プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

堤地区 Feed

2017年10月18日 (水)

堤地区 正しいウォーキング方法

平成29年10月16日(月)rain

今日は堤公民館にて、足型測定と正しい

ウォーキング方法についての講話及び

運動実技が行われました。

講師は健康運動指導士の西内先生です。

Img_0121

最初に、足型測定と血圧測定を行いました。

足型測定では、足の正確なサイズや足裏が

バランスよく使えているかが確認できました。

Img_0112

測り方は、裸足になって青いボックスの中に

足を入れるだけ。1分ほど待つと、足型や

サイズなどが印刷された紙が出てきます。

足裏のどこに力がかかっているかが緑色で

表され、バランスよく足裏が使われていると、

足の指すべてと、指の手前の広い部分、及び

かかとが左右ともほぼ均等に緑色になるよう

です。

「今後のくつ選びや、歩き方の参考になって

よかったぁsign01」と大好評でした。smile

 

測定が一通り終わったら、講話と運動実技を

行いました。

 

まずは、自分で行える体調確認方法として

①気分が良いかを確認する

②脈拍のリズムが一定で速すぎないか確認する

ということを学び、脈拍の測りかたを練習しました。

片方の手首内側の親指の付け根の下あたりを、

反対側の手の指3本(ひとさし指、なか指、くすり指)

で押さえると脈が見つけやすいのだそうです。

Img_0123

 脈がみつかったところで、15秒間の脈拍を

測ってみます。運動ができる目安としては、

15秒間で25回を超えていないことだそうです。

ただし、個人差がありますので、普段から脈拍

を測って覚えておき、普段よりも速いときは

「今日はやめておこう・・・」と、思うことが

とても大切だそうです。confident

shineshine

また、運動で血圧を下げることができるそう

ですが、これには運動強度を50%(にこにこ

ペース)で行うことがとても重要なんだそう

です。にこにこペースの運動としてよい、

ウォーキングですが、今日のような雨の日

でも室内でできる方法があるということで

練習しました。happy01まずは、筋力アップも兼ねて、

椅子に座って腸腰筋を鍛える運動ですsign01

Img_0137

1・2・3・4とゆっくり数えながら、片足を上げ、

5・6・7・8と数えながらゆっくり下げます。

これがなかなかきつく、股関節の筋肉が鍛え

られている感じがすごくしました。happy02

この動きを速くすると、座って行うウォーキング

になるようですnote速くするとちょっと楽です。smile

足の動きだけでは、脈拍があまり上がらないので、

腕を大きく振ったり振り上げたりして、脈脈数を

調節してください、とのことです。

にこにこペースの脈拍の目安は、15秒間で、

50代:26回、60代:25回、70代以上:23回

だそうです。

Img_0142

この運動なら、テレビを見ながらでもできそう

ですね!ぜひおうちでやってみてください。wink

Akiborder003_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年8月28日 (月)

堤地区 体力測定①

平成29年8月21日(月)sun

今年度も夫婦石(めおといわ)病院のご協力

により、堤地区で体力測定が行われました。

まずは、血圧を測って健康チェックです。

Img_0036

行う測定は、上体起こし、長座体前屈、

握力測定、開眼片足立ち、10m障害歩行

の5つです。

やり方の説明を聞いたら、早速分かれて

測定を行いました。

Img_0062

体力測定のあと、結果の見方についての

説明がありました。

shineshine

後半は薬剤師の方による「薬の正しい使い方」

についての講話がありました。

Img_0072_2

 薬が効いたり、副作用が出たりというのは

血中濃度が関係するそうです。

濃度が薄いと効かないし、濃いと副作用が

出るそうです。

至適な範囲を守ることが重要で、それには

・いつ飲むか必ず指示に従う

・飲み忘れても2回分を1回で飲まない 

・残っている薬を勝手に使わない

・自分の薬を人にあげない。もらわない

・薬は水かぬるま湯で飲む

・噛み砕かない

・薬の保管は指示に従う

とのことです。「噛み砕かない」という

のは、薬には「仕掛け」があるものがある

からだそうです。

例えば、錠剤で腸で効かす薬の場合、

薬のまわりに腸で溶ける成分、その上

に胃で溶ける成分、その上にコーティン

グがしてあるんだそうです。

ですから、噛み砕いてしまうと仕掛けが

うまく働かなくなってしまい、成分が行き

届かない可能性があるんだそうです。coldsweats02

薬をもらうときに、薬剤師さんから聞く

ことを理由も含めて詳しくお話していた

だき、改めて、薬は指示通りに正しく飲

むことが一番効果が出て安全だという

ことがわかりました。

次回の体力測定は、来年2/19(月)です。

それまで体力UPにがんばりましょうnote

Line09

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年2月 7日 (火)

堤地区 体力測定②

平成29年2月6日(月)sun

今日は、今年度2回目の夫婦石病院との共催による体力測定を

行いました。前回8月に受けたときと同じ、上体起こし・開眼片足立ち・

10m障害歩行・長座体前屈・握力測定の5種目を行いました。

まずは、健康状態のチェックのために血圧測定です。

Img_0042

測定前に、夫婦石病院スタッフによる測定方法の説明がありました。

Img_0047

それでは、それぞれのブースに分かれて測定開始です。up

Img_0059 

測定はどこから始めてもよいため、やりたいところから始めます。

Img_0053

上体起こし(30秒で何回起きられるか数えます。)

Img_0066

開眼片足立ち(どちらか好きなほうの足で、何秒できるか

測ります。最高1分間。)

Img_0061

10m障害歩行(タイムを測ります。スポンジ素材の障害物は

倒してもOK。)

Img_0068

長座体前屈(前回まで、段ボールだった器具が新しくなり

ましたsign01

Img_0073

握力測定(左右2回ずつ測ります。)

shineshine

握力や片足立ちではプルプル震えるほどがんばっておらる方も

おられ、やり終わった後はみなさん思わず顔がほころんでました。happy01

測定後、夫婦石病院のスタッフの方から、検査結果の説明があり、

自分の測定値と年齢平均値を見比ました。

Img_0076 

今までできていたことができなくなって初めて筋力が落ちていたことに

気づくことがないように、定期的に測定して、以前と比べて落ちている

筋力がないか把握しておきたいですね。wink

shineshine

少し休憩した後、3グループに分かれて結果の振り返りなどの座談会を

行いました。

Img_0081

一人ずつ名前や住まいなどの自己紹介をし、普段健康のためにやって

いることなどを情報交換しました。ウォーキング・散歩などが多かったよう

ですが、中には社交ダンスと言われている方もおられましたよ。


最後に、今年度の健康講座にすべて参加された方の皆勤賞の表彰が

ありました。note

Img_0083

皆勤賞の表彰の後、山口会長より実は今年度の健康講座があと1回

行われることになったとお知らせがありました。

3月23日(木)午前に、健康運動指導士平塚泉先生による健康講座

が決定したそうです。詳細が決まり次第、堤公民館だよりに掲載される

ようですのでご確認くださいね!wink

Sline08b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年12月20日 (火)

堤地区 骨粗鬆症予防の運動と食事

平成28年12月19日(月)sun

寝たきりになる原因として多いのが骨折だそうです。

高齢になると、カルシウム不足等で骨がもろくなってきており、

つまずいたりちょっとしたことでも骨折しやすくなるそうです。coldsweats02

でも、運動と栄養で骨を丈夫にすることが可能とのことsign01

今回は、骨粗鬆症予防になる運動と食事について学びました。

まずは健康運動指導士の西内先生の講話です。

Img_0127

骨を丈夫にするためには、成長ホルモンが必要だそうです。

成長ホルモンを出すには、「夜12時までに寝ること」と「筋トレ」

がいいそうです。

筋トレを行う前には体調チェックを必ず行って、気分が乗らない

ときや心拍数が高い(1分間で100を超える)ときはやらないよう

にしてくださいとのことです。


まずはストレッチから。隣の人と比べないで無理のない範囲で

やってくださいね。wink

Img_0128

それでは、筋トレ開始です。足の筋肉を鍛える運動が中心です。

座ったままで、片足をまっすぐ伸ばし、ゆっくりと戻していく運動、

片足を曲げてゆっくりあげてゆっくりおろす運動、そしてスクワット

運動を行いました。

Img_0131

Img_0137 

やった後は、1回1回太ももを軽くトントンたたいたり、さすったりして

ほぐしました。

最後に片足立ちを左右1分ずつ行いました。

この片足立ちをすると、1分間で53分間外を歩いたのと同じ骨に対して

の効果があるそうです。happy01

(ただしカロリー消費はしませんので、ダイエットにはなりませんcoldsweats01

Img_0140 行うときは、ふらついたらすぐにつかめる場所(テーブルなど)があるところで、

かつ、つかめる場所側の足を上げて行ってくださいとのことです。

shineshine

さて、次は食事についてです。講師は、管理栄養士の中島先生です。

Img_0146

骨粗鬆症を予防するためには、カルシウムをしっかり取り、またカルシウム

の吸収を助ける食材もたっぷりとり、そしてビタミンDの生成のために適度な

日光浴を行うとよいそうです。

今日は、校区の食進会のみなさんがお食事を用意してくださいました。

Img_0156

Img_0150

今日のメニューは、

【主食】かぶの葉ご飯

【主菜】チキンロール

【副菜】かぶとキノコのミルクスープ

【副菜】ひじきのサラダ

【ひも】りんごかん

です。ひもは、嗜好品・お楽しみのようなものです。

作り方はこちら →  作り方1   作り方2

Img_0153

みなさん、おいしそうに召し上がっていました。

食進会のみなさんごちそうさまでしたsign01smile

筋トレも忘れずに行ってくださいね。wink

Sline08b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年10月31日 (月)

堤地区 医師講話「アルコールと肝臓」と体幹・上半身トレーニング

 平成28年10月26日(水)raincloud

堤地区では、よかドックの健診結果において城南区の他の

地域と比べて、肝臓の数値が少し悪いという結果が出たそうです。coldsweats02

それで、今回は城南区樋井川にある江下内科クリニックの

江下先生より「アルコールと肝臓」の講話をしていただくこと

になりました。

Img_0131_2

その後は、健康運動指導士難波先生による

「自宅でできる体幹・上半身のトレーニング」が行われました。

Img_0133

まずは、肝臓のお話です。

肝臓の病気(肝炎等)は、自覚症状がほとんどない状態で進んでいく

そうです。

肝炎等が進んでいくと、だるい・食欲がない、更にひどくなると皮膚や

白目が黄色くなる黄だんが出てきます。

ところで、肝臓の病気はアルコールの飲みすぎに関係していることが

知られていますが、アルコールの飲みすぎはほかの癌のリスクも

高めてしまうそうです。coldsweats02

毎日お酒を2合以上飲んだ人は、お酒を飲まない人に比べて

大腸がんで2.1倍、食道がんなら4.6倍も高くなるそうです。bearing

アルコールの摂取を適量にとどめて、リスクを低くしたいですね。

ではどのくらいならば大丈夫なんでしょうか?

1日アルコール量で23gまでならOKとのことです。

ただし、1週間で150gを超えないこと、だそうです。

具体的には、ビールなら大瓶1本、ワインならグラス2杯、日本酒なら

1合。そして、1日飲んだら2日休肝日を設けてください、とのことです。

お酒が好きな方にとっては耳が痛いお話です・・・。sad

リスクを下げるには、他に

野菜・果物をたくさんとる(糖尿病の方は果物摂取注意)

塩分・糖分は控えめに

ビタミンB(まぐろの赤身やレバニラ等)をとる

とよいそうです。

Img_0128

講話のあとは、運動です!

今日は体幹(おなかまわり、腰まわり、骨盤付近)を鍛える

トレーニングとストレッチです。

まずは、左右1分ずつ片足立ちをして、ふらつき方で自分の

体幹の弱いところをチェックしました。

Img_0134_2

「世界に一つだけの花」の音楽に合わせて、椅子に座った

まま深呼吸をしたり、腕を上げたり、肩の上げ下げをしたり

しました。

Img_0136

次は、その場でウォーキングをしました。途中足し算を

入れながらウォーキングしました。

Img_0157

「2!」とか「5!」とか元気な声でが飛び交いました。wink

Img_0156_2

そして、 

Img_0159 手のひらを少しねじったり、

Img_0161

脇を伸ばしたり

最後はストレッチも忘れずに行いました。

みなさんお疲れ様でした。happy01

Sline11_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年9月 2日 (金)

堤地区 体力測定①・認知症予防の脳トレ他

平成28年8月31日(水)sun

堤地区での28年度第1回目の健康講座です。wink

生活習慣病や認知症を予防して健康長寿をめざそう

をテーマに、夫婦石病院との共催で開催されましたnote

体力測定もあるので、始まる前に順番に血圧測定を

行いました。

Img_0003

山口会長の代理で、よかとこ会の中島会長が開催

のご挨拶をしてくださいました。

Img_0005

まず最初に校区担当の陣内保健師から健康寿命

をのばすための講話がありました。

Img_0008

続いて、夫婦石病院 作業療法士 小関さんから

認知症予防の講話がありました。

Img_0011

認知症を予防するために、栄養バランスのとれた

食事をとること、料理のメニューや手順を考える

ことが脳トレになることから、みんなでトマトを使った

メニューを考えてみました。 note

最初の方が「なべにトマトとお野菜やらを入れたら

おいしい」と発言されると、「意外に合うのよね」

「カレーやジュースもおすすめだよね」との意見が

次々にでました。

Img_0015

 認知症を予防し、いきいき生活を持続させるため

には「興味を持つ」「やってみる」「笑いあう」

ことも大切だそうです。confident

さて、講話の後は恒例の体力測定ですsign01

Img_0050 上体起こし

Img_0036 開眼片足立ち

Img_0021 10m障害物歩行

Img_0023 長座体前屈

Img_0037 握力測定

以上の5種目を行いました。体力測定ができる機会

が日常ではないので、みなさんはりきってされて

いました。翌日の筋肉痛は大丈夫だったでしょうか。coldsweats01

次回の体力測定は来年2/6です。

8月よりもよい記録となるとよいですねhappy01

Sline11_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年2月22日 (月)

堤地区 つつみ健康講座2015第4回目

2月15日(月)cloudsun

今年度の堤地区健康講座も今日が最終回です。

今年度は「生活習慣病・認知症・ロコモを丸ごと予防!」

をテーマに学んできました。

今日は第1回目と同じく夫婦石病院のご協力により年に2回

行なっている体力測定をします。後半はグループに分かれて

結果の振り返りを話し合い、最後は皆勤賞の発表です。


Img_0009

Img_0011


地区担当の陣内保健師より今日の流れの説明があり、

堤地区自治協議会会長の山口会長より、

健康づくりは目にみえない形の予防が大切で、病気になって

好きなものを我慢して薬を飲む生活より、健康なうちから

おいしいものを食べながら健康づくりに取り組み、病気を

予防することが自分にも周りの家族にも、財政にも

一番いいことだと思うとのご挨拶がありました。


Img_0015

夫婦石病院のスタッフさんの指導で簡単なストレッチをした後

体力測定を行います。

Img_0032_4 

                                  10m障害物歩行 

Img_0036_5

                                開眼片足立ち 

Img_0020_2

                                          長座体前屈      

Img_0037_3                             上体起こし

日頃から上体起こしに取り組んでいるという女性は

25回休むことなく軽々とクリアsign03

継続は力なりを目の当たりにしましたhappy02

Img_0039_4 

                                        握力

Img_0033

                                       足指力測定                                               

体力測定終了後は、グループに分かれてこれまでの

健康づくりを振り返りました。

Img_0046


これまでの健康づくりを
ひとりずつ発言します。

〇車で出かけていたのをなるべく歩くようにしている。

〇朝起きる時に、ストレッチや筋トレを実行している。

〇近場の公民館を3箇所利用して、体操教室や歩こう会などに

 参加している。ひとりだと続かないが、一緒にする仲間が

 いると休まない

〇糖尿病予備軍と診断され、食事と運動に気をつけて

 健康づくりを続けると1年後の数値がだいぶよくなった。

〇心がけ次第で、変われる。自分の体は自分で守る意識が大切。

〇転ぶときは変に抵抗しないで体をうまく使うように

 するとけがが少なくてすむ。

〇本格的な山登りをしていたことで体力には自信があったが、

 ふくらはぎを痛めて、体力測定の結果がかなり下がっていた。

 焦らず治して、体力が回復するようにウォーキングや筋トレなどに

 取り組みたい。

〇家に居ない。用事を作ってなるべく外出するようにしている。

等々・・・みなさん活発に自分の健康づくりを発表されていました。


Img_0049



グループワークの後は皆勤賞shineの表彰があり、13名の皆さんが

受賞sign03  

Img_0050



参加のみなさんお疲れさまでしたhappy01paper


Sline05b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

   お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

    mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

      telephone   092-831-4207

2015年12月22日 (火)

つつみ健康講座2015 第3回目

12月21日(月)cloud

つつみ健康講座2015も今日で3回目です。

Img_0005

着いた順番に落ち着いたところで、血圧と今日の体調を

チェックします。

Img_0014          自治協議会 山口会長のご挨拶 

 

今日のテーマは、骨と筋肉を強くするsign03ということで

運動実技と栄養講座を行います。栄養講座の中では

堤地区食進会のご協力により、健康メニューの試食も

あります。

初めに、斉藤運動指導士より運動実技を学びました。

 Img_0020

ストレッチの注意点は?との質問に、「痛いところまで

しないこと~sign01」「息を止めないこと~sign01」と即座に回答が

あります。3回目だけあって、みなさん分かってらっしゃるhappy01

Img_0022

脳トレの後は、音楽に合わせて手足を動かしたり、

室内でできる骨や筋肉に軽く負荷をかける運動を

学びました。

Img_0025

休憩の後は管理栄養士の神坂先生より、

生活習慣病を防ぐ骨や筋肉を守る食事のコツ

学びました。 

◎骨の健康のため、たんぱく質とカルシウムをしっかりとる

◎ビタミンD・K・Mgで骨に定着

◎バランスよく栄養をとることを心がける

季節を問わず、意識して水分をとることはとても

大事とのことです。

お話の中で元気のコツは『きょうようときょういく』とのこと

これは、教養と教育ではなく、今日用事があること・

今日行くところがあるという意味だそうです。

なるほどflairですねhappy01

Img_0008

調理室では、食進会の皆さんがテキパキと試食用レシピを

調理中でした。いつもありがとうございますsign03

 

Img_0031

今日のメニューは、ごまご飯・ささみのしそチーズフライ・

小松菜とじゃこの煮浸し・かきたま汁・柿のクリームチーズ和えです。

クリックでレシピeye → 骨と筋肉を丈夫にする健康メニュー

Img_0027

料理の感想など話しながら、皆さんにぎやかに試食終了sign01

大好評でした。

つつみ健康講座、次回は2月15日10時~場所は

公民館の予定です。

それでは皆さんよいお年をwinkpaper



Sline11




皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、城南区衛生連合会事務局まで

       mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

             telephone   092-831-4207

2015年10月27日 (火)

堤地区 つつみ健康講座2015 第2回目

 10月19日(月)sun

つつみ健康講座2015は今日で第2回目です。

Img_0002 

始まる前に、血圧測定や体調チェックを行います。

Img_0010

堤地区自治協議会山口会長よりご挨拶と健康づくりに

ついてお話がありました。

Img_0004 

テーマは「生活習慣病・認知症・ロコモを丸ごと予防」

ということで、校区担当の陣内保健師より

『血液検査データの見方』について、実際に血液検査の

結果を見ながら、数値の意味やどんな変化に

気をつけなければいけないのか等、説明を受けました。

毎年受けて変化に気づき、生活習慣を変えることが

将来の健康につながることがよく分かりました。

健康づくりはまず自分の身体を知ることsign03

・・・大事ですよねwink

Img_0013

講座の後半は健康運動指導士の斉藤さんから

室内でもできるストレッチや筋トレを学びました。

Img_0018 

左右の手paperで違う動きをして、脳も活性化up

簡単なようで難しくcoldsweats01、みなさん笑いが出ます。

Img_0022

Img_0028

リズムnotesに乗って手を頭肩膝等に移動します。

ポイントが多くなり、スピードも速くなるdashとこれがまた

結構忙しくてsweat01難しいwobbly・・・とまたまた笑い声が・・・happy01

簡単なことをしても脳トレにはならないので、

てんてこ舞いするくらいがちょうどいいのかなsign02

第3回目の次回は、12月21日(月)10時~公民館で

丸ごと栄養講座~生活習慣病を防ぐための脳にいい!

骨にいい!年代に合ったおすすめ献立紹介~の予定です。



Sline06a



皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

     mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

         telephone092-831-4207    



2015年8月18日 (火)

堤地区 つつみ健康講座2015 第1回目

   8月17日(月)rain/sun

今年度の堤地区健康講座のテーマは、「生活習慣病・認知症

・ロコモを丸ごと予防!」で、4回シリーズの予定です。

今日はその第1回目で、夫婦石病院のご協力により年に2回

行なっている体力測定と認知症についての講話です。

Img_0003

校区担当保健師の陣内さんより今日の流れの説明がありました。

Img_0006

自治協議会山口会長のご挨拶は、健康寿命をのばすため

日頃の健康管理がとても大事とのお話でした。

今日の体力測定は6種類です。夫婦石病院のスタッフさん

15名で、体力測定も流れるように進みます。

Img_0002

○血圧

Img_0011_2 

○握力(全身の筋力を表す目安になります)

Img_0012_2 

○開眼片足立ち(筋力・バランス・目の力・足の裏・

ひざの力が必要です)

Img_0014

○長座体前屈(体の柔軟性を測ります)

Img_0019

 ○上体起こし(腹筋が弱いと腰痛を発症しやすくなります)

Img_0024 

○10m障害物歩行(足が上がっているか確認できます)

Img_0027 

体力測定が終わった後は、夫婦石病院のスタッフさんより

それぞれ測定について、説明がありました。

続いて、小規模多機能施設 めおといわ「ゆい」の介護福祉士

宮ざき(山冠に奇)浩実氏より、「認知症について」の講話が

ありました。

Img_0032

まず始めに脳トレで頭をほぐします。

Img_0029

例題・・・字の色を答えましょうsign01(答・・・黒)

次々といろいろな色の漢字が出てきます。

字の色を答えると分かっていても、ついつい読みに合わせて

答えそうになりますcoldsweats01

Img_0031

認知症の種類や、通常の物忘れと認知症の違い、

認知症の方の行動や気持ち、認知症の方への対処方

などを学びました。

堤地区は、つつみカフェcafeやサロンで関係をつなぐ場があります。

認知症になっても、できることをしてもらい、支えあい

助け合って、家族や地域の一員として安心して

暮らせることが、認知症の進行を遅らせることにも

なるそうです。


つつみ健康講座2015日程表(←クリックでご覧ください)


次回の健康講座は10月19日(月)10時~公民館です。

講話「血液検査データの見方」と

実技「自宅でできる簡単ロコトレ」を行ないます。

堤地区のみなさんsign01お誘い合わせの上ご参加

お待ちしていますhappy01paper

Sline05b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 福岡市城南区衛生連合会事務局まで

      telephone 092-831-4207

      mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp