プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

健康づくり「サポーター養成教室」 Feed

2016年10月21日 (金)

28年度 健康づくりサポーター養成教室①

平成28年10月19日(水)cloud

ようやく涼しくなり、ウォーキングに良い季節となりました。happy01

今年度も、健康づくり「サポーター養成教室」が始まりましたsign01

この教室は、地域での健康づくりをより推進・支援していけるように、

健康づくりのサポーターを5回シリーズで養成する教室です。

第1回目は、市民センターで行われました。

加留部会長のあいさつからスタートです。

Img_0051 

今回の受講者は、38名です。

第1回目の講師は、健康科学研究所の健康運動指導士

 前田龍(とおる)先生です。

Img_0059

まずは『健康づくりの三本柱』をテーマにプロジェクターを

使ってお話をしていただきました。

車や電化製品などで生活が便利になってきた現代は、

人間の活動量が減っているため、運動を心がける必要

があります。

でも、きつい運動したり、長く運動する必要はなく、

普段の生活の中で「ちょこちょこ運動」すればよいそうです。confident

・自分のことは自分でやる

・電車やバスは立って待っておく

・買い物の行きがけは遠回りする

・2階までなら階段を使う    ・・・等々

ちょこっと活動量を増やすことを意識してみましょう。

Img_0058

講話の後は、下半身のストレッチをして

Img_0068

お隣の西の堤池

へウォーキングにでかけました。

Img_0071

一周普通に歩いた後、歩く姿勢や歩き方について

説明を受けました。

目線はまっすぐに

少し前傾して

歩幅を広げる(膝の具合と相談しながら)

と、効果的に歩けるとのことでした。

意識しながら、もう一周。

 

Img_0077_2

ニコニコペースで歩くことが重要なので、

西の堤池を1周して脈拍を15秒間測ってみました。

Img_0083 

みなさん身も心もリフレッシュされたようで、朗らかな

様子で、市民センターに戻ってこられました。

最後にストレッチをしっかりして解散です。

Img_0089_2

受講者のみなさんお疲れさまでした。

Sline11_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年4月 1日 (金)

健康づくり「サポーター養成教室」第5回目

3月16日(水)suncloud


10月から始まった健康づくり「サポーター養成教室」

今回で最終回です。

今日は、これまで学んだにこにこペースを実践するために

大濠公園ウォーキングを行います。

Img_0003

全回を通してお世話になった健康科学研究所の松原建史先生

講話も今日が最後です。

わかりやすく、ユーモアを取り混ぜたお話は、受講者さんに

大好評でした。

Img_0005

Img_0008

講話の後はストレッチで準備運動をして、大濠公園に出発shoedash

Img_0016

薄曇でウォーキングにはちょうどいい気温です。

大濠公園に到着後は各々のニコニコペースで

歩きます。

Img_0024

5分ほど歩いたところでまずは自分の脈拍チェックheart02

 

Img_0028 
自分の脈拍と体感でペースを決めて1周します。

Img_0029
みなさん、にこにこhappy01話も息も弾ませながら楽しくnote

歩かれています。

楽しいことが長続きする重要ポイントflairですね。

Img_0035
柳の新芽も風に揺れています。

寒い冬snowともお別れですねhappy01

Img_0038

保健所までの帰りも和気あいあいと揃って歩きます。

Img_0041

Img_0045

整理運動のあとは、修了式です。


今回5回を通して皆勤された受講者さんは24名sign03

惜しくも皆勤できなかった受講者さんは12名でした。

学んできた健康づくりを、これからは健康づくりのサポーター

として地域や校区のみなさんと一緒に楽しんで盛り上げてup

いただけたらと願っていますhappy01


Sline09b 


みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 福岡市城南区衛生連合会事務局まで

        mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

                telephone   092-831-4207 

 

2016年2月24日 (水)

健康づくり「サポーター養成教室」第4回目

2月17日(水) cloud


健康づくりサポーター養成教室も4回目となりました。

今日のテーマは、認知症予防のための運動と

黒田節体操です。

健康科学研究所 松原建史先生の講話では

認知症とは?、認知症予防のための運動として

自分で取り組める運動を学びました。

Img_0004

最近の研究では、脳の中の海馬は加齢に伴って萎縮していく

ばかりではなく 、運動することで大きくなることが分かって

きたそうです。

全身持久力を高める(海馬を大きくする)運動の3条件として

〇有酸素運動

〇週に150分以上(ちょこちょこ運動でもOK)

〇ニコニコペース

とのこと。ステップ運動は、季節や天候に関係なく室内で

気軽に行うことができるので、おすすめだそうです。

Img_0006_3

Img_0010_7 

ストレッチの後は、音楽に合わせて脳トレと運動を

行います。

Img_0023_3

まずは音楽に合わせて足踏みnote
 Img_0026

右手のグーrockと左手のチョキscissorsでカタツムリsnailを作り、

合図に合わせて右手と左手を入れ替えます。

変わった直後は、うまく入れ替えられず笑いが出ますhappy01

 

Img_0031
だんだん動きも複雑に、みなさん真剣な表情ですねsign01


休憩のあとは、2ヶ月ぶりの黒田節体操です。

城南区地域保健福祉課の森口運動指導士を講師に

前回の復習notes通しで体操をすると、忘れていた部分も

思い出してきます。

Img_0037_2 
手先足先、目線まで意識すると揃って素敵ですsign01

Img_0038  

スクワットの姿勢もきれいshineですね。

Img_0044


難しい3番の槍のポーズもバッチリ決まっています。


披露する班と観賞する班に分かれて発表会を実施。

緊張感の中、皆さんほぼ完璧に披露できました。


手足を大きくのばしてゆっくり体重移動をすると、

体幹と筋肉トレになっているのを実感します。

健康づくりサポーター養成教室、次回は最終回

大濠公園ウォーキングshoeです。

天候に恵まれますようにconfident

clover  clover  clover  clover  clover  clover



初めての方も見ながらできるsign03

始めよう黒田節体操!!DVDを

無料貸し出ししています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

      mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

           telephone  092-831-4207

2015年12月18日 (金)

健康づくり「サポーター養成教室」第3回目

12月16日(水)cloud

5回シリーズで始まった教室も今日で3回目です。

今日のテーマは、ロコモティブシンドローム(運動器

症候群)についてsign01

Img_0018 

講師は、健康運動指導士の松原建史先生です。

Img_0023 

7つのロコチェックで当てはまるところはありませんか?

チェックが1つでも付いた方はロコモかも!?

ロコモの大きなひとつの原因について、

活動量の低下→心血管系などの各臓器の機能低下→

全身機能の低下→活動量の低下→筋肉を動かさない

→運動器の機能低下→活動量の低下・・・とグルグル

負のスパイラル状態になっていくそうです。

動いて筋肉を維持することが健康寿命をのばすコツですね。

Img_0027

介護が必要になった原因には、脳卒中・認知症・高齢による

衰弱・関節疾患・骨折転倒・・・といろいろありますが、

その中の81.5%を1種目の運動で予防できる可能性が

高いことが最近の研究で分かってきたそうです。

その運動とは・・・みなさんご存知のステップ運動とのこと。

家の中で気軽に取り組めますね。

ストレッチの後に、ロコトレ(ロコモーショントレーニング)を

学びました。

Img_0033 Img_0040 

休憩のあとは、黒田節体操を区地域保健福祉課

生き活きスタッフ 森口運動指導士から習います。

Img_0047            肩甲骨を引き寄せるようにsign01

動作についての注意や、何を意識したらいいのかを

ピンポイントで分かりやすくflair教えてもらい、初めての方も

30分で3番までマスターしましたscissors

皆さん集中して体を動かしたので、暑い暑いsweat01と上着を

脱ぐ人が多かったです。

Img_0050           横の移動は四股を踏む気持ちでsign01

Img_0052        前の足に体重をかけて視線は扇子にsign01

Img_0086        後ろの足に体重をかけて狙いを定めるようにsign01

Img_0081

   

最後に1番から4番まで通して体操しました。

どこに効いているのか意識しながら大きく体を

動かすとロコモ予防にとてもいい体操ですhappy01

口ずさみながらnotesできるので取り組みやすいですね。

楽しかった~、汗かいたよ等々の声の中、

今日の教室は終了しました。

みなさんお疲れさまでしたwink

次回は2月17日です。寒い日には、室内で黒田節体操と

ロコトレsign03 忘れずに続けましょうね~rock



Sline02b


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、福岡市城衛生連合会事務局まで

      mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

        telephone   092-831-4207

2015年10月28日 (水)

健康づくり「サポーター養成教室」第1回目

10月21日(水)sun

mapleですsign01健康づくりにもってこいの季節になりましたねhappy01

今年度も、健康づくり「サポーター養成教室」が始まりましたsign03

地域での健康づくりをより推進・支援していけるように、

健康づくりのサポーターを5回シリーズで養成する教室です。

第1回目の今日は、市民センターでスタートhappy01

Img_0001                    加留部会長ごあいさつ

今回の受講者は、校区推薦の方も含めて39名です。

Img_0006

講師は、健康科学研究所の健康運動指導士

 松原建史先生です。

今日は『健康づくりの三本柱』をテーマにプロジェクターを

使ってお話をいただきました。

Img_0012
運動するぞsign01がんばるぞsign03と決意しなくても、日々の生活の中で

ちょこちょこ運動」することが無理なく続けるコツのようです。

自分なりのルールを作るのも手とか、例えば・・・

shoe自分のことは自分でやる

shoe買い物の行きがけは遠回りする

shoe2階までなら階段を使う    ・・・等々

昔スポーツやってたからという思い込みは要注意sign01

今から始めて運動習慣を身につけることが、将来の

健康維持upにつながるそうです。

いつやるの?今でしょsign03と昨年から聞き慣れたフレーズに

みなさん首を縦に振っていますhappy01 

Img_0015                  体側のストレッチ

Img_0019                  下半身のストレッチ

ストレッチをして、ウォーキングの姿勢や歩き方等

簡単な説明を受けた後は屋外でニコニコペースの

実践をしました。

Img_0026

Img_0033

隣接する西の堤池を1周して脈拍を測ってみます。

Img_0046                    15秒間の脈拍測定

自分のニコニコペースはどれくらいかを体感して

意識しながら2周目を歩き、再度脈拍を測定します。

Img_0039_2

個人個人ペースが違うことを実感しました。

軽く汗ばむようないい気候で、身も心もリフレッシュsign03

Img_0053

Img_0055

室内に戻って、整理体操をし、今日の教室は

終了です。

受講者のみなさんお疲れさまでしたhappy01paper

Sline09a

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問いあわせは、城南区衛生連合会事務局まで

       mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

             telephone092-831-4207

 

 

2015年4月 1日 (水)

健康づくり「サポーター養成教室」第5回目

 3月18日(水)rain

今年度の健康づくり「サポーター養成教室」は今日で第5回目、

最終回です。

歩数計のデータ転送も今日で最後です。

Photo_5

パソコンにデータを転送することで、毎日の記録やグラフ、

曜日や時間帯でどれくらい歩いているか等、歩数計毎に印刷

できるので、成果が見て分かりやすく好評でした。    

    

今日の予定では、今まで学んだニコニコペースの集大成として

大濠公園ウォーキングを計画していましたが、降り続く雨rain

断念weep、急きょ室内運動に変更しました。

講師は健康運動指導士の松原建史さんです。

まずはストレッチで体をのばします。

Img_0008                         肩のストレッチ

Img_0013

                      足のストレッチ

ストレッチの次は、簡単な脳トレで、体も頭もほぐします。

Img_0018

交差した手で鼻と耳をつまみ、合図に合わせて手を

入れ替えます。簡単なようで結構難しく、「あれー!?」とか

いう声に皆さん笑みhappy01がこぼれます。

続いて軽快な音楽に合わせて有酸素運動

(エアロビクス)です。

Img_0021

簡単な動きからだんだん複雑な動きへ。

テンポnoteも速く息が弾みます。

Img_0027 

10分ほど動かした後、脈拍を測り自分のニコニコペースと

比べてみました。動作の大小である程度きつさを

調整できるそうです。

Img_0032 

お疲れさまのストレッチをしてお別れ前のレクリエーションsign01

Img_0039

歌いながら隣の人とスキンシップ、息を合わせタイミングを

図るゲームをしましたhappy01

5回に渡り学んできたので、仲間意識も芽生えますね。

最後は、5カ月間、毎日の平均歩数が1万2千歩以上の

3名にがんばったで賞shine皆勤賞shine参加賞など

修了式で喜びを分かち合いました。

次は地域や校区の健康づくりでサポータとして

参加している皆さんにお会いできることを楽しみに

していますwinkscissors

    

Sline04a     

      

 皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

       mailjonan-eiren@cap.bboq.jp

              telephone092-831-4207

    

2015年2月20日 (金)

健康づくり「サポーター養成教室」第4回目

2月18日(水)cloudsun

健康づくり「サポーター養成教室」も今回で4回目です。

2か月ぶりということもあり、受付を済ませた受講者さんも

「元気だった?」「元気、元気!山登りに行ったよ~」と話も

弾んでいます。    

今日の内容は、黒田節体操とニコニコペースのウォーキングです。

城南区地域保健福祉課の生き活きスタッフ、森口さんから

11月に習った黒田節体操のおさらいをします。

まずはストレッチで準備体操をしました。

Img_0001

Img_0004

3か月ぶりの黒田節体操みなさん覚えているかな?

Img_0011

森口さんのリードでだんだん思い出して、動きも決まってきました。

Img_0029

難しい3番の槍のポーズもバッチリshineです。

自身の体力に合わせて動きを調節できるので、将来の寝たきりを

予防するために覚えて実践するといいですね。    

続いて、ニコニコペースのウォーキングです。

講師は健康科学研究所の前田先生です。

前回は荒天のため西南の杜湖畔公園に行くことができなかったので、

今日は草香江から城南線を通り、塩屋橋を渡って保健所に戻る

2.4キロコースを自分のニコニコペースで歩きます。

Img_0036 

市政だよりの取材で参加の職員さんと受講者さんも

話が弾んでいるようです。

話せるきつさがニコニコペースでしたねhappy01

Img_0041

ゴールの保健所入り口で脈拍チェックheart02をします。

Img_0037

自分のニコニコペースと比べてどうでしょうか?

ウォーキングを日課として歩き慣れている方はかなり

速いペースでも平気そうです。

Img_0052

最後に整理体操のストレッチをして今日の教室は終了です。

来月はいよいよ最終回sign03 大濠公園ウォーキングです。

これから寒さが緩むと花cherryblossomの便りと共にウォーキングが楽しくnotes

なりますね。

受講者のみなさん、お疲れさまでした~happy01    

Sline05b

    

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは

   福岡市城南区衛生連合会事務局まで

    telephone092-831-4207

     mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

 

2014年12月24日 (水)

健康づくり「サポーター養成教室」第3回目

12月17日(水)cloudsnow

健康づくり「サポーター養成教室」も第3回目となりました。

転送した歩数計の測定記録と11月分の集計レポートを印刷し

健康づくりの資料memoとして個人ごとに配付しました。

下記をクリックしてご覧ください。

測定記録(例)  集計レポート1(例)  集計レポート2(例)

この資料から歩数、歩行距離、歩いている時間帯や曜日別の

運動量などさまざまなことがわかります。

自分のがんばりが数値に出るので達成感が味わえますscissors

今日は、おなじみ健康運動指導士の松原建史先生の指導で

これまで学んだニコニコペースのウォーキングを実践するため

西南杜の湖畔公園まで往復4.6㎞を、歩く予定でしたが、

この冬1番の寒波到来snowで台風typhoon並みの強風のため断念weepしました。

無理をしないことも健康づくりの大事なことですcoldsweats01

まずは上半身からストレッチ。ゆっくりリラックスをして

伸ばしていきます。寒さでどうしても前かがみになって

肩が緊張しています。

Img_0002

続いて下半身のストレッチ

Img_0004

 ストレッチで全身の血行が良くなり温まってきました。

次は簡単な脳トレです。両手で10まで指を折りながら数を

数えます。簡単sign01簡単sign03

Img_0009

少し難易度を上げ、片手の親指を折った状態で同じように

指を折りながら10まで数えます。あれsign02

10数え終わったらなぜだか両手が同じ状態の人が続出happy01

何度やっても折り返しのところで混乱してしまい、なかなか上手く

いきません。上手くいかない人の方が脳が活性化されて脳トレに

なるとのことで皆さんよかったと大笑い。

次回までの宿題となりました(笑)

身も心も温まったところで、会場横の西の堤池を常時心拍数heart02

表示する腕時計をつけて自分のニコニコペースで歩きます。

Img_0017

強風で池も波立ち、油山も色がなく寒々として見えますね。

Img_0011

始めは寒くても一旦歩きだすと寒さが気になりません。

Img_0015

1周700メートルの池を歩き2周目になると体がぽかぽか

してきましたwink

それぞれ体力に合わせて2~3周し、ニコニコペースを確認しました。

休憩後は二人一組になって、肩こりをやわらげる筋トレや、首の張りを

やわらげるツボ押しを学びました。

Img_0023

Img_0032 Img_0034 

 最後は膝痛予防の膝周りの筋肉を鍛える簡単な

運動を学びました。

Img_0036

毎日少しずつでも、動かすことが筋力低下を防ぐことになります。

次回の教室は2月18日です。

いよいよ寒さも本格的になります。無理せず、楽せず

健康づくりを楽しみましょうup

Sline09b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、城南区衛生連合会事務局まで

      telephone092-831-4207

      mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

 

2014年11月26日 (水)

健康づくり「サポーター養成教室」第2回目

11月19日(水)sun

今日は、健康づくり「サポーター養成教室」5回シリーズのうち

第2回目です。

会場を城南市民センターに移して、黒田節体操と隣接した

西の堤池周回コースを使い、自分のニコニコペースを実践で

学びます。

Img_0005 

地域保健福祉課生き活きスタッフの森口さんのリードで

ストレッチsign01

Img_0012

続いてロコモ予防に最適な黒田節体操を学びます。

Img_0022

この体操は、ゆっくりとした体重移動で下半身に負荷がかかり

自分の体力に合わせて調整することができるので、

大きく動けば、より下半身や体幹を鍛えることができます。

Img_0032

皆さんスクワットの動作もバッチリshineですsign03

Img_0039 

仕上げでは、2班に分かれて披露しあいました。

短時間のうちにマスターして、お互い拍手happy01で終了です。

 maple    maple    maple    maple    maple    

Img_0041               講師:松原建史健康運動指導士 

休憩のあとは、前回学んだニコニコペースを実際に

歩いてみて体感します。

Img_0048_2

青空と美しい紅葉で池の周りのウォーキングコースはとても

気持ちよかったです。

Img_0056

Img_0060

1周歩いたところで脈を測り、自分のニコニコペースとの

違いでどれくらいの運動強度がちょうどいいかを体感しました。

Img_0059

おしゃべりはできるけど、軽く息が弾むくらいがちょうど

いいようです。

2周目は、自分のニコニコペースと比べ、脈拍が多かった人は

少しゆっくり、足りなかった人は少し早めに歩いてみます。

教室に戻り、二人一組で体を柔らかくするストレッチを

学びました。

Img_0063

Img_0067

使ったところをストレッチして、今日の教室は終了です。

次回は12月17日(水)西南杜の湖畔公園までウォーキングを

実践します。

参加者のみなさん、歩数計意識しましょうねwink

Sline05b

皆さんのお手元に届く、市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     telephone092-831-4207

     mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

 

      

2014年10月20日 (月)

健康づくり「サポーター養成教室」第1回目

 10月15日(水)sun

さわやかな秋ですhappy01

城南区衛生連合会が毎年主催している健康づくり

「サポーター養成教室」も8年目となり、今日は5回シリーズの

第1回目を開催しました。

市政だよりや募集チラシ等を見て、受講を希望された方

38名と一緒に、3月までウォーキングやストレッチ、黒田節体操

等、実践を交えて学んでいきます。

Img_0002 

会長挨拶の後、健康運動指導士の松原建史先生の指導で

ストレッチを学びました。

Img_0008

Img_0012

Img_0019 足の向きが違うと筋肉が伸びません。

正しく効果的なストレッチをいろいろと学ぶことができました。

Img_0021 

続いて簡単な脳トレsign01だんだん難しくなってくると手元も

怪しくなり、みなさん笑いhappy02が出ます。

ニコニコペース運動って?資料を見ながら自分の年齢から

計算して平常時の脈拍を測ってみました。

Img_0023

楽でもなく、きつくもなく、ややきつい。そのペースが健康に一番

よいとのことです。

無理してがんばり過ぎたり、正しい姿勢でウォーキングをしないと

かえって体を痛める原因になることもあります。

Img_0026

自分の歩く癖を知るために、目を閉じて大きく50歩その場足踏みを

してみます。体傾きや両足のバランスが違う人はだんだん向きが

変わったり前後に動いたり・・・目を開けるとあらあら違ってる~と

みなさんびっくりsign01なんてことも。

正しいウォーキングの姿勢を学んだあとに意識して歩いてみます。

Img_0033

Img_0036

背筋が伸びてスムーズな足運びになったような感じです。

後ろ足の蹴りだしを意識すると自然に歩幅が大きくなります。

パソコン転送でデータ管理ができる歩数計を皆さんに

貸し出して約5カ月の間、健康づくりに取り組んでもらいます。

はじめからがんばり過ぎると後が続かないので、ちょこっとずつの

積み重ねを意識すると長続きするとのこと。

楽しくnote健康づくりに取り組みましょうねwink

次回は11月19日(水)城南市民センターです。

ニコニコペースの実践とロコモ予防に黒田節体操を学びます。

Sline05b

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、自治協だより等に

健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは城南区衛生連合会までhappy01

         telephone092-831-4207

         mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp