参加された

方もぜひいらしてくださいsign03

もちろん①②未受講の方でもできる内容

ですので、未受講の方もぜひお越し下さい!

Akiborder003

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年9月26日 (火)

長尾校区 福岡大学病院のがん診療への取り組み-肺がん-

平成29年9月19日(火)cloud

城南区内で唯一がん診療拠点病院に指定

されている福岡大学病院の先生による

がんセミナーが行われました。

本日の講師は、

腫瘍・血液・感染症内科の田中先生と、

総合医学研究センターの渡辺先生

のお二人です。

がんについての全般的なこと及び福岡大学

病院におけるがん診療への取り組みについ

ては田中先生、がん死亡率が一番高い

肺がんについては、渡辺先生にお話して

いただきました。

Img_0110

 日本人の死因原因一位は『がん』だそうです。

がんの患者数は昭和56年を境に、脳卒中

などより増えたことから、国が各地域にがん

診療連携拠点病院となる病院を指定し、

その中の1つとして福岡大学病院がある

そうです。

がんは手術だけでなく、通院という選択肢

もあり、福大病院では、通院は外来科学

療法センターで行っているそうです。

通院だと、普段どおりの生活ができるところ

などが利点ですが、反面すぐ近くに医療者が

いないので、副作用が出たときなどは不安

になったりしますよね。それを取り除く手段

として、24時間の電話相談があるそうです。

また、福大病院内には、がん情報サロン

といって、がん治療に関する最新の新聞

記事のスクラップや雑誌・書籍などを自由

に閲覧することができる場所があり、福岡

大学病院に通院していなくても、利用可能

とのことですsign01

田中先生のがんセミナーは今回で101回目

だそうです。

普段は福大病院で行われているそうなので、

身近な公民館で聞けたのは近くてありが

たいなぁと思いました。confident

shineshine

続いて、渡辺先生の肺がんのお話です。

Img_0111

肺がんは、男性のがん患者数で第1位、

女性では第4位だそうです。

また、5年生存率を見ると他のがんに比べて

低く、30%ないそうです。weep

全部位のがん平均生存率が60%ほどなの

で、かなり低いことがわかります。bearing

肺がんの原因として、たばこやPM2.5など

の大気汚染物質、遺伝的要因などがある

そうですが、お話の中でびっくりしたのが、

たばこsmoking副流煙にはPM2.5がケタ違いに

多量に含まれているということでした。

福岡市の環境基準では35μg/m3ですが、

喫煙自由な居酒屋では400-600μg/m3

だそうですsign01coldsweats02

現在、分煙から禁煙へと愛煙家の方には

更に厳しくなってきていますが、まわりの

方のために、大気汚染軽減のために禁煙

に取り組んでほしいなぁと思いました。

10年禁煙すれば、吸っていない方と同じ

がん頻度になるそうですよsign03happy01

また、肺がんの治療についてですが、

従来の抗がん剤治療だけでなく、イレッサ

などの分子標的薬や、オプジーポなどの

免疫療法もあるそうです。ただし、肺がん

の種類によっては効かなかったり、費用が

高くなったりするそうです。

お金もかかるし、健康にもよくないたばこ。

肺がんだけでなく、他のがんの発生頻度も

高めるそうです。

今すぐ Let's禁煙nosmoking ですねsign03wink

また、早期発見のためにも、ぜひがん検診

に行ってくださいねsign01

Akiborder003

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

 

2017年9月25日 (月)

田島校区 認知症予防の運動その1

平成29年9月18日(祝)sun

健康講座ストップ・ザ・認知症の第2弾で、

認知症予防となる運動を学びました。

3連休の最終日でしたが、多くの出席が

ありました。happy01

講師は、健康運動指導士の松永先生です。Img_0076

認知症予防には脳を使うこと。

例えば・・・ということで、まずは普通に両手

を組んでみて、次はその逆手に両手を組ん

でみました。

「あれ、何か変な感じがしますよね。それっ。

何か変。そう思うことがもう脳を使ってます!」

と先生。

更に『体を動かす、声に出すを同時に行う』と

脳にとってもいいのでやってみましょう!

ということで、一・二・三・四・・・と数えながら

親指から指を折りながら数えていきました。 

Img_0077

数える指を右手は親指から、左手は小指か

らに変えたときは、なんとかついていけて

ましたが、手の指・声だしに加え、足踏みが

加わったら大混乱。あれっ?あれっ?となる

方続出で声出しが小さくなりましたが、

「気にせんでよかですたい!わたし以外、

誰もみとらんですけん。」

と先生が言われると大爆笑。

その後の運動もリラックスして行うことが

できました。smile 

shine

休憩の後、10名ほどの輪になって、パンパン

と手をたたいてリズムをとりながら、シリトリを

しました。

リズムに乗って答えることは結構難しく、

答えにつまったりもしましたが、まわりで教え

あったりたりして楽しく過ごしました。

Img_0090

最後に、認知症予防の運動としてラダー運動

を行いました。 

田島校区では健康づくりの自主グループとして

「にこにこジョギングクラブ(略して「にこジョグ」)」

というものがあり、ラダーは、そこでも取り入れら

れている運動です。

何番目のときは足をラダー(はしご)の外に出す

とか、ルールを決めてケンケンパのように

進みます。1人だとすぐ飽きてしまいそうですが、

みんなでやると「次はこういうルールでやってみ

よう!」とか「あ~間違ったぁ。」「難しいわぁ。」

「ここに気をつけたらきっとできるよ!」などなど

会話も自然に弾み、楽しみながら脳トレできますnote

今日は、にこジョグに入っている方がみなさんの

指導をしてくださいました。

Img_0102

「にこにこジョギングクラブ」情報ですsign01

認知症予防の運動や講話・スロージョギング®

などに取り組んでいます。

 活動場所:田島公民館

 活動日時:毎月第2・4月曜 10時~12時

 会費:1000円/月(講師謝礼など

です。

本日早速入会された方もおられ、運動で

認知症を防ぐ活動の輪が、広がっていって

いるの見ることができうれしく感じました。confident

shineshine

田島校区のストップ・ザ・認知症はまだまだ

続きます。

第3回は、11月20日(月)10時~12時

    認知症予防の食事・

        認知症サポーター養成講座

      (試食付きです!)

第4回は、来年2月19日(月)10時~12時

    認知症予防の運動!その2

です。みなさん、どうぞお越しくださいね。wink

Line09

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年9月21日 (木)

城南校区 ウォーキング

平成29年9月14日(木)sun

9月になり朝夕は少し涼しくなってきましたね。happy01

今日はウォーキングの講座ですが、昼間は

まだ日差しが強いので、まずは室内で

ウォーキングの講話と昨年も好評だった

ニギニギ体操を行いました。

講師は、健康運動指導士の西内先生です。

Img_0056

ウォーキングをする前には必ず「体調チェック」

を習慣づけてくださいとのことです。

気分がいいかどうか15秒間の脈拍が25回

以下かを確認して、もし今日は気が進まない

なぁとか、脈がいつもより多いなぁと思った

ときは、思い切って運動を休んでください。

このことが命を守ることにつながるんだそう

です。confident

また、大人数でウォーキングを行う際は、

バディという二人組を作り、できればトイレの

ある場所を休憩場所にして、お互いの体調

チェックをするとよいそうです。

人数確認が容易になったり、体調の確認が

その都度でき、異変を早めに察知できると

いうわけです。

知らない人同士でも仲良くなれそうで、

楽しそうですね。wink

講話の後は、ストレッチとニギニギ体操です。

ニギニギ体操とは、手でタオル等をにぎることで、

低酸素状態にしてごく軽い筋トレを行った後、

手をパーにして血流を流し、成長ホルモンを出さ

せるという運動です。

全然きつくない運動なのに、じんわり汗ばんで

きて、効いているようですsign01

Img_0060

ニギニギ体操の後は、外へ出てウォーキング

です。まだ暑いので、女性陣は日傘を差して

出発です。公民館を出発し、城南小学校・中

学校のまわりをまわって公民館へ戻ります。

Img_0062

途中、中学校の校門付近で脈拍をチェック。

ニコニコペースで歩けているか確認しました。

Img_0065

水分補給をして、元気に歩いて公民館に戻

りました。公民館前でもまた脈拍チェックを

行いました。

Img_0067

今日は、ニギニギ体操とウォーキングを

がんばりました。暑い中お疲れ様でした。happy01

Line09

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年8月30日 (水)

29年度 健康づくり「サポーター養成教室」プレ開催②

平成29年8月25日(金)sun

新しい健康づくりサポーター養成教室プログ

ラムの2回目です。happy01

城南区衛連主催では初めてとなる「スロー

ジョギング®」を城南保健所で行いました。

講師は、健康運動指導士の田中先生です。

まずは、理論をしっかり学びました。

Img_0079

何もしなければ、全身持久力は45歳ごろ

から急速に低下するそうです。shock

 

スロージョギングは、体力アップを効率よく

手助けでき、減量・メタボ改善、生活習慣病

予防・改善、脳機能の改善、がん予防(スタ

ミナが高いほどがん死亡率が低いとのこと)

等うれしい効果がいっぱいあるそうですnote

効果をしっかり勉強したので、あとは実践ですsign03

Img_0082

その前に簡単なストレッチをし、2人組で向

かい合って手で押し合い、体幹(コア)が

働いていることを確認しました。コアが働かな

くなると歩いたりする日常生活にも支障を

きたしてくるとのことですが、スロージョギング

はコアの筋肉を鍛えるのにも効くそうですnote

Img_0084_2

椅子を端に移動させて、広いスペースを

作ったら早速スロージョギング開始ですsign01

ポイントは、フォアフット着地といって、足の

指の付け根あたりで着地すること。

足にかかる衝撃がかかと着地より小さくなる

ので楽に長く走れるそうですよ。wink

みなさん、軽やかに走られています。notenote

Img_0086_2

スロージョギングは広い場所がなくても家の

中でもできる方法もあるそうですsign01

それが、スロージョギングターンという方法

です。

数歩進んでターンし、数歩進んでターンする

という動きを繰り返すという方法です。

これなら、テレビを見ながらでもできるという

ことで、早速、スクリーンをテレビに見立てて

練習しました。

Img_0098

きついと感じた方はほとんどおらず、本当に

こんなに手軽な運動で効果があるのかsign02

不思議なくらい楽にできました。happy01

自宅でもぜひ取り組みたい!といわれる方が

多く、大好評でした。

shineshine

今年度のサポーター養成教室は、

10/18・11/15・12/20で、

ラダー・スロージョギング®・ヨガ・黒田節体操

行う予定です。

毎回、ミニ講話と実技実践という形式です。

参加条件は、全回出席可能で、教室終了後、

地域での健康づくり活動に参加できる福岡市

城南区在住の方です。

申込等詳細は9/1の市政だよりまたは

下記事務局までお問い合わせください。happy01

ご応募お待ちしていますnotenote

Line09

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

 

2017年8月28日 (月)

堤地区 体力測定①

平成29年8月21日(月)sun

今年度も夫婦石(めおといわ)病院のご協力

により、堤地区で体力測定が行われました。

まずは、血圧を測って健康チェックです。

Img_0036

行う測定は、上体起こし、長座体前屈、

握力測定、開眼片足立ち、10m障害歩行

の5つです。

やり方の説明を聞いたら、早速分かれて

測定を行いました。

Img_0062

体力測定のあと、結果の見方についての

説明がありました。

shineshine

後半は薬剤師の方による「薬の正しい使い方」

についての講話がありました。

Img_0072_2

 薬が効いたり、副作用が出たりというのは

血中濃度が関係するそうです。

濃度が薄いと効かないし、濃いと副作用が

出るそうです。

至適な範囲を守ることが重要で、それには

・いつ飲むか必ず指示に従う

・飲み忘れても2回分を1回で飲まない 

・残っている薬を勝手に使わない

・自分の薬を人にあげない。もらわない

・薬は水かぬるま湯で飲む

・噛み砕かない

・薬の保管は指示に従う

とのことです。「噛み砕かない」という

のは、薬には「仕掛け」があるものがある

からだそうです。

例えば、錠剤で腸で効かす薬の場合、

薬のまわりに腸で溶ける成分、その上

に胃で溶ける成分、その上にコーティン

グがしてあるんだそうです。

ですから、噛み砕いてしまうと仕掛けが

うまく働かなくなってしまい、成分が行き

届かない可能性があるんだそうです。coldsweats02

薬をもらうときに、薬剤師さんから聞く

ことを理由も含めて詳しくお話していた

だき、改めて、薬は指示通りに正しく飲

むことが一番効果が出て安全だという

ことがわかりました。

次回の体力測定は、来年2/19(月)です。

それまで体力UPにがんばりましょうnote

Line09

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年8月24日 (木)

別府校区 矢野大和さん口演会

平成29年8月20日(日)sun

別府公民館にて大分観光特使の

矢野大和(やのたいわ)さんによる

口演会(こうえんかい)がありました。

Img_0030

大和さんは元町役場の職員で、現職の宮司

さんだそうです。

あまりにしゃべりが上手いので、当時の町長

から役場には来なくていいから、町おこしの

ために講演会をやってほしいと、いわれたこ

とがきっかけでこの仕事を始められたとか。

shineshine

大和さんは話すときは、絶えず右に左に

ウロウロされます。coldsweats01

これは聞いている人を眠たくさせない技な

んだそうです。人は動いているものを注視

するので眠たくさせにくいそうですsign01wink

また口演中に携帯電話が鳴ってもOK!

鳴った電話に出てもOK!それで寝てた人

が起きるからというのが理由です。eye

Img_0028

大分弁を交じえながら軽快に話され、

笑わされてばっかりなのですが、

・人は人から元気をもらえる。

・声かけ・挨拶が相手を元気にする。

・無視が一番相手のエネルギーを奪う。

・家族だから言わんでもわかる、じゃない。

・高齢者は生きる力(していいこと悪いこと)

 を教えてくれる貴重な存在

・上の人(上司・親など)が下の人(部下・

 子どもなど)に3つ否定的なことを言うと、

 下の人はダメになる。言葉にはそういう力

 がある。ことだま。でも、1ついいところを

 見つけて言ってあげるとその人は元気に

 なれる

・相手にあなたが必要だと言おう

と、男女共同参画・人権・コミュニケーション

などのテーマが根底にありました。

お堅い話を小話でも聞いているかのように

いろんなエピソードを交えながら、ノンストップ

で話されます。

どこが笑えるかは、文章ではきっと伝わりま

せんので省略します。

お近くで口演会があればぜひ行かれてくだ

さいねsign01

そして、大和さん自身は

「もう一度あなたにお会いしたい!」

この言葉を最後にきけたら元気になれる

そうです。happy01

来年もまたお会いしたいsign03みなさんきっと

そう思われたと思います。終わったあと、

次々に大和さんに話しかけに行かれて

いました。wink

笑いと元気をいっぱいもらえた口演会でしたnote

Line09

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年8月16日 (水)

鳥飼校区 ロコモティブシンドローム講座

平成29年8月10日(金)sun

 

朝晩はほんの少し涼しくなってきましたが、

日中はまだまだ暑いですよね。sad

今日はロコモティブシンドロームに 

ついて学ぶ健康講座でしたが、

暑い中でも、健康について学びたい!

という方がたくさん来られていましたsign01

 

講師は、校区内で後藤整形外科を開院

されている後藤元徳院長先生と、健康運

動指導士西内久人先生のお二人です。

まずは後藤先生の講話からです。

Img_0010

高齢で介護が必要となる方の数は年々増

えているそうです。H25で564万人、H26

年580万人、H37年では700万人超と

予想されているそうです。coldsweats02

介護が必要になる原因はいろいろありま

すが、第1位が「運動器疾患」、2位が「脳

血管疾患」3位が「認知症」なんだそうです。

第1位の「運動器疾患」とは、転倒や骨折、

関節・脊椎の病気などです。

Img_0007  

膝などの関節の軟骨がすり減り痛みが

生じる変形性膝関節症や、骨密度が低下

し骨折しやすい骨粗鬆症、変形性腰椎症

を発症すると、痛み等により立ったり歩い

たり階段の上り下りなどに支障が生じます。

このような関節・骨・筋肉などの運動器の

障害のために移動機能の低下をきたした

状態をロコモティブシンドロームといいます。

予防のためには、普段から骨や筋力を

鍛えておくことがとても重要だそうです。

また自分がロコモかどうは次の3つの

テストで診断できるそうです。

①立ち上がりテスト(下肢筋力を調べる)

②2ステップテスト(歩幅を調べる)

③ロコモ25(身体の状態・生活状況を調べる)

shine

次のうち1つでも当てはまっていると

移動機能の低下が始まっているロコモ度1

だそうです。weep

①立ち上がりテストでどちらか一方の片脚

で40cmの高さから立ち上がれない

②2ステップテストで2ステップ値が1.3未満

2ステップ値=2歩幅(cm)÷身長(cm)

③ロコモ25の合計点数が7点以上

(ロコモ25とは5択で答える問診のようなもの)

shine

でも、まだ大丈夫ですsign03

ロコモになっていたとしても、運動栄養

に気をつけて生活をすれば筋力がつき

腰痛・膝痛の予防・改善、骨粗鬆症の予

防ができるそうです。happy01

栄養については、骨や筋肉を作るために

必要なたんぱく質・カルシウム・ビタミンD

・ビタミンKを含む食品を取るとよいそうです。

完治は難しいらしいのですが、痛みが

無くなったり和らいだりすると、立ったり

歩いたりが楽になりますよね。

shine

少し休憩をはさんで、ロコモ予防の運動

については講師を健康運動指導士の西内

先生にバトンタッチしました。

まずは、眼を開けて1分間片足立ちをすると、

53分間も歩いたのと同じ骨に対する効果が

あるという「開眼片足立ち」を行いました。

少しふらつきそうな方は保健師さんが見守り

を行いました。1分でも結構長いねという声が

あちらこちらからしましたが、目標は2分だそう

です。coldsweats01

開眼片足立ちは一日3回行うとよいそうです。

Img_0014

 次は「スクワット」です。

つま先より前にひざが出ると膝に負担がか

かるので、膝が前に出ていないか、膝を曲

げる速度に気をつけながら、かなりゆっくりと

行いました。曲げる速度が速すぎても膝の

負担になるそうです。

全体で練習した後、西内先生が回っていき、

ひとりひとりのフォームチェックをされました。

講座に参加すると、実際にチェックしてもらえ

るので安心ですよsign03

Img_0018

 他にも、太ももの筋肉を鍛える運動やスト

レッチなどを行いました。

Img_0021

運動は毎日続けることが大切だそうです。

ただし体調が悪いときは休むこともとても

大切だそうです。

ご自分の体調と相談しながら、ぜひご自宅

でも取り組んでみてくださいね。wink

Line16_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207