プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

金山校区 Feed

2017年10月13日 (金)

金山校区 ヨガリラクゼーション

平成29年10月5日(木)sun

健康講座にしてはちょっと珍しく、ヨガの講座が

開かれました。

講師は、メディカルヨガインストラクターの

中村先生です。整体師の資格もお持ちだ

そうです。

呼吸を整えた後、二人組になって、一人が

相手の頭のてっぺんに指を当てます。

Img_0078

こうすると、体幹を意識し、強くすることが

できるのだそうです。

Img_0079_2

次は、手を自分の体のまわりでブランブラン

させます。たったこれだけで、リラックスする

ことができるそうです。confident

その後、自分と相手のパーソナルスペース

を認識する・感じる練習と、それを習得できる

ようになると、最終的には相手と同化すること

もできるようになり、介護等に役立つ、力を入

れなくても相手を楽に起こすことができるよう

になるらしく、実際に先生が見せてくれました。

片手を寝ている方の頭の下に入れて、まず

は力を入れて起そうとしてみます。が、途中で

首だけが曲がり起こすことはできませんでした。

その後、同じく片手を寝ている方の頭の下に

入れて、先生が「同化したので起してみます」

と言って、ゆっくり手をあげていくと、すくっと

起こすことができたのですsign03coldsweats02

Img_0085

最後は、木の呼吸というオリジナル呼吸法

でリラックスして終了しました。

自分が木になったつもりで、ゆ~っくり鼻で

呼吸しながら枝を伸ばしたり、根をのばしたり

することをイメージしていきました。

Img_0087

ヨガリラクゼーション講座で、気分がすっきり

した後は、ヘルシー一品メニューをいただき

ました。

本日のメニューは、

簡単混ぜ込みカシワご飯

れんこんの和風ミートローフ

でした。  作り方: レシピ

Img_0092

甘めのカシワご飯に、ポン酢が効いたあっさり

ミートローフがよく合い、おいしかったです。heart01

ご馳走様でした!happy01

 Akiborder003

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年8月 9日 (水)

金山校区  スロージョギング®講座

平成29年8月3日(木)sun

スロージョギング®の生みの親である福岡

大学スポーツ科学部田中宏暁教授による

健康講座がありました。めったにない直接

指導ですsign01

Img_0030

健康のためによいウォーキングですが、

ウォーキングよりも効率がよく、かつ、きつく

なくて・楽しくて・簡単なのがスロージョギング

だそうです。

人間は元々走るのに向いている体つきに

なっている、という話を現代でも狩をしながら

暮らす民族の生活や体の動きを見ながら、

聞きました。

また、お尻や背中の大きな筋肉は、歩くとき

にはそんなに筋肉が大きい必要はないそう

で、走るときに必要だから大きいのだそうです。

また、歩くときに「かかとから着く」動きは、

今や当たり前になっていますが、自然な

動作ではなく、習ってしている動きなのだ

そうです。ウォーキングで運動の効果を

出そうとした場合、大股で歩く必要があり、

大股で歩くにはかかとから着くことになる

からきたそうです。

では、自然に歩く動作を行うと、どうなる

かというと、足の指より手前の部分から

着くことになるそうです。

これを「フォアフィット」と言っています。

ジャンプやスキップをするときは、確かに

フォアフィットですよね。eye

昔の(本来の)人間の生活で行っていた

動きが、「走ること」なので、ジョギング

の動きが自然なんだそうです。納得ですねsign01

Img_0033

「脂肪を取りたい人はすぐに始めましょう!」

ということで、さっそく実践ですsign03

ストレッチ体操も何もなく、その場で足踏み

ができたら、OKです。

1・2・3、1・2・3、ワルツの音楽に乗りながら、

みなさん軽やかに走られてます。

Img_0045_2

1分スロージョギングしたら、30秒歩きます。

それを繰り返すだけ。1時間ほど繰り返すと

よいそうですよ。

おしゃべりしながらでもできるので、お友達

とのティータイムをスロージョギングタイム

に変えれば、おしゃべりもダイエットも一緒に

できていいですね!smile

そして、公民館のように広い場所がなくても

できる方法があるんだそうです。

それをみんなで練習しました。

1・2・3・4・5・6と進んで、7・8・9でターン

を繰り返します。

これを繰り返せば、リビングでテレビを見な

がらでもできちゃいます。

同じ方向ばかりにまわっていると途中で眼が

回るので、ときどき向きを変えてくださいね。

Img_0050_3

食事は、収支バランスが取れていれば、食

べる時間帯や1回の量は関係ないそうです。

スロージョギングを楽しみながら行って、消費

した以上に食べないように気をつければリバ

ウンドの心配もなく簡単にダイエットにも成功

できるそうですよ。smile

金山校区は坂が多いですが、上り坂を歩くこ

とはスロージョギングと同じ効果があるそうです。

なので、スロージョギングで坂を上る必要はあ

りません。

田中先生は、ステップ運動も推奨されていま

すが、上り坂を歩くことはステップ運動に似て

いますね。flair

みなさん、お疲れ様でした。

ぜひ続けてみてくださいね。wink

Sline07b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

 

 

2017年7月14日 (金)

金山校区 栄養講座・運動実技

平成29年7月6日(木)rain

 

今日は、栄養講座「糖尿病・高血症予防の食事」

と、運動実技「肩こり・腰痛予防の運動」の2本立て

です。

では早速栄養講座から!

本日の講師は管理栄養士の藤野先生です。

Img_0010

一日三食栄養のバランスよく、そして野菜から食べ始

めるとよいそうです。一日一食や二食がよいといわれ

ることもありますが、吸収が悪いミネラルは、三食だと

吸収のチャンスが3回に増えるし、また食事の回数が

少ないと体が飢餓感を覚えてしまい、一回の食事で

体に栄養を溜め込もうとして、返って太りやすくなって

しまうそうです。coldsweats02

また、野菜から食べ始めると、血糖値が急激にあがら

ないので、体への負担が軽くなるそうですwink

自分の食事の適性量を知っておくことも大切で、

目安ですが、身長(m)×身長(m)×22で、適正体重(kg)

がわかり、適正体重(kg)×25~30kcalで適正エネル

ギー(kcal)が算出できるそうです。25~30と幅がある

のは、25kcalは、活動量(運動量)が少ないとき、

30kcalはウォーキング等をしたりして、活動量(運動量)

が多いときだそうです。

shineshine

休憩を挟んで、後半は運動実技です。

講師は、健康運動指導士の西内先生です。

体を動かすと、乳酸が体内で作られそれが筋肉を

硬くしてしまうそうです。また、血行をよくすること、

硬くなっていないかをチェックするために二人組み

になって、肩のラインをなでて確認してみました。

軽くなでられるだけでも、少し血流がよくなった感じ

でした。confident

Img_0020

ストレッチをした後、「にぎにぎ体操」を行いました。

この体操の特徴は両手にタオル等をにぎって運動

することです。そうすることで、「血流を止める・流す」

を繰り返すことができ、筋肉や骨の成長・修復に

必要な、成長ホルモンの分泌がされるそうです。

運動自体は、1・2・3・4・5・6・7・8とゆっくり数え

ながら、両腕をあげたり、下げたりするような簡単

なものでした。少し力が入っているからか、何回か

しただけでもじわ~っと汗が出てきました。sweat01

Img_0033

特に寝る前に行うと、眠っている間に成長ホルモンが

出るので、おススメだそうです。

「3ヶ月毎日やると何かが変わります!」と西内先生。

3ヵ月後にあっと驚くような報告をお待ちしていますsign01smile

shineshine

最後はお楽しみのヘルシー一品メニュー

夏野菜の和風マリネです。

作り方はコチラ  →   夏野菜の和風マリネレシピ

Img_0045

暑くなるとそうめんなどの麺類が多くなりますよね。

そういうときに一緒の食べてくださいとのことでした。

ゆでたまごをつけることでたんぱく質もとれ、野菜も

たっぷりです。

「うわっ、これおいしい~sign03」とあちらことらで聞こえま

した。めんつゆとしょうがでの味付けなので、そうめん

との相性もバッチリだと思います。

ぜひ試してみてくださいねsign03

 

Sline07b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年6月 7日 (水)

金山校区 「血液検査データ結果の見方」と「ロコモ予防運動」

平成29年6月1日(木)sun

29年度の健康講座が始まりました。

今日は金山校区の第1回目の講座ですsign01

校区担当保健師さんによる「血液検査結果の見

方」、健康運動指導士西内先生による「転倒予

防・ロコモ予防の運動」、そしてヘルシーメニュー

紹介と盛りだくさんです。happy01

まずは、「血液検査結果の見方」です。

血液検査に書かれているHbA1c(過去1~2ヶ

の血糖値平均)やAST(脂肪肝、肝炎等で肝臓

細胞が壊されると高くなる)等の健康だと聞き慣

ない項目も細かく説明がありました。eye

Img_0004

喫煙・運度不足・過度な飲酒など不健康な生活

習慣をしていると、自覚症状がないうちにどんど

ん悪化するcoldsweats02ので、毎年健診を受けて、結果を

活用して、改善してくださいとのことです。

shineshine

休憩をはさんで、次は、「骨づくりのための筋力

トレーニング」を学びました。

講師は、健康運動指導士の西内先生です。happy01

Img_0008

いすに座って「膝を伸ばす」

・・・ふとももの前側筋肉

いすに座っての「太ももの上げ下げ」

・・・腹筋・大腰筋

「スクワット」・・・太もも、お尻、大腰筋

などがロコモ予防に効くそうですsign01

 スクワットは正しい方法で行わないと返って膝を

いためてしまうため、膝がつま先より前に出てい

ないか、フォームをチェック。

Img_0017

筋力アップと合わせて必要なことが、骨を鍛える

ことだそうで、たった片足1分行うだけで、骨に対

する衝撃が53分の歩行に相当するという「開眼

片足立ち」を練習しました。

Img_0021_2

注意点としては、 必ずすぐ持つところがある場所

で行うこと、無理に続けないことだそうです。

今日習った運動は、ぜひ生活の中に取り入れたい

ですねnote

テレビをみているときに行うとか、ハミガキのときに

行うとか自分が行う日常生活の中に取り入れると

けやすいようですよ。flair

さあ、運動のあとはヘルシー一品メニューの時間

ですsign01smile

本日のメニューは、ほうれん草と卵のおにぎりriceball

した。作り方

Img_0031

お箸ではたべにくい入り卵も、ご飯に混ぜるとぽろ

ぽろせず、とっても食べやすくなりました。色合いも

キレイですね。shineご馳走さまでしたuphappy01

次回の講座は、7月6日(木)10時~です

管理栄養士による「糖尿病・高脂血症予防の食事」

健康運動指導士による「肩こり・腰痛予防の運動」

です。ヘルシー一品メニューの試食もあります。

お楽しみにsign03

Sline07a 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年9月 5日 (月)

金山健康講座2016 第4回

平成28年9月1日(木)cloud

健康寿命をのばすにはというテーマで行われた

健康講座ですが、早くも今年度最後となりました。

今回は、晴明病院の小山礼三朗先生による講話

「うつ病と認知症予防について」です。

Img_0057

うつ病の患者さんは年々増えつつあります。

心の病気ですが、最初は肩こりや頭痛、下痢などで

内科を受診することが多いそうです。

うつ病は放っておいて治る病気ではなく、「こころの

骨折」なので、適切な治療が必要で、治るまでに時

間がかかる病気だそうです。

Img_0058

最近では若い人に多い新型うつ病(好きなことは

普通に楽しめるが、いやなことになるとうつの症状

が出る)も出てきているそうです。

うつ病の人への接し方の注意点としては、

・「がんばって」と言わない

・気晴らしをすすめない

ことだそうです。例えば気晴らしに誘っても周りの人は

楽しんでいるのに、自分だけが楽しめないとなると、

疎外感を感じて逆効果になるとのことです。

難しいですね。wobbly

うつ病の予防としては、

ストレスをためず、趣味の時間を持ちストレス発散し、

適度な運動を行い、適度に日光を浴びることを心がける

とよいとのことです。confident

Img_0059

うつ病に続いて認知症のお話です。

認知症を治癒したり、進行をくい止める薬は現時点では

なく、今ある薬は機能低下を緩やかにするだけとのことです。

脳と手先を使った遊びを行ったり、家事を行ったりする

ことは予防にとてもいいことだそうです。マージャンも実は

いいそうで、健康マージャンといって最近行われることが

増えているそうです。

楽しく生活しながら認知症予防ができるといいですね。confident

 

Img_0067

小山先生の講話の後は校区保健師の陣内さんから

結核予防のお話がありました。

免疫力を高めることにより結核の症状が出ない

(結核にかからない)ので、免疫力アップのために

食事・睡眠・禁煙等健康管理に努めてくださいとの

ことでした。

 

最後に、糸山理事から表彰がありました。 

Img_0072

今年度4回の講座すべてに出席された皆勤賞のかたは

22名もおられました。ひとりずつ名前を呼ばれて表彰

されました。

皆勤ではなかった方にも記念品が手渡され、みなさん

うれしそうでした。smile

Sline11_3

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年8月 8日 (月)

金山健康講座2016 第3回

平成28年8月4日(木)sun

校区保健師陣内さんによる講話「健診結果の見方」

健康運動指導士の松原先生による「ロコモ予防のため

の運動」を行いました。

今日は健診結果の見方を行うためか、多くの方が血圧を

測っていました。

Img_0102

講話は、まずは健診を受けて、そして健診結果の見方

がわかるようになって、自分にあった健康づくりをして

ほしいということで、お話が始まりました。

よかドック等の健診でよく検査される血液の検査項目で

どういう病気の可能性がわかるか、生活習慣病にかかる

とどういう症状がでてくるかなどをお話されました。

Img_0106

「生活習慣病の予防」のために大切なことは

①毎年健診を受け、

②今のからだの状態を「数字」で知り、

③生活習慣の見直しをする

ことだそうです。

今日の講座で学んだことを役立てるためにも

毎年健診を受けたいですねnote

次は、ロコモ予防の講話です。

ロコモとは、ロコモティブシンドローム(運動器症

候群)の略です。筋肉を動かさないと、運動器の

機能低下が起こり、全身の機能低下につながる

というものです。

Img_0111 

「片脚立ちで靴下がはけない」等のロコチェックが

はじまめると、あちらこちらから「できる、大丈夫happy01」と

声があがりました。健康に関心が高い方が多いので、

現時点でロコモの方は少ないようでした。confident

ロコモ予防の筋トレを始める前に、まずはいすに座った

まま頭と体のストレッチをしました。

ストレッチは反動をつけないように、がんばり過ぎない

ようにとアドバイスをいただきました。

Img_0117

Img_0118

ロコモ予防の筋トレが始まりました。

いすを持ってのスクワットです。

ひざが前に出過ぎないようにすることがポイントです。

Img_0122

他にも、いすをつかんでつま先立ちをしたり、

前回の松原先生の講座にあったステップ運動を

実践した老人ホームの紹介ビデオを見たりしました。

最後にコグニサイズが紹介されました。

コグニサイズとは、例えば両足で立って、1から順に

数を数え、「3の倍数」で手をたたくというように、運動と

知能を使うことを同時にすることで認知症を予防しよう

というものです。集中して声に出して数を数えていると、

かなり脳がかなり活性化されたような気がしましたsign01

頭と体を使った後はお楽しみのヘルシー一品メニューです。

小松菜とえのきだけのピーナツ和えと枝豆を砕いて白ご飯

に混ぜたヒスイご飯でした。今日もとってもおいしかったです。happy02

食進会のみなさまちそうさまでした。happy01

Img_0131

 次回の金山健康講座は、9月1日(木)10時から、

医師講話「うつ予防と認知症予防」が行われます。

今年度最後の講座なので、講話の後には皆勤賞や

参加賞の表彰があるそうです。

スタンプカードを忘れずに参加されてくださいねsign01

Sline08a

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年7月13日 (水)

金山健康講座2016 第2回

7月7日(木)cloudsun

「生活習慣病や認知症、ロコモを丸ごと予防!」をテーマに

金山健康講座2016が開催されました。今回が2回目ですsign01

(1回目は6月2日でしたが、取材に行けず、すみませんdown

 

管理栄養士三苫先生からの

「生活習慣病を予防する食事」のお話と

 

健康運動指導士西内先生による

「自宅でできる運動②~認知症予防~」の実演、

Img_0111

そして最後は食進会からの

ヘルシー一品メニューの紹介です。happy01

(左)はおまけの梅ひじきごはんで、(右)が今日のメニュー

「乾物の炒め物」です。材料および作り方

Img_0105

 

三苫先生からのお話では、

生活習慣病予防に効果的な食事・食事方法は

①規則正しく

②腹八分目を目安に

③良性のタンパク質を食べよう

④油は適量

⑤野菜・果物も欠かさずに

⑥塩辛い食事は控えて

⑦牛乳・乳製品を積極的に

とのことです。具体的なアドバイスとして、

一口につき30回を目標に、ゆっくりかんで食べすぎを防ぐ、

食欲がないときは、たんぱく質を優先して取り、低栄養や貧血

を防ぐ、肌がカサカサにならないために油はとる(適量!)、

ビタミンACEは、抗酸化作用があり認知症予防にも役立つので

野菜果物をしっかり取る、塩分の取りすぎを防ぐためには

レモンをかけたり、出汁をしっかり取ってうまみを出すとよい、

骨粗しょう症予防に、カルシウムを多く含む乳製品はしっかりと

ることと、たくさんアドバイスをいただきました。eye

みなさん熱心にお話を聞いていました。

Img_0103

 

次の自宅でできる運動では、

・握力をつけること(13kg以上必要)

・柔軟性をつけること

・2つのことを平行してやること

ができる簡単なものを習いました。

血流をよくし、脳を使う運動です。

毎日の習慣に取り入れたいですねsign01

Img_0120

Img_0121

Img_0112_3

 

お話と運動の後は、ヘルシー一品メニューの

試食を楽しみましたnote

Img_0107

食進会のみなさん、ご馳走さまでしたsign03 happy02

 

次回の金山健康講座は8月4日(木)

10:00~12:00に、金山公民館にて行う予定です。

保健師による講話「健診結果の見方」を行いますので、

ご自身の直近の健診結果をお持ちください。

Sline10

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年3月 7日 (月)

金山校区 歩こう会「ロコモ予防」 健康講座

 3月2日(水)sun

今月の金山校区歩こう会は、健康運動指導士による

健康講座です。

Img_0002

校区保健衛生委員会の小林会長のごあいさつの後

Img_0007
区地域保健福祉課、校区担当の陣内保健師から

お話がありました。


今日のテーマは『ロコモ予防』です。

健康運動指導士の斉藤郁磨先生より、ロコモという

ことばをご存知の方sign02という質問に、皆さん全員挙手paper

さすがshineですね~happy01

7つのロコチェックも歩こう会に参加する方々だけに

心配なさそうです。

Img_0009_2 
ジャンケンゲームrockscissorspaperで軽く脳トレをした後は

ストレッチで体の緊張をほぐします。

Img_0011_2

Img_0016
続いて、音楽notesに合わせ軽快に有酸素運動sign03

Img_0029_2
脳トレ要素を入れると、頭もからだもぽかぽかしてきます。

みんなで輪になって開眼片足立ちをしました。 

Img_0041
両手をつないだ安心感からか、ぐらつくこともなく

みなさん楽しそうnoteにバランスをとっています。

Img_0043
最後は左の人、右の人と交互に、リズムに合わせて

肩をやさしく叩きます。

距離も縮まり、笑顔満開happy01です。

Img_0049

ロコモ予防に有効な、スクワット運動を学びました。

膝が足先より前に出ないようにすることが

膝を痛めないポイントflairです。

Img_0052

二人一組で肩のマッサージタイム

気持ち良いですね~confidentup

今年度最後の歩こう会ということで、皆勤賞の方には

記念品presentと拍手のプレゼントがありました。

参加のみなさん、お疲れさまでした。

Sline05b

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは福岡市城南区衛生連合会事務局まで

       mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

            telephone   092-831-4207

     

2015年8月 6日 (木)

金山校区 健康講座「生活習慣病や認知症を丸ごと防ごうセミナー」第3回目

  8月3日(月)sun

金山校区の健康講座も3回目となりました。

最終回のテーマは「自宅でできるながら運動」です。

Img_0002 

校区保健衛生委員会の小林会長のお話です。

健康づくりに運動がいいと分かっていても、ひとりではなかなか

続かないので、公民館などで行われている健康講座や

サークルに出てきて(これも運動)人と交わり話をする

こと(脳トレ)が健康寿命をのばすことになるのでは

ないでしょうかとのこと。

皆さん実践されてますねhappy01

Img_0006

健康運動指導士の冨永健司先生から、「自宅でできる

ながら運動」を学びます。

腰が痛い人は?ひざが痛い人は?若返りたい人は?

姿勢がよくなりたい人は?・・・先生の質問に挙手します。

Img_0007

若いころの体型に戻りたい人は?皆さん笑いながら

挙手されていますwink

Img_0017

先生の動きに合わせて手拍子をとったり、ジャンケン

ゲームで 脳トレのあとは、呼吸を意識しながら

ストレッチをしました。

Img_0024

Img_0026

前かがみになりがちな上半身をゆっくりストレッチして

大きく呼吸しながらのばしていくと、皆さん背筋がしゃんとして、

立ち姿がとてもきれいになりました。

続いてテレビをみながらでもできる下半身強化の

筋トレを学びます。

Img_0034 

ひざ伸ばしや、太ももの筋トレのあとはスクワットsign01

間違ったやり方だとひざを痛めやすいそうです。

Img_0038 

椅子から立ち上がったり、腰かける要領でゆっくり

動くことを何度か繰り返しました。

この動作、忘れてしまうので、トイレから出るときに

10回を習慣付けている人もいるそうです。

歯磨きのときに開眼片足立ちsign01コマーシャルのときに

足上げsign01など、決めておくと忘れずに筋トレできますねgood


お楽しみ、今日のヘルシー一品メニューは

Img_0039

人参寒天(←クリックでレシピ)でした。色鮮やかで、レモンの

酸味がさっぱり美味しかったです。

食生活改善推進員のみなさんありがとうございましたhappy02

最後は無理なくできる、金山校区の自主健康づくりサークルの

紹介がありました。

Sline08b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

 お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

         telephone 092-831-4207

         mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

2015年7月10日 (金)

金山校区「生活習慣病や認知症を丸ごと防ごうセミナー」第2回目

 7月6日(月)cloud

梅雨snailとはいえ、カラッとしない毎日が続いています。

今日は、金山校区の健康講座です。

3回シリーズの2回目で、会場は50名を越える受講者で

とてもにぎやかnotesです。

Img_0001

校区保健衛生委員会の小林会長のご挨拶の後は

「認知症予防に効果的!お口kissmarkの健康」をテーマに

鶴田歯科衛生士のお話です。

Img_0011 

毎日の食事は姿勢を正して、ゆっくりよく噛み、唾液をたくさん

出して飲み込むことが大事とのこと。噛むことは脳の刺激にも

なり、きちんと飲み込むことは誤嚥性肺炎などを防ぐことにも

つながります。

Img_0012

大きな唾液腺3ヶ所を刺激する唾液腺マッサージを実践

耳下腺・顎下腺・舌下腺とマッサージすると唾液がよく出ます。

続いて前回に続き健康運動指導士の西内先生より、自宅でできる

「ながら運動」を学びます。

健康づくりのためにウォーキングをしても、体のバランスが悪ければ

膝や腰を痛めることになるそうです。膝や体のバランスを

二人一組でチェックしました。

Img_0020

Img_0024

ストレッチは緊張した(使って疲労した)筋肉の奥まで血流を流し

温める効果があります。息を吐くことと、のばしている筋肉を

意識しながらゆっくりと行うとけがの防止になるそうです。

ストレッチの後は、筋トレを学びました。

Img_0025

片足をゆっくり上げて、太ももの筋トレです。

Img_0028

下半身を強化するスクワットも体験。

ひざを足先より前に出さないようにゆっくりお尻を下げます。

みなさん前回からの復習ということで、姿勢がいいですね。

テレビを見ながら、歯を磨きながら・・・でもできる

「ながら運動」です。毎日忘れずに少しずつでも行うと

健康寿命をのばせますね。

Img_0004

陣内保健師より熱中症の予防について学んだ後は、

恒例のヘルシー一品メニュー「新じゃがの梅サラダ」です。

Img_0036

レシピ(二人分)

じゃが芋   100グラム

きゅうり     20グラム

絹豆腐     20グラム

マヨネーズ   10グラム

カリカリ梅     8グラム

oneじゃが芋は乱切りにしてゆでる。きゅうりは半月の薄切りにする。

 カリカリ梅は種を除き、粗みじん切りにする。

two豆腐は軽く水切りして、マヨネーズと合わせ泡だて器などで

 混ぜてソースにする。

threeonetwoのソースで和える。

マヨネーズに豆腐が混ぜ込んであり、カリカリ梅のさわやかさと

食感が新鮮な一品でした。

今回も校区の食進会shineのみなさんのご協力でおいしくいただき

ました。

いよいよ最終回の次回は8月3日(月)10時から公民館で

開催予定です。

「ながら運動」続けましょうねwink

Sline05b

皆さんのお手元に届く、市政だより公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

     telephone092-831-4207

      mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp