プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

堤地区 Feed

2016年2月22日 (月)

堤地区 つつみ健康講座2015第4回目

2月15日(月)cloudsun

今年度の堤地区健康講座も今日が最終回です。

今年度は「生活習慣病・認知症・ロコモを丸ごと予防!」

をテーマに学んできました。

今日は第1回目と同じく夫婦石病院のご協力により年に2回

行なっている体力測定をします。後半はグループに分かれて

結果の振り返りを話し合い、最後は皆勤賞の発表です。


Img_0009

Img_0011


地区担当の陣内保健師より今日の流れの説明があり、

堤地区自治協議会会長の山口会長より、

健康づくりは目にみえない形の予防が大切で、病気になって

好きなものを我慢して薬を飲む生活より、健康なうちから

おいしいものを食べながら健康づくりに取り組み、病気を

予防することが自分にも周りの家族にも、財政にも

一番いいことだと思うとのご挨拶がありました。


Img_0015

夫婦石病院のスタッフさんの指導で簡単なストレッチをした後

体力測定を行います。

Img_0032_4 

                                  10m障害物歩行 

Img_0036_5

                                開眼片足立ち 

Img_0020_2

                                          長座体前屈      

Img_0037_3                             上体起こし

日頃から上体起こしに取り組んでいるという女性は

25回休むことなく軽々とクリアsign03

継続は力なりを目の当たりにしましたhappy02

Img_0039_4 

                                        握力

Img_0033

                                       足指力測定                                               

体力測定終了後は、グループに分かれてこれまでの

健康づくりを振り返りました。

Img_0046


これまでの健康づくりを
ひとりずつ発言します。

〇車で出かけていたのをなるべく歩くようにしている。

〇朝起きる時に、ストレッチや筋トレを実行している。

〇近場の公民館を3箇所利用して、体操教室や歩こう会などに

 参加している。ひとりだと続かないが、一緒にする仲間が

 いると休まない

〇糖尿病予備軍と診断され、食事と運動に気をつけて

 健康づくりを続けると1年後の数値がだいぶよくなった。

〇心がけ次第で、変われる。自分の体は自分で守る意識が大切。

〇転ぶときは変に抵抗しないで体をうまく使うように

 するとけがが少なくてすむ。

〇本格的な山登りをしていたことで体力には自信があったが、

 ふくらはぎを痛めて、体力測定の結果がかなり下がっていた。

 焦らず治して、体力が回復するようにウォーキングや筋トレなどに

 取り組みたい。

〇家に居ない。用事を作ってなるべく外出するようにしている。

等々・・・みなさん活発に自分の健康づくりを発表されていました。


Img_0049



グループワークの後は皆勤賞shineの表彰があり、13名の皆さんが

受賞sign03  

Img_0050



参加のみなさんお疲れさまでしたhappy01paper


Sline05b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

   お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

    mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

      telephone   092-831-4207

2015年12月22日 (火)

つつみ健康講座2015 第3回目

12月21日(月)cloud

つつみ健康講座2015も今日で3回目です。

Img_0005

着いた順番に落ち着いたところで、血圧と今日の体調を

チェックします。

Img_0014          自治協議会 山口会長のご挨拶 

 

今日のテーマは、骨と筋肉を強くするsign03ということで

運動実技と栄養講座を行います。栄養講座の中では

堤地区食進会のご協力により、健康メニューの試食も

あります。

初めに、斉藤運動指導士より運動実技を学びました。

 Img_0020

ストレッチの注意点は?との質問に、「痛いところまで

しないこと~sign01」「息を止めないこと~sign01」と即座に回答が

あります。3回目だけあって、みなさん分かってらっしゃるhappy01

Img_0022

脳トレの後は、音楽に合わせて手足を動かしたり、

室内でできる骨や筋肉に軽く負荷をかける運動を

学びました。

Img_0025

休憩の後は管理栄養士の神坂先生より、

生活習慣病を防ぐ骨や筋肉を守る食事のコツ

学びました。 

◎骨の健康のため、たんぱく質とカルシウムをしっかりとる

◎ビタミンD・K・Mgで骨に定着

◎バランスよく栄養をとることを心がける

季節を問わず、意識して水分をとることはとても

大事とのことです。

お話の中で元気のコツは『きょうようときょういく』とのこと

これは、教養と教育ではなく、今日用事があること・

今日行くところがあるという意味だそうです。

なるほどflairですねhappy01

Img_0008

調理室では、食進会の皆さんがテキパキと試食用レシピを

調理中でした。いつもありがとうございますsign03

 

Img_0031

今日のメニューは、ごまご飯・ささみのしそチーズフライ・

小松菜とじゃこの煮浸し・かきたま汁・柿のクリームチーズ和えです。

クリックでレシピeye → 骨と筋肉を丈夫にする健康メニュー

Img_0027

料理の感想など話しながら、皆さんにぎやかに試食終了sign01

大好評でした。

つつみ健康講座、次回は2月15日10時~場所は

公民館の予定です。

それでは皆さんよいお年をwinkpaper



Sline11




皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、城南区衛生連合会事務局まで

       mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

             telephone   092-831-4207

2015年10月27日 (火)

堤地区 つつみ健康講座2015 第2回目

 10月19日(月)sun

つつみ健康講座2015は今日で第2回目です。

Img_0002 

始まる前に、血圧測定や体調チェックを行います。

Img_0010

堤地区自治協議会山口会長よりご挨拶と健康づくりに

ついてお話がありました。

Img_0004 

テーマは「生活習慣病・認知症・ロコモを丸ごと予防」

ということで、校区担当の陣内保健師より

『血液検査データの見方』について、実際に血液検査の

結果を見ながら、数値の意味やどんな変化に

気をつけなければいけないのか等、説明を受けました。

毎年受けて変化に気づき、生活習慣を変えることが

将来の健康につながることがよく分かりました。

健康づくりはまず自分の身体を知ることsign03

・・・大事ですよねwink

Img_0013

講座の後半は健康運動指導士の斉藤さんから

室内でもできるストレッチや筋トレを学びました。

Img_0018 

左右の手paperで違う動きをして、脳も活性化up

簡単なようで難しくcoldsweats01、みなさん笑いが出ます。

Img_0022

Img_0028

リズムnotesに乗って手を頭肩膝等に移動します。

ポイントが多くなり、スピードも速くなるdashとこれがまた

結構忙しくてsweat01難しいwobbly・・・とまたまた笑い声が・・・happy01

簡単なことをしても脳トレにはならないので、

てんてこ舞いするくらいがちょうどいいのかなsign02

第3回目の次回は、12月21日(月)10時~公民館で

丸ごと栄養講座~生活習慣病を防ぐための脳にいい!

骨にいい!年代に合ったおすすめ献立紹介~の予定です。



Sline06a



皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

     mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

         telephone092-831-4207    



2015年8月18日 (火)

堤地区 つつみ健康講座2015 第1回目

   8月17日(月)rain/sun

今年度の堤地区健康講座のテーマは、「生活習慣病・認知症

・ロコモを丸ごと予防!」で、4回シリーズの予定です。

今日はその第1回目で、夫婦石病院のご協力により年に2回

行なっている体力測定と認知症についての講話です。

Img_0003

校区担当保健師の陣内さんより今日の流れの説明がありました。

Img_0006

自治協議会山口会長のご挨拶は、健康寿命をのばすため

日頃の健康管理がとても大事とのお話でした。

今日の体力測定は6種類です。夫婦石病院のスタッフさん

15名で、体力測定も流れるように進みます。

Img_0002

○血圧

Img_0011_2 

○握力(全身の筋力を表す目安になります)

Img_0012_2 

○開眼片足立ち(筋力・バランス・目の力・足の裏・

ひざの力が必要です)

Img_0014

○長座体前屈(体の柔軟性を測ります)

Img_0019

 ○上体起こし(腹筋が弱いと腰痛を発症しやすくなります)

Img_0024 

○10m障害物歩行(足が上がっているか確認できます)

Img_0027 

体力測定が終わった後は、夫婦石病院のスタッフさんより

それぞれ測定について、説明がありました。

続いて、小規模多機能施設 めおといわ「ゆい」の介護福祉士

宮ざき(山冠に奇)浩実氏より、「認知症について」の講話が

ありました。

Img_0032

まず始めに脳トレで頭をほぐします。

Img_0029

例題・・・字の色を答えましょうsign01(答・・・黒)

次々といろいろな色の漢字が出てきます。

字の色を答えると分かっていても、ついつい読みに合わせて

答えそうになりますcoldsweats01

Img_0031

認知症の種類や、通常の物忘れと認知症の違い、

認知症の方の行動や気持ち、認知症の方への対処方

などを学びました。

堤地区は、つつみカフェcafeやサロンで関係をつなぐ場があります。

認知症になっても、できることをしてもらい、支えあい

助け合って、家族や地域の一員として安心して

暮らせることが、認知症の進行を遅らせることにも

なるそうです。


つつみ健康講座2015日程表(←クリックでご覧ください)


次回の健康講座は10月19日(月)10時~公民館です。

講話「血液検査データの見方」と

実技「自宅でできる簡単ロコトレ」を行ないます。

堤地区のみなさんsign01お誘い合わせの上ご参加

お待ちしていますhappy01paper

Sline05b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 福岡市城南区衛生連合会事務局まで

      telephone 092-831-4207

      mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp 

 

2014年7月31日 (木)

堤地区 健康講座③スロージョギングと健康食

  7月28日(月)sun

堤地区健康講座も今日で3回目、最終回です。

今日のテーマは、ちょこっとスロージョギングと健康寿命を

延ばす食事です。

Img_0037                    自治協議会山口会長

ちょこっとスロージョギングは、前回に続き福岡大学

スポーツ科学部の道下先生の指導でストレッチのあと

スロージョギングを実践しました。

Img_0042

Img_0054

Img_0055

心地よい音楽notesに合わせて1分間スロージョギングのあと

30秒歩くことを、交互に繰り返します。

室内で2メートルくらいの距離をターンしながらスロージョギングを

行うとより効果的だそうです。

エアコンの効いた部屋なら、夏でも苦になりませんし、

ウォーキングに比べ、同じ時間で消費カロリーが倍になり、

きつくないとなれば、答えは簡単sign03

運動するならスロージョギングupですねhappy01



休憩の後は、「健康寿命を延ばす食事」について

管理栄養士の村田先生からお話を聞きました。

Img_0061

塩分控えめで、栄養のバランスがとれた食事を摂ることが

生活習慣病を予防することになります。

骨折は生活の質を下げ、寝たきりの原因になりやすいので

カルシウムとカルシウムの吸収をよくするビタミンDが、含ま

れている食材を摂って、運動することが大事です。


健康福祉部食進会の皆さんが健康食を作ってくださいました。

月に1回健康食の講習会を開催されているとのことです。

Img_0069

Img_0068

健康食のメニューは

one混ぜご飯

twoトマトと長芋のもずく和え

three南瓜と豚肉のシナモン煮

four豚肉の香り漬け

fiveカルピスかん

 レシピmemoonefourここをクリック

       five・栄養価表はここをクリック


減塩した分を、みつばや生姜、大葉や香辛料等香りと酸味で

補ってあり、彩り豊かでさっぱりおいしい健康食でした。

食進会の皆さんありがとうございました。



Sline10 

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だよりに健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

        telephone092-831-4207

        mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

 

2014年6月 6日 (金)

堤地区  しゃべって歌っておいしく食べる!健康講座

6月2日(月)cloud

今日は3回シリーズの健康講座の第2回目です。

Img_0003         自治協議会 山口会長のご挨拶Img_0005           城南区地域保健福祉課 竹廣係長

「しゃべって歌って美味しく食べる!」元気なお口があなたの

健康寿命をサポートしますsign01ということで、お口の健康講座です。

今日の先生は歯科衛生士の大城康子さんです。

認知症の予防は、あごを使うことが大切とのこと。

あごを使うとは、話すことと噛むことで、脳を刺激します。

加齢により、歯が悪くなり咀嚼する力が落ちたり、飲み込む

スピードが落ちたりすることがあります。

あわててお茶などを飲んでむせるのも、自分が思っているより

飲み込むスピードが落ちているからとのこと。

あるあるflairと頷いている方もちらほら。

Img_0010

まずは唾液腺マッサージ。 お茶がないと飲み込みにくいと

感じたり、舌苔が多い方は唾液が足りず、口の中が乾いて

いるかもしれません。

Img_0017

                舌の動きを説明する大城歯科衛生士

口を閉じて舌でほっぺたの内側を刺激したり、ぐるぐる

回したりお口の体操をしました。

認知症予防の体操で、2つのことを同時にすると脳をより

刺激することのなり、活性化につながるとのことで

指遊びをしながら大きな声で数を数えました。

Img_0021 

歌を歌うnotesことも、脳を刺激することになり、口の運動としても

たいへんいいと、みなさん一緒に「村の鍛冶屋」と

「故郷の空」を歌いました。懐かしいですね。

Img_0022

口も脳も活性化したところで、怖い歯周病菌のお話です。

歯周病菌が増えた状態で病気やけがで寝込んだりすると

肺に入り込み、炎症を起こして・・・肺炎になることがあるそうです。

高齢者の死亡原因のひとつ、誤嚥性肺炎ですねshock

歯周病菌を減らし誤嚥性肺炎を予防する歯磨きを学びました。

Img_0027_2

何もつけないやわらかい歯ブラシを鉛筆握りに持ち、歯の境目の

歯ぐきを1本ずつやさしくマッサージするように動かします。

音を感じない程度に動かすことがコツとのこと。

講座の後半は、ストレッチと前回のスロージョギングのおさらいを

福岡大学の道下先生から学びました。

次回、3回目の講座は7月28日(月)10時から堤公民館です。

健康寿命をのばすための食事を学び、試食もあるそうです。

堤地区のみなさん、ご参加お待ちしていますhappy01

Sline03a

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、自治協だより等に

健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

      telephone092-831-4207

      mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

続きを読む »

2014年5月20日 (火)

堤地区健康講座 福岡大学田中教授 「始めよう!スロージョギング」

5月19日(月)sun

さわやかないいお天気ですsign01

今日は、堤地区自治協議会健康福祉部と

城南区地域保健福祉課の共催で健康講座が開催されました。

3回シリーズの第1回目ということで、メニューは

○健康寿命って何だろう?

○血液検査の見方

○「始めよう!スロージョギング」

久しぶりの健康講座なので、参加者がどれ位

集まるのか、期待と不安でドキドキわくわくしますhappy01

開始時間が近づくにつれ、どんどん人も増えなんと63名sign03

の受講者さんが集まりました。

Img_0010

 自治協議会の山口会長のごあいさつ。

Img_0016

続いて地区担当保健師の髙田さんより健康寿命って何だろうsign02

血液検査の見方のお話がありました。

健診は自分のからだの状態を数字で知るいい機会です。

受けっぱなしではなく、自分のからだを知ることで、生活習慣を

改善したり、必要な治療を受けることができ、病気の予防に

つながったり、重症化を防ぐことができます。

もちろん健康寿命も延ばせますね。

続いて、ためしてガッテン等で大人気の

福岡大学スポーツ科学部教授 田中宏暁先生

「始めよう!スロージョギング」講座です。

Img_0023

                       田中宏暁教授 Img_0026

健康づくりの基本は食事と運動で、薬は補助手段とのこと。

ニコニコペースのスロージョギングやステップ運動を1日30分

週に180分以上することが、加齢による体力の低下を防ぎ、

元気で自立した生活を送ることにつながるとのこと。

最近では、運動をすることが認知症の予防になるとの

研究も進んでいるそうです。

田中先生の分かりやすいお話に皆さん引き込まれ、

会場はやる気満々rockの雰囲気になりました。

Img_0031

姿勢の指導を受けたあとは、実際にスロージョギングを

実践してみます。

Img_0037

ポイントは

着地はかかとではなく、足の指の付け根sign01

あごは上げて目線は遠方にsign01

口をあけて呼吸は自然にsign01

とのこと。

ニコニコペースで30分sign01痩せたい人は40分以上sign03

まとまった時間じゃなく、小分けにしてもいいそうです。

Img_0048

みなさん楽しそうnotesに走っていますねwink

室内の2メートくらいの空間を行き来してもいいそうです。

「TVでなでしこsoccerを応援しながら、一緒に走るといいですよ」

先生の説明に笑いがでます。

「これくらいならきつくないね」

「クーラーかけて家でもできるね」等々声が聞かれました。

2週間続けると変ったことが自覚でき、3か月続けると

健診結果にも数字として出てくるそうですsign03

今日のやる気を忘れずに皆さん体力アップupを目指して

がんばりましょうね~happy01paper

次回は6月2日(月)10時から堤公民館です。

Sline05b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

    mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp

       telephone 092-831-4207

続きを読む »

2014年1月30日 (木)

堤地区 健康料理講習会《私たちの健康は私たちの手で》

1月28日(火)suncloud

堤地区自治協議会 健康福祉部 食生活改善推進協議会

(以下食進会と略)主催の健康料理講習会は今年度9回目です。

毎回18名位が参加し、食育について学んでいるそうです。

今日の内容は、12月から1月に城南保健所で特定健診を

受診した方に、提供するよかろーもんランチ」レシピの

伝達講習会です。

Img_0003 
堤地区食進会の前田会長のごあいさつ。

特定健診を受けた方の中には、血圧や血糖値が高い人も多くいるそうです。

食生活を改善し運動することが大切とのこと。

減塩で美味しく栄養のバランスがとれた献立を作って味わいます。

3班に分かれて、調理開始noteレシピをみながら作業を分担します。

Img_0006
皆さん日頃から活動されているだけあって、和気あいあいと手際よく

進みます。

Img_0007

今日の献立は

oneぷるぷるきびご飯

twoサンマ水煮缶のトマト煮

three高野豆腐のミルク煮

fourブロッコリーとひじきの煮もの

five花切り大根のみそ汁

sixかぼちゃのいとこかん

レシピmemo  onefourはここをクリック

       fivesix・栄養価表はここをクリック

Img_0014
出来上がりを前に、説明を受け、みんな揃っていただきま~すhappy01

Img_0013


oneごはんには、こんにゃくともちきびが入っています。twoサンマ水煮缶の

トマト煮は買い置きができ、身近な材料で作ることができるので

買い物に行けない時とか活用できそうと好評でした。threeの花切大根は

ハリハリ漬けなどに使う輪切りにした切り干し大根を使用しています。

歯ごたえが良く、干した大根の甘みが味わえました。

乾物や缶詰を上手に利用したレシピで、参考になるわ~との声。

1食の塩分を2.3gに抑えているため薄味ですが、素材の味が

よく分かります。

健康食の紹介は各公民館でも時々行なわれています。

お住まいの校区の公民館だより等をご覧くださいhappy01paper

Sline04a
お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで(10時~16時半)

     telephone 092-831-4207

    mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp