プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

田島校区 Feed

2017年11月27日 (月)

田島校区 認知症の方への対応、認知症予防の食事

平成29年11月20日(月)sun

今年度、田島校区では「ストップ・ザ・認知症」

と題し、さまざまな専門家から認知症予防に

ついて学ぶ講座を開催しています。

3回目となる今回は、前半はケアマネージャー

の先生から、認知症サポーター養成講座として

認知症の方への対応方法を、後半は管理栄養

士の先生から食事について学びました。

本日の講師前半は、ケアマネージャーの上坂

(かみさか)先生と松原先生です。

Img_0015

 

まずは、認知症が発生するしくみについて

学びました。

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気だそうです。

脳の細胞の一部が壊れると、脳に障害が起こり、

物や人の名前がわからない、人との関係性が

わからない、段取りがわからない等の問題が発生

してしまうそうです。

 

認知症になってしまったからといって、その人が

別の人になってしまったわけではないそうです。

講座を通して、正しい知識を持ち、支える手立て

を知って、認知症の人やその家族を見守り支え

ていくことを目指しているそうです。confidentheart01

認知症の代表的な症状として、物取られ妄想

行動障害があるそうです。

物取られ妄想とは、物を置いた場所を忘れ

てしまうので、取られたのだと思ってしまう

そうです。

対応としては、一緒に探す、ない(ものを探さ

なければならない)場合は、外に出たりして

気分転換させながら、取られたということを

忘れさせるとよいそうです。

行動障害の主なものに、徘徊があります。

本人は目的を持って出かけているので、

それを理解して見守ることが大切だそうです。

shineshine

また、認知症の人が食事を食べたことを忘れ

食べてないと言ってくる例に対する対処法

ついて、保健師さん(認知症役)と松原先生

(対応者役)のロールプレイングで学びました。

Img_0022

まずは、悪い例です。 

認:「ご飯をまだ食べてない」

対:「さっき食べたでしょ!」「○時に食べたでしょ!」

と食べたという事実を言い張り続けました。

そうすると、二人ともどんどん嫌な気分になり、

怒り出して喧嘩になってしまいました。

shine

次は良い例です。

ポイントは、相手の気持に寄り添い、事実とは

違うけれど、共感してあげることだそうです。

対:「食べてないからおなかがすいたね。」

対:「私もおなかがすきましたよ。」

と言うと、認知症の人はわかってくれたと安心し、

認:「そうでしょ。おなかすいたよね。」

となるんだそうです。そして、

対:「ではちょっとお菓子でも食べましょうか。」

認:「ご飯前に食べたらご飯入らないかもよ。」

対:「少しくらいなら大丈夫ですよ。」

認:「そうね、少しなら大丈夫だね。」

そして、

対:「外に行きましょうか。」

対:「どこのご出身でしたっけ?」

というふうに、話を逸らしていくと気分も落ち着い

てきて、ご飯を食べてないと言ったことを忘れて

しまうんだそうです。

shineshine

次は、認知症と思われる人が外を歩いている

場合(徘徊者へ)の声のかけ方の例です。

・どこから来ましたか?

・何かお困りでしょうか?

・どこに行かれますか?

と聞くとよいそうです。

そのときに、声をかける位置に注意が必要だそうです。

必ず認知症の人の正面か斜め前に立って声をかけて

くださいとのことです。

そして、自分ひとりでは対応できないときは、警察に

連ていってあげたり、近所のケアセンターや公民館

などに声をかけてみるのもよいそうです。

『認知症の人に接する心構え』としては、

1.驚かせない

2.急かさない

3.自尊心を傷つけない

そして、「認知症だからといって、

すべてすぐ忘れているわけではない

人が人の杖になれると思って接して

くださいとのことでした。confidentheart01

shineshine

続いて、管理栄養士の仁木先生による認知

症予防の食事についてです。

まずは、普段の食事について先生が質問

することに挙手で答えていきました。

「毎日3食食べている人」

「2日に1回はお魚を食べている人」

「お野菜をたくさん取っている人」など。

結構どの項目も手が挙がっていたので、

今日来られたみなさんは食事の心配はなさ

そうですsign01

Img_0033

認知症予防=脳によい食事ということで、

万遍なく栄養を取ること、更にビタミンACE、

お魚に含まれるDHA,EPAは更にしっかり

取るとよいということで、考えられた献立が

コチラです。wink

 ・煎り黒豆ご飯

 ・魚の焼き南蛮漬け

 ・くるみ和え

 ・きのこ汁

 ・かぼちゃプリンImg_0045_2

作り方はこちら  作り方1   作り方2

 

みんなそろったところで、試食タイムです。smile

予定よりも参加人数が多かったため、量は

1人前より若干少なめとなっています。Img_0038お食事を準備してくださったのは、田島校区

食進会のみなさんです。

いつもありがとうございますsign03happy01

わいわいお話しながら、楽しくおいしくいただ

きました。delicious

 

認知症についての理解も深まり、具体的な

対応も学べたので来てよかったという感想が

ありました。

お困りの方がいたら、声をかけあって支えて

いけるようになるといいですね。confident

Line04

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年9月25日 (月)

田島校区 認知症予防の運動その1

平成29年9月18日(祝)sun

健康講座ストップ・ザ・認知症の第2弾で、

認知症予防となる運動を学びました。

3連休の最終日でしたが、多くの出席が

ありました。happy01

講師は、健康運動指導士の松永先生です。Img_0076

認知症予防には脳を使うこと。

例えば・・・ということで、まずは普通に両手

を組んでみて、次はその逆手に両手を組ん

でみました。

「あれ、何か変な感じがしますよね。それっ。

何か変。そう思うことがもう脳を使ってます!」

と先生。

更に『体を動かす、声に出すを同時に行う』と

脳にとってもいいのでやってみましょう!

ということで、一・二・三・四・・・と数えながら

親指から指を折りながら数えていきました。 

Img_0077

数える指を右手は親指から、左手は小指か

らに変えたときは、なんとかついていけて

ましたが、手の指・声だしに加え、足踏みが

加わったら大混乱。あれっ?あれっ?となる

方続出で声出しが小さくなりましたが、

「気にせんでよかですたい!わたし以外、

誰もみとらんですけん。」

と先生が言われると大爆笑。

その後の運動もリラックスして行うことが

できました。smile 

shine

休憩の後、10名ほどの輪になって、パンパン

と手をたたいてリズムをとりながら、シリトリを

しました。

リズムに乗って答えることは結構難しく、

答えにつまったりもしましたが、まわりで教え

あったりたりして楽しく過ごしました。

Img_0090

最後に、認知症予防の運動としてラダー運動

を行いました。 

田島校区では健康づくりの自主グループとして

「にこにこジョギングクラブ(略して「にこジョグ」)」

というものがあり、ラダーは、そこでも取り入れら

れている運動です。

何番目のときは足をラダー(はしご)の外に出す

とか、ルールを決めてケンケンパのように

進みます。1人だとすぐ飽きてしまいそうですが、

みんなでやると「次はこういうルールでやってみ

よう!」とか「あ~間違ったぁ。」「難しいわぁ。」

「ここに気をつけたらきっとできるよ!」などなど

会話も自然に弾み、楽しみながら脳トレできますnote

今日は、にこジョグに入っている方がみなさんの

指導をしてくださいました。

Img_0102

「にこにこジョギングクラブ」情報ですsign01

認知症予防の運動や講話・スロージョギング®

などに取り組んでいます。

 活動場所:田島公民館

 活動日時:毎月第2・4月曜 10時~12時

 会費:1000円/月(講師謝礼など

です。

本日早速入会された方もおられ、運動で

認知症を防ぐ活動の輪が、広がっていって

いるの見ることができうれしく感じました。confident

shineshine

田島校区のストップ・ザ・認知症はまだまだ

続きます。

第3回は、11月20日(月)10時~12時

    認知症予防の食事・

        認知症サポーター養成講座

      (試食付きです!)

第4回は、来年2月19日(月)10時~12時

    認知症予防の運動!その2

です。みなさん、どうぞお越しくださいね。wink

Line09

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年6月21日 (水)

田島校区 医師講演会「認知症の診断と治療」

平成29年6月19日(月)sun

田島校区では、今年度「ストップ・ザ・認知症」

テーマに4回講座を行います。

第1回目は、福岡大学病院副院長神経内科の

坪井先生による講演会でしたsign01

Img_0006

認知症についての関心はすごく高く、70名を超える

方が講演会に来られました。uphappy01

Img_0008

認知症は、誰にでも訪れるもので、かかったからと

いって、急にその人がその人でなくなるものではない

ですが、一生つきあっていかなくてはならないものだ

そうです。think

認知症の人、家族、介護の人だけでなくすべての

人に知ってもらいたいことは

「ボケても安心して暮らせる社会」だそうです。

早期発見診断してもらい(認知症に見えるけれど

他の病気の可能性もある)、まわりが理解し必要な

ことを助けてあげることで、本人も家族も安心して生

活できるそんな温かい社会になればいいですね。confident

そのために、認知症はどうして起こるのか、どのよう

な症状なのか、そのとき本人はどんな気持・状態に

なるのか、何を手助けすればいいのか、をお話して

いただきました。

shineshine

認知症は、脳が萎縮したり血流が悪くなることが

原因の1つだそうです。進行を進めないためにも、

早期診断が大切であるとのことです。

また、認知症の方は出来事をすっかり忘れてしまう

ので、やっていない・知らないと思ってしまうそうです。

なので、対応する側はこの人は本当にやっていない・

知らないという立場にたって理解してあげた上で、

声かけする必要があるそうです。でも、こちらはやって

いることを見ているわけですから、認知症の方の立場

に立とうと常に意識していないとなかなか難しいですね。coldsweats02

shineshine

福岡大学病院は、九州大学病院とともに福岡市に

よる認知症疾患医療センターに指定されています。

認知症疾患医療センターの役割は、早期診断と早期

治療、認知症の鑑別診断、認知症医療相談等があり

ます。特定機能病院の指定を受けている病院ですので、

地域医療連携のため、紹介状が必要となるそうです。

受診のためには、整形外科等でもいいので、まずは

かかりつけ医から紹介状をもらってくださいとのこと

でした。

shineshine

田島校区では、このあと認知症を予防するための運動や

栄養の講座も開催予定です。次回は9/18です。

詳細は公民館だより等でチェックしてくださいね。happy01

Sline07b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年2月27日 (月)

田島校区 黒田節体操・楽らくリラクゼーション

平成29年2月20日(月)rain

足元の悪い中、60人もの参加者がありました。happy01

今日は、黒田節体操とストレス解消のために役立つことを

学びました。講師は健康運動指導士の斎藤先生です。

まずは、脳トレから。手をぶらぶらとリラックスさせた後、

先生の指示にしたがってグー、パーを出したり、右手は2拍子、

左手は3拍子と左右違う動きをしたりしました。

Img_0032

気を抜くと両手が同じ動きになってしまい、大笑いが起こります。happy02

笑うこともとってもいいんですよね!

脳にたくさん空気が送られてリフレッシュされた気分になりました。wink

shineshine

脳をリラックスさせたら、次は黒田節体操です。人数が多いので2グループに

分かれて練習しました。田島校区では黒田節体操の経験者が多いのですが、

今日が初めてというかたが10名近くおられました。新しく習いたいという方

がたくさん来られると、とってもうれしいですね。heart01

まずは、初めての方のために、経験者が見本を見せました。

Img_0037_2

 先生やまわりの経験者のおかげで初心者がいるグループもすぐに

上手に踊れるようになりました!

Img_0039

体を動かしたので、少し休憩です。

後半は、ラベンダーオイルの心地よいアロマの香りを楽しみながら、

講義を聴きました。まずは、睡眠についてです。

睡眠中はホルモンの分泌や記憶の整理などが行われ、夜10時~2時

のゴールデンタイムと呼ばれる時間帯はぜひ睡眠をとるように心がけて

ください、とのことでした。

Img_0042

かかと付近には、眠りに関するツボがたくさんあるとのことで、

受付でもらった小さいボールを使って、かかとでボールをコロコロ

と転がしてツボを刺激してみました。今晩よく眠れるといいですね。confident

Img_0046_2

リラックスするために、他にも姿勢をよくする方法や呼吸方法

などを学びました。

ストレスがたまったときのため息のつき方にもコツがあるんだ

そうです。「はぁ~」と口を開けるのではなく、「ふぅ~」と口をす

ぼめてため息をつくと、気持ちが落ちすぎず前向きになりやすい

のだそうです。「「はぁ~」「ふぅ~」、あっホント違うねぇ!」という

声がチラホラあがりましたsign01

最後は、人とのふれあいです。肩に手が触れるだけで、相手の

ぬくもりが伝わるだけで、ほっ~とするそうです。

「あっ、温かくて落ち着く!」という感想が聞こえました。

Img_0050

体をしっかりリラックスさせ、また明日からもがんばりましょう!

みなさんおつかれさまでした!happy01 

Sline08b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年11月24日 (木)

田島校区 黒田節体操とヘルシーランチ

平成28年11月21日(月)cloud

たしま健康講座の第3回目は、恒例の黒田節体操と

食進会のみなさんのご協力によるヘルシーランチ

試食会でした。happy01

まずは、黒田節体操からです。

しっかりおなかをすかせましょう!smile

本日の講師は健康運動指導士の斎藤先生です。

Img_0074

軽く準備体操をした後、早速黒田節体操の練習を開始

しました。

参加人数が多かったので経験者・初心者の2チーム

に分かれて練習しました。

まずは、経験者チームから。

手足もピシッと伸びていてかっこよく踊れていましたsign01

Img_0078

Img_0082

続いて初心者チームです。経験者チームの練習を

見ながら一緒に動いていたからでしょうか、みなさん

初めてとは思えないほど上手にできていました。eye

Img_0083

経験者・初心者チームそれぞれ2回ずつ練習した後、

2人組になって肩のストレッチを行いました。

Img_0090

肩もみは、慣れていない方は、指に力を入れて押すので

はなく、手のひら全体を使って押してあげるほうがほぐす

効果が出るんだそうですよ。

shineshine

さあ、運動の後はお楽しみのランチです。restauranthappy02

今日の献立を考えられたのは管理栄養士の三苫先生です。

高血圧にならないための女性の1日塩分所要量は、7g未満

(男性8g未満)です。

7gを3食で割った1食約2.3gに塩分量がなるおいしいメニュ

ーを考えていただきました。

Img_0091

今日のメニューは、

麦ごはん、水菜のお浸し、明太炒り煮、豚肉の重ね蒸し、

豆乳スープ、りんご生姜  でした。

Img_0094

作り方は コチラ →  メニュー1 メニュー2  

調理を担当してくださった食進会の代表の方よりご挨拶を

していただきました。

Img_0093

お浸しは、ゆずの皮が見た目・味・食感のいいアクセント

なっていました。

明太炒り煮は、塊で食べると高塩分となる明太子をつぶ

にばらして使うことにより、旨みとほどよい塩味がにんじん

の甘みをうまく引き立てていました。

豚肉の重ね蒸しも、おみそとニラやごぼうの風味が効いて

おり、お塩を使わなくても全く問題なく食べることができました。

減塩を感じさせないとってもおいしいお料理でしたsign01

みなさんも、おはしが進んでいますね。wink

Img_0098 

結構な量だったのですが、ほとんどのみなさんが完食でした。

食進会のみなさん、ごちそうさまでした。happy01

Sline11_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年9月14日 (水)

たしま健康講座2016 第2回

平成28年9月9日(金)cloud

歯科衛生士大城先生による「お口の健康で脳トレ!」

の講話と、黒田節体操を行いました。

まずは長会長より

「いつまでも元気でおいしいものを食べて

いただくためにこ講座を活用してください」

とご挨拶がありました。

Img_0077 

手鏡を使って舌の観察から始めました。

Img_0083

お口の健康を保つためには、唾液がしっかり出る

ことがとても大切とのこと。wink

あごの下をマッサージして、唾液腺を刺激したり、

Img_0088

舌をまわしたりして唾液がでやすくなる方法を学び

ました。

また、お口を使って簡単にできる脳トレ、それは

歌ったりしゃべったりすることだそうです。寡黙な

男性は、寡黙をやめておしゃべりになりましょう!

と言われ、大爆笑でした。happy02

次は歯周病のお話でした。

Img_0092

歯周病菌が歯ぐきの中に入って歯の骨を食べ続けると

歯がぐらぐらになってきて、物がかめなくなってしまいます。coldsweats02

だから、40歳以上になったら、歯を磨くハミガキから

歯ぐきも磨くハミガキに変えてください!

と力強く訴えておられました。 

歯周病菌は、歯周病だけでなく肺炎も引き起こしてしまう

そうです。bearing

口→食道→胃で死滅してしまう歯周病菌が、寝たきりに

なると胃で死滅せず、胃→食道→肺と移動し肺炎になって

しまうからだそうです。

Img_0093

日ごろから、ハミガキで歯周病菌を減らしておくことが大切

なのですね。confident

では、実際にどうやってハミガキをしたらよいのでしょうか。

歯周病予防のハミガキの仕方を習いました。

(使用した歯ブラシは各人が持って帰れましたよ。present

Img_0097

やわらかめのハブラシで、歯と歯ぐきの境目を1箇所に付き

20回ほど、こちょこちょっとやさしく磨くのがコツだそうですflair

みなさん上手にできていて、先生にほめられていました。wink

最後は入れ歯のお話でした。

入れ歯を作った方は、何回くらい調整に行かれていますか?

だいたい3回くらいであきらめてしまう方が多いのですが、

先生に悪いからとか、あそこは下手だったとか思わないで、

5回以上行ってみて、何回も調整してもらってください

そうしたら、きっとしっくり行きますsign01」とのことでした。

入れ歯の調整って難しいんですね。coldsweats02

 

休憩の後は、黒田節体操でした。

予定していた講師の先生が来られなかったため、

(こんなこともあるんですねぇcoldsweats01sweat01

黒田節を習ったことがある方が急遽リーダーとなり

教えることになりました。

当会の小松理事が中心となり練習開始ですsign01

とても頼もしかったです。happy01heart04

Img_0112

Img_0117

しばらくすると、黒田節体操DVDでおなじみの

健康運動指導士森口先生がピンチヒッターで来て

くださいましたsign03

Img_0122

それぞれの動きが、どこを鍛える運動なのかを

丁寧に教えていただき、みなさんすっかり上手に

踊れていました。

どうなることかと思いましたが、チームワークで

なんなく乗り切ることができましたsign01confident

Sline11_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

 

2016年6月27日 (月)

たしま健康講座2016 第1回

6月20日(月)raincloud

2016年度たしま健康講座が始まりました。第1回目は

『こころとからだに効く!~スロージョギングの極意~』

講師は な・ん・と スロージョギング考案者sign03

福岡大学スポーツ科学部 田中宏暁 教授 ですhappy02

Img_00132_5 

スロージョギングは2009年にテレビの健康番組で

取り上げられたことで注目され、最近皇后様も始め

られたことが話題となり、また注目されています。

田中先生から直々にお話が聴けるとあり、

講座直前に大雨が降ったにも関らず、

大勢の方が参加されましたsign01

Img_00152 

肥満を防いで生活習慣病の予防になり、

脳の海馬を活性化させ、認知症予防にもなるとのこと。eye

また、太もも・お尻・背中の大きい筋肉は

歩くときにはさほど使わず走るときに使うこと、

アキレス腱は走るときにバネの役割をしていることなど

から、人間の体は歩くためではなく走るために元々設計

されていることを説明していただきました。confident

スロージョギングのポイントは

おしゃべりできるニコニコペースで 

Img_00182_4

 

  

  ①足の指の付け根で着地

    (フォアフィット)

  ②歩幅は狭く

  ③背筋を伸ばす

  ④腕は自然に振る

  ⑤呼吸は自然にまかせる

 

これを、1日トータルで30分~60分続ければOKnote

30分続けなくても、小分けでもよいとのことです。

さて、講義も終わり実践です!

Img_0019_3

 先生にコツを教わりながら、みんなで楽しくおしゃべり

しながら、にこにこペースで走りました。

歩幅のペースは15秒で45歩を目安にするとよい

とのこと。

Img_0024 

その後の質問コーナーでは、

「家でする場合など、前に進まなくてもよいか?」

⇒「その場でもOKだが、家では1~2mの範囲で

  6歩進んで、3歩でターンを繰り返す方法がある」

「膝痛やヘルニアがある場合はどうするのか?」

⇒「姿勢をまっすぐにして少しやってみて、

 痛くならないことを確認できればやってもOK。

 痛かったら止めてください」

と回答をいただきました。

 

今回初めて健康講座に参加されたという方も多く、

健康への関心が広がっていることにうれしく思いました。

第2回目は、9月9日(金)『お口の健康で脳トレ!』

若さを保つ噛み方・飲みこみ方や黒田節体操を

行う予定です。happy01

Sline01b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年2月 2日 (火)

たしま健康講座2015 第4回目

 2月1日(月)raincloud

4回シリーズで開催された、たしま健康講座2015も今回で

最終回ですhappy01



Img_0006
田島校区衛生連合会 長会長のごあいさつでは、

来年度も黒田節体操を取り入れ、できたら小学生と

コラボも考えていて、『おじいちゃんとお孫さん』が

一緒に黒田節体操をするのが目標とのことwink

実現したら微笑ましい光景ですねconfident


今日は、黒田節体操と今年度のテーマの

脳梗塞予防についておさらいです。

Img_0011

今回も引き続き健康運動指導士の斎藤郁磨先生

指導で、始めは脳トレを兼ねたジャンケンゲームを

行いました。手と足と脳を使ってのジャンケンゲームで

体をほぐしたあとは、黒田節体操note

3ヶ月、間が開いたので、皆さん覚えているかなsign02

Img_0013

notesが始まると、はじめはぎこちなかった動作も

思い出すにつれ揃ってきました。時々家でおさらい

していたという声もsign01

Img_0014

ゆっくり手足を伸ばして、体重をかけるといい感じに

筋トレになります。

Img_0024

難しい3番の槍の部分もバッチリ揃ってshineいます。



休憩のあとは校区担当の髙田保健師よりこれまで学んだ

脳血管障害について、出血性(脳出血・クモ膜下出血)と

虚血性(脳梗塞・一過性脳虚血発作)があること、

その中でもテーマであった脳梗塞についておさらいを

しました。

Img_0002_2

脳梗塞の初期症状について、脳梗塞の中でも症状が

軽く、見落としがちで後々危ない一過性脳虚血発作の

症状をもう一度学びました。

・(多くは)片側だけ、手足がしびれたり、違和感がある

・急に手の力が抜ける

・めまいがして、フラフラする

・ろれつがまわらなくなる

・人の話を聞いているのに、何の話か分からなくなる

・物が二重に見える

・字を書くと震えて書けない

これらの症状は、一過性脳虚血発作かもしれません

あれっと思っても、少し時間が経つと元に戻ったり

するそうです。


あれっ?もしかしたら?と思うことが大事

すぐに病院へ行きましょうsign01


あれっsign02と思ったときの簡単な動作確認も学びました。

Img_0030

Img_0032

最後に長会長より、昨年春cherryblossom、この健康講座から発足した

ニコニコジョギングクラブについて紹介がありました。

月に2回(第2・4月曜日10時から)、スロージョギング発祥の

福岡大学スポーツ科学部から講師の先生に来てもらい、

スロージョギングのほかにも脳トレや体力測定、いろいろな

運動を学ぶことができ、認知症・ロコモ・生活習慣病の予防に

つながるとのことflair

興味がある方は、お気軽にどうぞとのことです。



Sline07b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

 

2015年11月 4日 (水)

たしま健康講座2015 第3回目

11月2日sun

11月になりました。

rainが上がり、空気が澄んだ清々しい朝です。

たしま健康講座2015も今日で3回目sign01

今日は、黒田節体操と健康の素のお話、栄養

講座と盛り沢山な内容です。 

Img_0002_2

              田島校区衛生連合会 長会長のご挨拶

黒田節体操も今回で3回目・・・ 覚えているかなsign02

2グループに分けて体操をしました。

曲が始まるnotesと、皆さん一斉に体が動きます。

校区衛生連合会のみなさんは、文化祭で披露されたとか。

さすがに足腰入ってポーズも決まっていますsign03

Img_0012 

スクワットの動作もしっかり筋トレになっていますね。

Img_0017 

難しい槍のところもバッチリshineです。

Img_0008

黒田節体操の後は、校区担当の髙田保健師より

分かりやすいflair資料を使って、健康の素のお話

ありました。

Img_0026

健康の素をたくさん持っている人は健康を作り出す

力があるとのこと。

いろんな人との交流を楽しみ、生き生きと生活できると

健康の素が増えるそうです。

Img_0025

後半の「生活習慣病を防ぐ・改善する食事」について

校区食進会のご協力で試食をしました

Img_0034

one雑穀米いり菜めし

twoさばのミルクみそ煮

three豆サラダ

four根菜ときのこのうすくず汁

fiveひんやり水ようかん

レシピonethree ←クリックでご覧ください

レシピfourfive ←クリックでご覧ください

Img_0039
試食をしながら、吉川栄養士から日頃の食事についての

お話がありました。生活習慣病を防ぐ・改善するには

減塩・バランスのよい食事を心がけること、食べ過ぎない

ことが大事とのこと。

Img_0031

今日は塩分が多かったなと思ったら、明日減塩を意識

するといいそうです。

皆さん美味しい~sign03と完食でした。

さばのミルクみそ煮は大好評で、家で作ってみるわsign01

だしを効かせたら薄味でもおいしいねとの声もhappy01

ごちそうさまでしたconfident

次回は2月1日10時~公民館で第4回目です。

家の中でできる黒田節体操、復習しましょうねwink

Sline05b

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

      mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

            telephone 092-831-4207

2015年7月27日 (月)

田島校区 たしま健康講座2015 第1回目

 7月24日(金)sun

いよいよ始まりましたsign01

たしま健康講座2015 今日は第1回目です。

会場は50名を越えるみなさんで熱気ムンムンwinksweat01

どうしてかかる?脳梗塞の最新情報」をテーマに

福岡歯科大学医科歯科総合病院 内科・脳血管内科

教授の大星博明先生に脳血管障害についてのお話や

予防法を学びました。

Img_0012

Img_0021

脳血管障害には、脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血などが

あり、どんな病気でどんな症状が出るのか、またどんな人が

なりやすいのかを分かりやすくflair説明していただきました。

Img_0032

生活習慣病にならないことが、脳卒中を予防することに

なるとのこと。

Img_0033

自分の体の状態を日頃の血圧測定や、健診でよく知っておくことも

とても大事なことです。変だな、気になるなと思ったら脳血管内科を

受診しましょうとのことでした。

まずは生活習慣を見直して、減塩を心がけたり、適度な運動

することが予防につながりますねhappy01

Img_0035
最後の質問タイムにも、丁寧な答えで、みなさんなるほど

そうなんだと合点flair

内容の濃いお話で、たくさん学ぶことができました。


休憩のあとは、田島校区では初めて取り組む黒田節体操を、

健康運動指導士の斎藤先生に習います。

Img_0037

ちょっと体をほぐしたあとは、まずは体験してみようsign03ということで、

音楽notesに合わせて、先生の動きを見よう見まねで開始sign01

Img_0042

Img_0045

Img_0046 

今日は時間の関係で1番2番まででしたが、繰り返すうちに

なんとなくポーズも決まってきました。

男性の皆さんから「歌も歌っていいね?」と声がかかり

皆さん口ずさみながらnotesトライgood

続きは次回ということで、9月7日(月)10時~公民館で

会いましょうsign03


今春 田島校区で始まった「にこにこジョギングクラブ」は

見学・体験お待ちしていますとのことです。

詳しくはこちらをご覧ください→にこにこジョギングクラブ



 Sline04b


皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

    telephone092-831-4207

    mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp