プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

黒田節体操 Feed

2017年10月 5日 (木)

第31回城南区さわやか健康フェア

平成29年10月3日(火)cloud

今日は、年に一度の城南区さわやか健康

フェアの日ですsign01

城南区保健福祉センター(城南保健所)にて

10時から13時半まで開催されました。

shine

幸い昨日までの大雨が上がったので、

衛連ののぼりも外に飾ることができましたsign01

Img_0019_2

城南区衛生連合会では、

・総合受付および、クイズラリーの景品渡し

Img_0025

・よかトレ体験での黒田節体操の指導

Img_0028

・筋肉量・体脂肪測定の受付

Img_0012

の3つをお手伝いすることになり、理事さん

には、各コーナーに分かれていただき、フェア

盛り上げに一役かっていただきました。

いつもありがとうございます。heart01

衛連担当コーナーは2階がメインだったので、

階段を使って宣伝ですsign01

2階にも楽しいコーナーがいっぱいありますよnote 

みなさん来てくださ~いsign03

Img_0001_2

また、普段の各校区衛連の活動展示を行う

・パネル展示

も行いました。このコーナーはクイズラリー

会場の1つでもあったのでたくさんの方が

足を止めてくださいました。

Img_0005

クイズラリーのついでに見ていただき、衛連

のことを知っていただけたらうれしいです。confident

shineshine

今年のフェアは朝方まで雨が残っていたため、

例年より出足がのんびりでしたが、来られた

方には楽しんでいただけたようでよかったです。up

健康によい知識を得たり、自分の体の状態を

知ることができるうえ、楽しめるイベントですsign03

少しでもみなさんの健康に役立てたのであれ

ばうれしく思います。happy01

Akiborder003_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年2月27日 (月)

田島校区 黒田節体操・楽らくリラクゼーション

平成29年2月20日(月)rain

足元の悪い中、60人もの参加者がありました。happy01

今日は、黒田節体操とストレス解消のために役立つことを

学びました。講師は健康運動指導士の斎藤先生です。

まずは、脳トレから。手をぶらぶらとリラックスさせた後、

先生の指示にしたがってグー、パーを出したり、右手は2拍子、

左手は3拍子と左右違う動きをしたりしました。

Img_0032

気を抜くと両手が同じ動きになってしまい、大笑いが起こります。happy02

笑うこともとってもいいんですよね!

脳にたくさん空気が送られてリフレッシュされた気分になりました。wink

shineshine

脳をリラックスさせたら、次は黒田節体操です。人数が多いので2グループに

分かれて練習しました。田島校区では黒田節体操の経験者が多いのですが、

今日が初めてというかたが10名近くおられました。新しく習いたいという方

がたくさん来られると、とってもうれしいですね。heart01

まずは、初めての方のために、経験者が見本を見せました。

Img_0037_2

 先生やまわりの経験者のおかげで初心者がいるグループもすぐに

上手に踊れるようになりました!

Img_0039

体を動かしたので、少し休憩です。

後半は、ラベンダーオイルの心地よいアロマの香りを楽しみながら、

講義を聴きました。まずは、睡眠についてです。

睡眠中はホルモンの分泌や記憶の整理などが行われ、夜10時~2時

のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯はぜひ睡眠をとるように心がけて

ください、とのことでした。

Img_0042

かかと付近には、眠りに関するツボがたくさんあるとのことで、

受付でもらった小さいボールを使って、かかとでボールをコロコロ

と転がしてツボを刺激してみました。今晩よく眠れるといいですね。confident

Img_0046_2

リラックスするために、他にも姿勢をよくする方法や呼吸方法

などを学びました。

ストレスがたまったときのため息のつき方にもコツがあるんだ

そうです。「はぁ~」と口を開けるのではなく、「ふぅ~」と口をす

ぼめてため息をつくと、気持ちが落ちすぎず前向きになりやすい

のだそうです。「「はぁ~」「ふぅ~」、あっホント違うねぇ!」という

声がチラホラあがりましたsign01

最後は、人とのふれあいです。肩に手が触れるだけで、相手の

ぬくもりが伝わるだけで、ほっ~とするそうです。

「あっ、温かくて落ち着く!」という感想が聞こえました。

Img_0050

体をしっかりリラックスさせ、また明日からもがんばりましょう!

みなさんおつかれさまでした!happy01 

Sline08b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年2月17日 (金)

28年度 サポーター養成教室④

平成29年2月15日(水)sun

今回は、講話・ウォーキング・黒田節体操と盛りだくさんなので、急ぎ

足で講座が始まりました。

まずは「ロコモ予防について」の講話です。

講師は、健康運動指導士の松原先生です。

「ロコモ」とは、「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の略で、

骨や関節・筋肉などの運動器の機能低下により、歩行困難等が

起こることをいいます。

Img_0092 

筋力は、年をとったら落ちるのではなく、使わないから落ちる、

使っていれば衰えない、また、何歳からでも鍛えれば筋力を

つけることができる!、また現在「バリアフリー」と言われていますが、

ロコモ予防の観点からいうと、家の中に段差があったほうが、筋力も

注意力も使って体にはよいとのことです。もちろん体に無理のない範囲で!wink

おうちに段差がなくても、手軽にロコモ予防ができる運動ととして、ステップ運動

を教えていただきました。

10~20センチのステップ台(350mlまたは500mlの24本入りビール箱で

代用OK)を用意して、台に片足ずつ上がって、上で両足をそろえ、そのままの

向きで、片足ずつ降りるという運動です。途中で一歩目となる足を反対側の足に

変えて、1日5分くらいをウォーキングにプラスして下さいとのことでした。

講話の後は、軽くストレッチをして梅光園緑道へウォーキングに出かけました。

Img_0095

Img_0098

Img_0104 

緑道脇の梅の木にメジロを発見!テンションもあがります。up

梅光園緑道は、サポーター養成教室では初めて行った場所

ですが、この季節は梅が咲いていたこともあり、こんなところ

があるなんて知らなかった!up今度の校区でのウォーキング

はここでもいいねnoteとうれしいご感想をいただきました。

半分ほどきたところで、ニコニコペースの確認のために脈を

測ったり、縁石のところでステップ運動をしたりしました。

Img_0108

もう少しウォーキングを楽しみたかったのですが、この後黒田節体操も

あるので、ここで保健所に戻りました。

shineshine

少し休憩をして、森口先生の指導による黒田節体操です。

Img_0118

みなさん結構覚えているようで、ふた月も空いていましたが、きちんと

踊れていました。happy01

最後に、半分ずつに分かれて黒田節体操を披露しあいました。

Img_0131

ピシッと決まってかっこよかったです!

かっこよくロコモ予防できそうですね!!お疲れ様でした。clover

次回3/15が最終回で、大濠公園までウォーキングに行く予定です。

 最後まで、お天気がよいといいですね。smile

Sline08b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年12月28日 (水)

28年度 健康づくりサポーター養成教室③

平成28年12月21日(水)cloud

12月とは思えないほど暖かい日ですね。happy01

健康づくりサポーター教室も第3回となりました。

今日は認知症についての講話・運動と黒田節体操を

行います。

まずは、認知症についての講話・運動からで講師は

健康運動指導士の松原先生です。

Img_0162

まずは、認知症の講話の後、簡単な脳の機能チェックを行いました。

 その方法は、8つの絵を覚えて、その間に他の認知機能テストを

複数行い時間を置いたあとで、最初のを覚えているかというものでした。

まずは、声に出しながら、ちりとり・バケツ・・・と8つ覚えていきます。

Img_0182

そして、次は、画面に現れた文字の色(この場合は、しろ)を

言っていくというトレーニングを行いました。

Img_0169

漢字の「赤」があお色で出てきたり、漢字の「白が」あか色で

でてきたりすると一瞬つまるのですが、「あお」「あか」といった

感じで答えていきます。簡単なことのようですが、かなり注意力が

必要で脳が鍛えられた感じがしました!

 声に出しながら、手を動かすという動きも脳によいことから、

もしもしかめよ~♪の歌を歌いながら、片手はチョキ・もう片手

はグーで、チョキの手の上に置く、という作業を左右1回1回

変えながら繰り返すという運動もしました。

チョキの手がすぐ上になったりと、簡単なようでなかなか難し

かったです。coldsweats01

Img_0181

そんなこんなをしたあとで、

「みなさん、最初の8つの絵を覚えていますか~?」と松原先生。

ドキッ!でも、みなさん、きちんと覚えておられ、大きな声で答えて

おられました。

少し休憩をはさんだあとは、黒田節体操を行いました。

講師は健康運動指導士の森口先生です。

Img_0188 初めての方も10名ほどおられましたが、一生懸命覚えて

踊られていました。

決めのポーズもばっちりですね!

Img_0185

Img_0192

黒田節体操は次回も行いますので、みなさん忘れずに

覚えておいてくださいね。smile

お疲れ様でしたsign01

Sline08b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年11月24日 (木)

田島校区 黒田節体操とヘルシーランチ

平成28年11月21日(月)cloud

たしま健康講座の第3回目は、恒例の黒田節体操と

食進会のみなさんのご協力によるヘルシーランチ

試食会でした。happy01

まずは、黒田節体操からです。

しっかりおなかをすかせましょう!smile

本日の講師は健康運動指導士の斎藤先生です。

Img_0074

軽く準備体操をした後、早速黒田節体操の練習を開始

しました。

参加人数が多かったので経験者・初心者の2チーム

に分かれて練習しました。

まずは、経験者チームから。

手足もピシッと伸びていてかっこよく踊れていましたsign01

Img_0078

Img_0082

続いて初心者チームです。経験者チームの練習を

見ながら一緒に動いていたからでしょうか、みなさん

初めてとは思えないほど上手にできていました。eye

Img_0083

経験者・初心者チームそれぞれ2回ずつ練習した後、

2人組になって肩のストレッチを行いました。

Img_0090

肩もみは、慣れていない方は、指に力を入れて押すので

はなく、手のひら全体を使って押してあげるほうがほぐす

効果が出るんだそうですよ。

shineshine

さあ、運動の後はお楽しみのランチです。restauranthappy02

今日の献立を考えられたのは管理栄養士の三苫先生です。

高血圧にならないための女性の1日塩分所要量は、7g未満

(男性8g未満)です。

7gを3食で割った1食約2.3gに塩分量がなるおいしいメニュ

ーを考えていただきました。

Img_0091

今日のメニューは、

麦ごはん、水菜のお浸し、明太炒り煮、豚肉の重ね蒸し、

豆乳スープ、りんご生姜  でした。

Img_0094

作り方は コチラ →  メニュー1 メニュー2  

調理を担当してくださった食進会の代表の方よりご挨拶を

していただきました。

Img_0093

お浸しは、ゆずの皮が見た目・味・食感のいいアクセント

なっていました。

明太炒り煮は、塊で食べると高塩分となる明太子をつぶ

にばらして使うことにより、旨みとほどよい塩味がにんじん

の甘みをうまく引き立てていました。

豚肉の重ね蒸しも、おみそとニラやごぼうの風味が効いて

おり、お塩を使わなくても全く問題なく食べることができました。

減塩を感じさせないとってもおいしいお料理でしたsign01

みなさんも、おはしが進んでいますね。wink

Img_0098 

結構な量だったのですが、ほとんどのみなさんが完食でした。

食進会のみなさん、ごちそうさまでした。happy01

Sline11_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年9月14日 (水)

たしま健康講座2016 第2回

平成28年9月9日(金)cloud

歯科衛生士大城先生による「お口の健康で脳トレ!」

の講話と、黒田節体操を行いました。

まずは長会長より

「いつまでも元気でおいしいものを食べて

いただくためにこ講座を活用してください」

とご挨拶がありました。

Img_0077 

手鏡を使って舌の観察から始めました。

Img_0083

お口の健康を保つためには、唾液がしっかり出る

ことがとても大切とのこと。wink

あごの下をマッサージして、唾液腺を刺激したり、

Img_0088

舌をまわしたりして唾液がでやすくなる方法を学び

ました。

また、お口を使って簡単にできる脳トレ、それは

歌ったりしゃべったりすることだそうです。寡黙な

男性は、寡黙をやめておしゃべりになりましょう!

と言われ、大爆笑でした。happy02

次は歯周病のお話でした。

Img_0092

歯周病菌が歯ぐきの中に入って歯の骨を食べ続けると

歯がぐらぐらになってきて、物がかめなくなってしまいます。coldsweats02

だから、40歳以上になったら、歯を磨くハミガキから

歯ぐきも磨くハミガキに変えてください!

と力強く訴えておられました。 

歯周病菌は、歯周病だけでなく肺炎も引き起こしてしまう

そうです。bearing

口→食道→胃で死滅してしまう歯周病菌が、寝たきりに

なると胃で死滅せず、胃→食道→肺と移動し肺炎になって

しまうからだそうです。

Img_0093

日ごろから、ハミガキで歯周病菌を減らしておくことが大切

なのですね。confident

では、実際にどうやってハミガキをしたらよいのでしょうか。

歯周病予防のハミガキの仕方を習いました。

(使用した歯ブラシは各人が持って帰れましたよ。present

Img_0097

やわらかめのハブラシで、歯と歯ぐきの境目を1箇所に付き

20回ほど、こちょこちょっとやさしく磨くのがコツだそうですflair

みなさん上手にできていて、先生にほめられていました。wink

最後は入れ歯のお話でした。

入れ歯を作った方は、何回くらい調整に行かれていますか?

だいたい3回くらいであきらめてしまう方が多いのですが、

先生に悪いからとか、あそこは下手だったとか思わないで、

5回以上行ってみて、何回も調整してもらってください

そうしたら、きっとしっくり行きますsign01」とのことでした。

入れ歯の調整って難しいんですね。coldsweats02

 

休憩の後は、黒田節体操でした。

予定していた講師の先生が来られなかったため、

(こんなこともあるんですねぇcoldsweats01sweat01

黒田節を習ったことがある方が急遽リーダーとなり

教えることになりました。

当会の小松理事が中心となり練習開始ですsign01

とても頼もしかったです。happy01heart04

Img_0112

Img_0117

しばらくすると、黒田節体操DVDでおなじみの

健康運動指導士森口先生がピンチヒッターで来て

くださいましたsign03

Img_0122

それぞれの動きが、どこを鍛える運動なのかを

丁寧に教えていただき、みなさんすっかり上手に

踊れていました。

どうなることかと思いましたが、チームワークで

なんなく乗り切ることができましたsign01confident

Sline11_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

 

2016年2月29日 (月)

七隈校区 お口いきいき健康講座・黒田節体操

 2月24日(水)cloudsun



今日の健康講座のテーマはお口の健康です。

Img_0001

血圧測定をして、今日の健康状態を確認しました。

みなさん体調はバッチリですup

Img_0003

校区保健衛生連合会 岩田会長のご挨拶のあと、

さっそく黒田節体操を行いました。

Img_0009

今日は健康講座もあり、毎月行っている黒田節体操教室

以上に参加者も多く、講堂も手狭に感じます。

Img_0010

 

Img_0013

校区担当の二石保健師より今日の流れの説明のあと

今日の講師、歯科衛生士の大城康子さんのお話です。

Img_0018

お口の健康は、肺炎や認知症予防につながるそうです。

舌は、血液の状態や体調を表すとのこと。

白かったら貧血、赤かったら脱水かもしれない

そうです。舌苔が付いてない人は、唾液が少ない

かも。

毎日鏡で顔色を見るように、舌もチェックeyeすると違いが

分かるようになるとのこと。

唾液が少ないと、飲み込みにくくなったり、胃が悪くなったり

それがもとで便秘になったりすることもあるそうです。

唾液腺マッサージは、出にくくなった唾液腺を開くことが

できる簡単なマッサージです。

Img_0019

舌下腺・顎下腺・耳下腺をゆっくり指で刺激すると、口の中で

唾液がでてくるのが分かります。

飲み込みの力が落ちると、むせやすくなり、病気や怪我で

寝たきりになると歯周病菌が気管から入り誤嚥性肺炎の

原因になるそうです。

Img_0032

飲み込む力を鍛えるのは、おしゃべりや歌がいいそうです。

一人暮らしなどで話す機会が少ない人は歌notesですねhappy01

故郷の空と村の鍛冶屋を脳トレを入れながら歌いました。


Img_0035

歯周病を防ぐ・歯周病菌を増やさないための歯みがきを

習いました。

歯ブラシはやわらかいもので、歯磨き粉はつけずに、

1本ずつ歯と歯茎の境目をゆっくりマッサージするように

みがくといいそうです。入浴のときやテレビを見ながら

行うとゆっくり磨けておすすめだとかflair



最後に部分入れ歯や入れ歯の保管・お手入れ法をについて

学び、今日の講座は終了です。

黒田節体操でロコモを予防して、正しい歯みがきで

歯周病を予防すると健康長寿間違いなしsign03かもwink

参加のみなさんお疲れさまでした。

Sline09b


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に、健康づくり情報が掲載されています。

  お問い合わせは、城南区衛生連合会事務局まで

     mail   jonan-eiren@cap.bbiq.jp

         telephone    092-831-4207

2016年2月24日 (水)

健康づくり「サポーター養成教室」第4回目

2月17日(水) cloud


健康づくりサポーター養成教室も4回目となりました。

今日のテーマは、認知症予防のための運動と

黒田節体操です。

健康科学研究所 松原建史先生の講話では

認知症とは?、認知症予防のための運動として

自分で取り組める運動を学びました。

Img_0004

最近の研究では、脳の中の海馬は加齢に伴って萎縮していく

ばかりではなく 、運動することで大きくなることが分かって

きたそうです。

全身持久力を高める(海馬を大きくする)運動の3条件として

〇有酸素運動

〇週に150分以上(ちょこちょこ運動でもOK)

〇ニコニコペース

とのこと。ステップ運動は、季節や天候に関係なく室内で

気軽に行うことができるので、おすすめだそうです。

Img_0006_3

Img_0010_7 

ストレッチの後は、音楽に合わせて脳トレと運動を

行います。

Img_0023_3

まずは音楽に合わせて足踏みnote
 Img_0026

右手のグーrockと左手のチョキscissorsでカタツムリsnailを作り、

合図に合わせて右手と左手を入れ替えます。

変わった直後は、うまく入れ替えられず笑いが出ますhappy01

 

Img_0031
だんだん動きも複雑に、みなさん真剣な表情ですねsign01


休憩のあとは、2ヶ月ぶりの黒田節体操です。

城南区地域保健福祉課の森口運動指導士を講師に

前回の復習notes通しで体操をすると、忘れていた部分も

思い出してきます。

Img_0037_2 
手先足先、目線まで意識すると揃って素敵ですsign01

Img_0038  

スクワットの姿勢もきれいshineですね。

Img_0044


難しい3番の槍のポーズもバッチリ決まっています。


披露する班と観賞する班に分かれて発表会を実施。

緊張感の中、皆さんほぼ完璧に披露できました。


手足を大きくのばしてゆっくり体重移動をすると、

体幹と筋肉トレになっているのを実感します。

健康づくりサポーター養成教室、次回は最終回

大濠公園ウォーキングshoeです。

天候に恵まれますようにconfident

clover  clover  clover  clover  clover  clover



初めての方も見ながらできるsign03

始めよう黒田節体操!!DVDを

無料貸し出ししています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

      mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

           telephone  092-831-4207

2016年2月 2日 (火)

たしま健康講座2015 第4回目

 2月1日(月)raincloud

4回シリーズで開催された、たしま健康講座2015も今回で

最終回ですhappy01



Img_0006
田島校区衛生連合会 長会長のごあいさつでは、

来年度も黒田節体操を取り入れ、できたら小学生と

コラボも考えていて、『おじいちゃんとお孫さん』が

一緒に黒田節体操をするのが目標とのことwink

実現したら微笑ましい光景ですねconfident


今日は、黒田節体操と今年度のテーマの

脳梗塞予防についておさらいです。

Img_0011

今回も引き続き健康運動指導士の斎藤郁磨先生

指導で、始めは脳トレを兼ねたジャンケンゲームを

行いました。手と足と脳を使ってのジャンケンゲームで

体をほぐしたあとは、黒田節体操note

3ヶ月、間が開いたので、皆さん覚えているかなsign02

Img_0013

notesが始まると、はじめはぎこちなかった動作も

思い出すにつれ揃ってきました。時々家でおさらい

していたという声もsign01

Img_0014

ゆっくり手足を伸ばして、体重をかけるといい感じに

筋トレになります。

Img_0024

難しい3番の槍の部分もバッチリ揃ってshineいます。



休憩のあとは校区担当の髙田保健師よりこれまで学んだ

脳血管障害について、出血性(脳出血・クモ膜下出血)と

虚血性(脳梗塞・一過性脳虚血発作)があること、

その中でもテーマであった脳梗塞についておさらいを

しました。

Img_0002_2

脳梗塞の初期症状について、脳梗塞の中でも症状が

軽く、見落としがちで後々危ない一過性脳虚血発作の

症状をもう一度学びました。

・(多くは)片側だけ、手足がしびれたり、違和感がある

・急に手の力が抜ける

・めまいがして、フラフラする

・ろれつがまわらなくなる

・人の話を聞いているのに、何の話か分からなくなる

・物が二重に見える

・字を書くと震えて書けない

これらの症状は、一過性脳虚血発作かもしれません

あれっと思っても、少し時間が経つと元に戻ったり

するそうです。


あれっ?もしかしたら?と思うことが大事

すぐに病院へ行きましょうsign01


あれっsign02と思ったときの簡単な動作確認も学びました。

Img_0030

Img_0032

最後に長会長より、昨年春cherryblossom、この健康講座から発足した

ニコニコジョギングクラブについて紹介がありました。

月に2回(第2・4月曜日10時から)、スロージョギング発祥の

福岡大学スポーツ科学部から講師の先生に来てもらい、

スロージョギングのほかにも脳トレや体力測定、いろいろな

運動を学ぶことができ、認知症・ロコモ・生活習慣病の予防に

つながるとのことflair

興味がある方は、お気軽にどうぞとのことです。



Sline07b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

 

2015年12月18日 (金)

健康づくり「サポーター養成教室」第3回目

12月16日(水)cloud

5回シリーズで始まった教室も今日で3回目です。

今日のテーマは、ロコモティブシンドローム(運動器

症候群)についてsign01

Img_0018 

講師は、健康運動指導士の松原建史先生です。

Img_0023 

7つのロコチェックで当てはまるところはありませんか?

チェックが1つでも付いた方はロコモかも!?

ロコモの大きなひとつの原因について、

活動量の低下→心血管系などの各臓器の機能低下→

全身機能の低下→活動量の低下→筋肉を動かさない

→運動器の機能低下→活動量の低下・・・とグルグル

負のスパイラル状態になっていくそうです。

動いて筋肉を維持することが健康寿命をのばすコツですね。

Img_0027

介護が必要になった原因には、脳卒中・認知症・高齢による

衰弱・関節疾患・骨折転倒・・・といろいろありますが、

その中の81.5%を1種目の運動で予防できる可能性が

高いことが最近の研究で分かってきたそうです。

その運動とは・・・みなさんご存知のステップ運動とのこと。

家の中で気軽に取り組めますね。

ストレッチの後に、ロコトレ(ロコモーショントレーニング)を

学びました。

Img_0033 Img_0040 

休憩のあとは、黒田節体操を区地域保健福祉課

生き活きスタッフ 森口運動指導士から習います。

Img_0047            肩甲骨を引き寄せるようにsign01

動作についての注意や、何を意識したらいいのかを

ピンポイントで分かりやすくflair教えてもらい、初めての方も

30分で3番までマスターしましたscissors

皆さん集中して体を動かしたので、暑い暑いsweat01と上着を

脱ぐ人が多かったです。

Img_0050           横の移動は四股を踏む気持ちでsign01

Img_0052        前の足に体重をかけて視線は扇子にsign01

Img_0086        後ろの足に体重をかけて狙いを定めるようにsign01

Img_0081

   

最後に1番から4番まで通して体操しました。

どこに効いているのか意識しながら大きく体を

動かすとロコモ予防にとてもいい体操ですhappy01

口ずさみながらnotesできるので取り組みやすいですね。

楽しかった~、汗かいたよ等々の声の中、

今日の教室は終了しました。

みなさんお疲れさまでしたwink

次回は2月17日です。寒い日には、室内で黒田節体操と

ロコトレsign03 忘れずに続けましょうね~rock



Sline02b


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、福岡市城衛生連合会事務局まで

      mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

        telephone   092-831-4207