プロフィール

フォトアルバム

城南区衛生連合会

福岡市城南区衛生連合会は、区内11校区の自治協議会から推薦を受けた理事22名で構成し、校区における健康づくり活動の支援や、健康づくり「サポーター」の育成を行っています。 また、広報活動では、校区健康づくり活動紹介パネル展のほか、広報紙「健康だより」を年に2回発行しています。

カウンター

Powered by Six Apart

堤丘校区 Feed

2018年12月 6日 (木)

堤丘校区 バランスのとれた食事

平成30年12月5日(水)sun

今日も12月とは思えない暖かさです。先週に引き続き、堤丘校区の健康講座にお邪魔しましたsign01

講座が始まるのを待っている間に「4画の漢字をいくつ思い出せますか!?」というクイズが校区担当保健師さんから出題されていました。最高で9つの方がおられ、まずその方に白板に9つ漢字を書いてもらい、他の方がそれ以外に思いついたものを保健師さんが書いていきました。あっ、太 と 犬 もある! 手 もある!とどんどん出てきて盛り上がり、最終的には20個以上出たのではないでしょうか。盛り上がったところで、講座が始まりました。happy01

shine

「健康寿命を延ばして楽しく過ごしましょう!」シリーズの3回目で、今年度最後の講座です。今回は管理栄養士の中島先生から、健康寿命を延ばすための栄養についてのお話を伺いました。

Img_0040

年を取ってくると、食が細くなって1日2食となってしまうことがあるそうですが、食事の回数はバランスよく栄養分をとるためにはとても重要で、1回減るだけでタンパク質やミネラル・ビタミンなどが不足しやすくなるそうです。また、食事の回数が減ることで、1回の食事でエネルギーをより多く体に取り込もうとするので太りやすくなるそうです。bearingそのため、1日3食とることが大切なのだそうです。

なので、1日3食きちんととり、夕食だけでなく、朝食や昼食にも、肉や魚・玉子などのたんぱく質・野菜をしっかりとることが大切なんだそうです。

太りたくないために、ご飯やパンなどの炭水化物をつい控えようとしてしまいますが、炭水化物をとらないと、タンパク質が炭水化物の代わりにエネルギー源になり、筋肉や髪などを作れなくなってしまうそうです。

なので適量のご飯やパンをとることが大切で、1食あたりの適量はというと、ご飯だとお茶碗軽く1杯100gくらい、パンだと食パン6枚切1枚程度だそうです。また、イモ類は少量なら野菜扱いでよいですが、芋の煮物などしっかり量を食べる場合は、炭水化物になるので注意が必要とのことでした。そして、菓子パンは糖や油などが多いため食事としてはとらないほうがよいそうです。たまに食べるお楽しみ程度に留めておいてくださいということでした・・・。coldsweats01

やせるためには、栄養バランスはよい状態を保ったままで、カロリーを少しずつ減らしていかなければならないそうです。そうしないと、ロコモティブシンドローム(骨・関節・筋肉などの運動器の機能が低下した状態)になる可能性が高くなってしまうそうです。

栄養をとるときに、結構大変なのが野菜を1日350gとることだそうです。

生だと、一人分でザル1杯分はあるそうです。

Img_0043

今は冬なので、お鍋だとなんとか食べられそうですね。coldsweats01

野菜をたくさんとるための工夫としては、火を通してカサを小さくする1回に2~3日分食べれる量のおかずを作り料理時間を減らすとよいそうです。

また、火を通すのは、唾液の分泌が少なくなったり歯の調子が悪くなってくる高齢者にはおすすめだそうです。ビタミンCは減りますが、食物繊維や高酸化物質、他のビタミンミネラルはしっかり取れるので、生にこだわらず、たくさん食べることを意識してくださいとのことでした。confident

また、タンパク質は肉にも魚にもよい成分があるので、好き嫌いがあるとは思いますが、できるだけ肉:魚を1:1でとるようにするとよいそうです。その他に、タンパク質をとるには大豆製品もおすすめだそうです。タンパク質だけでなくカルシウムも豊富だそうですsign01

ただし、納豆はコレステロールを下げる薬など、一部飲みあわせが悪い薬があるので、薬を飲まれている方は、栄養バランスより薬との飲み合わせを優先してくださいとのことでした。

他にも玉子は1~2日に1個ですが、つなぎ等で入っていることもあるのでそれも合わせて1個にすること、牛乳はカルシウムをとるために必要ですが脂肪分も多いので、多くとりすぎないことなどを学びました。

最後にお楽しみのおやつについてです。おやつも少量ならとっても大丈夫だそうです。おやつとしておすすめなのが、ビタミン類も豊富な果物だそうです。

果物は果糖があるので、みかんなら1日2個まで、イチゴなら大粒で6個まで、柿(干し柿)なら1個までだそうです。「コタツテーブルの上に、山盛りみかんなどを置かないように気をつけてください!食べ過ぎてしまいます!」と先生が言うと、爆笑が起きていました。happy02

栄養のお話は、普段食事を作らない方も、外食時の参考になるので、健康寿命を延ばして楽しく過ごすために、是非生かしてくださいねsign01

shine

講話の後は、食生活改善推進員のみなさんが作られた昼食(メニューは、きのこご飯・豚汁・酢の物)をいただきました。

豚汁は具沢山で、酢の物には錦糸卵がトッピングされていて見た目も鮮やかでした。

Img_0051_2

大変おいしかったです。ごちそうさまでしたsign01happy02

 

Line14 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2018年12月 5日 (水)

堤丘校区 血管を守ってアンチエイジング

平成30年11月29日(木)cloud

堤丘校区の今年のテーマ「健康寿命を延ばし楽しく過ごしましょう!」の第2弾健康講座です。

第1弾は運動を行いましたが、今回は長尾病院臨床検査技師の先生による講話です。

Img_0120

介護が必要となる一番の理由は、脳梗塞などの脳血管障害だそうです。それ以外には、認知症、高齢による衰弱、骨折などがあるそうです。

平均寿命と健康寿命の差は12~3年ほどあり、人生100歳時代と言われる現代において、いかに健康で長くいられるかが課題だそうです。

ちなみに、平均寿命1位は長野県、健康寿命1位は静岡県だそうです。福岡県は、平均寿命は30位、健康寿命については43位とかなり低いそうです。これはまずいです・・・。weep

shine

人の体のなかには隅々まで血管がいき渡っていますが、1人分の血管の長さは、全てあわせると、なんと地球2周分にもなるそうですsign01

血管の壁にコレステロールなどがひっついて、分厚くなったり硬くなったりする状態を動脈硬化というのですが、動脈硬化は年齢というより生活習慣によって引き起こされるのだそうです。動脈硬化の原因となるのは、糖尿病・高血圧・脂質異常症・肥満・喫煙・運動不足・ストレスなどだそうです。高カロリー高脂質の偏った食生活・運動不足による肥満、喫煙習慣があるとなりやすいといえそうですね・・・。

動脈硬化が進むと、血管がつまりやすくなり、脳や心臓で起こると脳梗塞・心筋梗塞が起きてしまいます。なので、動脈硬化を防ぐことが健康寿命を延ばすコツなんだそうです。

血液中に糖が増えると血管の壁を傷つけやすくなり、また中性脂肪やコレルテロールが多くなると、血管壁にたまってくるそうです。血糖や中性脂肪は標準内であるのがよいそうですが、コレステロールは標準より少し高くても、コレステロールのLH比という数値が1.5以下であれば大丈夫なんだそうです。LDLとHDLのバランスが大事!とのことでした。

コレステロールLH比=LDL/HDL 

① 1.5以下だときれいな状態

② 2.0以上だと動脈硬化が疑われる状態

③ 2.5以上だと血栓が疑われる状態      

 

動脈硬化は早期発見できるかがとても大切なのだそうです。

検査の方法として、ABI検査、頚動脈エコー検査、眼底検査などがあるそうです。

ABI検査は、手と足の血圧を同時に測る検査で、通常足の血圧は手よりも高くなるそうですが、同じか低くなることがあるそうです。低くなった足は、どこかに動脈効果が疑われるそうです。検査自体は5分程度ででき痛みも負担もない検査だそうです。

shine

足の動脈硬化の症状として、「一定の距離を歩くと足が痛む」「立ち止まって休むと痛みが引く」「上り坂、上り階段が辛い」という症状が出るんだそうです。もしこのような症状が出ている場合は、念のため検査をしておくとよいとのことです。

また、たとえ動脈硬化になったとしても、生活習慣を変えれば、その後にできる血管は動脈硬化にしないことができるので、まずは動脈硬化になりやすい生活習慣を変えることが大事なんだそうです。

生活習慣病を防ぐキーワードは、

テクテク・カミカミ・ニコニコ・ドキドキワクワクだそうです。覚えやすくていいですねnotewink

①テクテク歩きましょう(運動不足の解消)

②カミカミして食べましょう(栄養バランスのよいものをよく噛むことで、栄養分を体の隅々へ届けることができる)

③ニコニコしましょう(笑いでストレス解消、免疫力もアップ)

④ドキドキワクワクしましょう(こちらもストレス、免疫力アップの期待大♪)

テクテク・カミカミ・ニコニコ・ドキドキワクワクを意識して、生活習慣病を防ぎ、健康で100歳まで生きたいですね!。happy01heart04

Line14 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2018年10月10日 (水)

堤丘校区 健康寿命を延ばす運動

平成30年10月1日(月)sun

ようやく運動によい季節になりましたね。uphappy01

堤丘公民館・さわやかウォーキングの会と共同で健康講座が開催されました。テーマは「健康寿命を延ばし楽しく過ごしましょう!」です。

本日の講師は、健康運動指導士の松原先生です。

高齢になってくると気になるのが認知症ではないでしょうか。

認知症はコグニサイズと呼ばれる運動を行うことで、予防したり進行を遅くしたりすることができるそうです。また、記憶をつかさどる脳の海馬は全身持久力を高めると保たれることがわかっているそうです。

コグニサイズとは、英語で認知をコグニション、運動をエクササイズと呼ぶのですが、その2つをあわせて作った造語で、100から3ずつ引いていくなど頭を使いながら、足を動かしたりする運動だそうです。

Img_0096

ストレッチをして体をほぐした後、簡単なコグニサイスを2つ習いました。

1つ目は、3の倍数で手をたたき、1~30まで3の倍数以外の数字を声に出して言うというものです。(1・2は声に出すが手はたたかない、3は声に出さないが手をたたく、4・5は声に出すが手はたたかない、6は声に出さないが手をたたく・・・を30まで行います。)

みなさん優秀で、最初からほぼばっちりでしたsign01

Img_0107

2つ目は、足踏みしながら、ひらがなの「あ」から「ん」までを声にだして言うというものです。ただし、3文字分ずつ切りながら行います。具体的に言うと、

あ・い・う(止まる)え・お・か(止まる)き・く・け(止まる)こ・さ・し・・・・・・といった感じです。

「意外に難しい!」「間違えたぁ」という声がチラホラ聞こえだし、先生からは「だんだん声が小さくなってますよぉsign01smile」と突っ込みが入っていました。coldsweats01

でも、2~3回行うと、こちらもすっかり揃ってできるようになっていましたsign03 

コグニサイズは「間違えないように気をつける」「間違ったと気づく」「できるようにがんばる」状態が脳を使っていてよいそうです。なので、覚えて簡単にできるようになったら新しいコグニサイズをやってみてくださいとのことでした。

新しいコグニサイズは、スマホなどで「コグニサイズ」で検索すると100種類以上出てくるので探してみてくださいとのことです。

少し休憩をした後は、全身持久力を高める運動を学びました。全身持久力を高めるには筋トレなど無酸素運動ではなく有酸素運度がよいそうです。有酸素運動といえばウォーキングですが、今回は骨への刺激(骨粗鬆症の予防)も期待できるスロージョギング®を習いました。

スロージョギングは、歩くよりもゆっくり進むジョギングで、太ももが鍛えられ、骨にも刺激があり、少し口呼吸にもなるので、持久力を上げるにはとてもよい運動なんだそうです。

やり方は、足を小まめに動かし手は軽く振るのですが、まずは実践しながら覚えていくことになり、その場に立って即練習を開始しました。

場所が狭いので、スロージョギングターンという、1・2・3で進み、4・5・6でターン(180度回転)、7・8・9で進み、10・11・12でターンするという動きを繰り返して走りました。目がまわらないように、ターンは全て白板のほうを向いて行います。家だとテレビを見ながら行うとよいそうです。

Img_0130

最後に、音楽に合わせて座って足踏みしながら、手を①たたく・②頭に置く・③胸でクロス・④お尻に置く、次は④③②①の順で行うというものを繰り返しました。④③②①となるところが混乱して「あっ違う!」「あっしまった!」と笑顔で、楽しそうに脳をしっかり鍛えて終わりました。happy01

Img_0157_2

「明日からやろう!じゃ忘れるので、是非今日から!」と先生。「なんでわかるのぉ!?」といわんばかりの笑いが起こりました。おうちに帰ったら早速始めてくださいねsign03

お疲れ様でした。confident

Akiborder003_2

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2018年2月14日 (水)

堤丘校区  薬と上手に付き合うために

平成30年2月10日(土)cloudsnow

小雪ちらつく凍てつく寒さが続く中、堤丘健康

講座の4回目が開催されました。

今回はお薬についてのお話です。

病院に行くとたいてい薬が処方されるので、

薬を飲んだことがない方はほとんどいない

のではないでしょうか。そんな身近なお薬

についてわかりやすくお話していただきましたsign01

講師は、薬剤師の高嶋さんです。

Img_0096_2

 

薬は、薬自体が体を治癒するものなのでは

なく、人の治癒する力(自然治癒力)をサポート

するものなのだそうです。

そして、形状は、体の仕組みにあわせて効率

よく安全に効くように、工夫がされているんだ

そうです。

また、飲み薬には服用のタイミングも指示され

ていますが、これもその薬の成分が、効率よく

吸収されるタイミングが指示されているそうです。

「食後」というのが割りと多いですが、吸収以外

にも、飲み忘れを防ぐという狙いもあるんだそう

です。確かに食後だと「あっ、薬!」と思い出し

やすい気がします。smile

shine

「お薬手帳」ってみなさんお持ちですか?

薬局で無料で作ることができるそうですnote

お薬手帳は、医療機関にかかるときに持っていく

だけでなく、医師や薬剤師に伝えたいことをメモ

しておくとよいそうです。

副作用が出たとか、健康状態、飲み忘れた等の

情報のほか、日頃飲んでいるサプリメントや市

など書いておくと、飲み合わせのチェックを

してもらえるそうです。

 また、災害時など、お薬手帳を持っていると、

薬に関する自分の情報を正確に伝えることが

できるので、安心なんだそうです。confident

shine

薬の問題として気になる「副作用」についても

説明がありました。

「副作用」とは、期待した効き目以外の作用が

現れる、期待した効き目より強く作用することです。

高齢者は、飲む薬の種類が多く、また、肝臓で

薬を分解する力や腎臓が体外へ薬を排出する

力が低下するため副作用が起こりやすいんだ

そうです。coldsweats02

でも、一部の人に出る可能性があるということ

なのであまり恐がらず、心配な場合は薬剤師に

ご相談くださいとのことです。happy01

また、薬の種類が増えると飲み忘れも生じやす

いのですが、薬局で頼めば「一包化」といって、

服用のタイミング(朝食後・昼食後・夕食後)で

1袋にまとめることができるそうです!ただし、

時間と手間賃が少々かかるということです。

shine

それから、健康応援薬局というのぼりがある

薬局では、処方箋がなくてもお薬や健康のこと

が相談できるそうですsign03(無料だそうです。)

健康について気軽に相談ができる専門家が

身近にいると思うと心強いですね。heart

かかりつけ薬剤師というしくみもあり、同じ薬

剤師さんにお薬を出していただくことで、日頃

より健康状態を把握してもらいやすいそうです。

shine

また、ジェネリック医薬品の中にオーソライズド・

ジェネリック(AG)というものがあるのですが、

ご存知でしょうか?私を含め参加者の中で

知っている方はいなかったようですが、これは

メーカーからお墨付きを得て製造した有効成分、

添加物、製法等が先発医薬品と同一のジェネ

リック医薬品なんだそうです。なのに価格は先

発品の4~5割程度だそうでお得sign01ですね。wink

shineshine

今回のお話で、薬局が少し身近に感じられる

ようになった気がしました。

健康応援薬局ののぼりをご近所で探して、

賢くお得に安全に、薬局・お薬が利用できる

ようになるとよいですね。winkLine_winter_crystal

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2017年7月 7日 (金)

堤丘校区 室内運動

平成29年7月3日(月)cloud

堤丘校区では毎月第1月曜、朝9時から

三尾池公園に集合し、ウォーキングを行う

「さわやかウォーキングの会」があります。

ウォーキングだけでなく、年に2回は、環境

衛生連合会との共催で、室内にて健康講座

が開催されています。

今回は「健康寿命をのばす室内運動」でした。

暑くなってきたので、涼しい室内で無理なく

できる、ロコモ予防にもなる運動ですsign01

講師は、健康運動指導士の渡邉先生です。

Dsc03578_2

健康寿命をのばすための運動で大切なことは

3つあるそうです。

①有酸素運動 

②時間 10分を3回等ちょこちょこ運動でOK

③きつさ きつすぎないにこにこペースhappy01

shineshine

また、健康寿命をのばす運動を始めるのに、

年齢はあまり関係ないそうです。

やる気になったときが始め時なんですね。wink

93歳で始めて、100m走、砲丸投げの2種目

でのマスターズ世界記録保持者(105歳以上

の部)となった日本人の男性がいるそうです。

現在107歳でご健在とのこと。その年まで長生

きされていることにまずびっくりですが、その年

で走ったりできるなんて、素敵ですね!heart01

お話を聞いただけでも元気になった気がしま

した。happy01up

shineshine

とはいえ、すぐに走ったりすると怪我の元。coldsweats01

今日は無難なストレッチ・脳トレになる運動・

転倒予防になる室内運動を行いました。

ノリノリの音楽に合わせて運動開始ですnote

Dsc03592

Img_0072_3 

Dsc03591_2 

 マスターズへの小さな第一歩sign02なるかもしれ

ません。wink

毎日何かしらの運動をする習慣をつけていき

いですね。happy01

Sline07b

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

 

 

2017年3月 2日 (木)

堤丘校区 ロコモティブシンドローム予防講座

平成29年2月25日(土)cloud

堤丘公民館の斜め向かいにある志田整形外科リハビリ科の

志田先生によるロコモティブシンドローム予防についての講話

がありました。

Img_0064

お顔なじみの患者さんも来られていたようで、うれしいことに

60名超の方が聴講されました。happy01

Img_0066

ロコモティブシンドローム(略してロコモ)とは、骨・筋肉・関節等の

運動器の障害によって、体の動きが制限される状態だそうです。

具体的にいうと、骨折・腰痛・膝痛などにより、立つ・歩くといったこと

に支障をきたすことで、そのままでいると寝たきりにつながってしまうそうです。

shine

ロコモを起こす原因の1つとして、「骨粗鬆症」があげられます。

骨では、日々骨を壊して骨を作るというリモデリングという作業が行われている

のですが、そのバランスが崩れると、骨がスカスカになる骨粗鬆症が起こりやす

くなってしまうんだそうです。weep男性よりも女性に多い病気だそうです。

また、一度骨折を起こすと他にも骨折をする可能性が高くなるそうです。coldsweats02

日頃から、骨密度を測っておくことも大切ですね。

福岡市の検診では、満40歳以上の方を対象に、骨粗しょう症検査

(X線による骨量測定)が年1回500円でできますのでご利用ください!

ロコモの要因として他には、軟骨が磨り減って痛みが出る「変形性

関節症」や「変形性脊椎症」などがあるそうです。

治療方法としては、どれも食事療法と薬物療法と運動療法の組み合わせに

なるそうです。

ロコモであるかどうかは、立ち上がりテストや2ステップテストなどで判定でき、

対処法としては、スクワットや片足立ち、プラス10の歩行(普段より10分

多いウォーキング)、地域で行っている体操教室などがあるそうです。

運動は続けることが大事、がんばりすぎずに続けましょう!とのことでしたsign01

shine

後半は、理学療法士さんのご指導の元で、座ったままでもできるロコモ予防

体操をDVDを見ながら、実際に体験してみました。

座ったまま腕を前に伸ばしたり、体を前に倒したり、後ろにゆっくり反らしたり

しました。

Img_0083

Img_0095

Img_0096

「温かくなるねぇ!」「気持ちいいねぇ!」となかなか好評でしたよ。

みんなで一緒に続けていけたらいいですね。お疲れ様でした。confident

Sline08b 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは 城南区衛生連合会事務局まで

     mail  jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone  092-831-4207

2016年3月 2日 (水)

堤丘校区生活習慣病予防シリーズ第4回目

2月29日(月)cloudsnow

春めいたsun日曜日から、急に冬に戻りました。

堤丘校区の生活習慣病予防シリーズも今回で第4回目

最終回です。

会場は50名近くの参加者で、満員御礼状態ですhappy01

Img_0003

今日の体調はどうかなsign02来た順に血圧測定をします。

Img_0007

ご家庭で食べているいつものおみそ汁を持参して

管理栄養士が塩分濃度の測定をしています。

Img_0011

測定の結果、塩分濃度は0.8%で、ちょうどいいshineとのことgood

食味としては、『0.8%未満だと薄い、1.2%を超えると濃い』

になるそうです。

Img_0013                校区担当の永田保健師

Img_0015              校区自治協議会の石橋会長



 今日のテーマは、「血糖・コレステロール改善の食事」です。

講師の中島管理栄養士より、適正体重のことや普段の

食事で気をつけることを学びました。

Img_0024

人間は25時間周期を食事で24時間周期に修正している

そうです。食事のリズムを考えると、生活のリズムを整える

ことなります。

昼食にありがちな、うどんとおにぎり・いなり等は血糖値を

上げる炭水化物ばかりで、偏った食事になります。

一日に必要な野菜350gを夕食だけで摂るのは無理が

あるので、なるべく三食に分けて摂るように心がけると

いいそうです。野菜も生野菜より温野菜にしたほうがかさが減り

摂りやすいとのこと。また、野菜からたんぱく質、ごはんの順に

炭水化物riceballbreadを後から摂る方が、血糖値の上昇カーブが緩やかに

なるそうですflair

塩分は摂り過ぎないこと、薄味をこころがけ、酢や香辛料を

うまくつかうと塩分を減らすことができるそうです。

果物bananaapple・牛乳・乳製品は、体に良いからといって摂り過ぎは禁物coldsweats01

どんなものも適量、腹八分を心がけ、胃腸を休ませる、

血糖値がいつも高い状態にならないように気をつけましょうsign01

とのことでした。

最近は腹七分でもいいのでは、とも言われているとかsweat01・・・

美味しくても適量を守ることが、健康維持になりますねwink 

生活習慣病予防について、4回のシリーズで開催した健康講座

最後に皆勤賞の14名の皆さんに賞品を進呈sign01



食進会(食生活改善推進員協議会)のご協力で、

食事の準備も完了です。

Img_0025

Img_0028

Img_0032

食進会 森会長のごあいさつでいただきまーすhappy02

Img_0034 

みなさん「美味しいね」「温もるね」等々和気あいあいと

会話も弾み、心も温まりますconfident

食進会のみなさんごちそうさまでした。

Sline04a 

みなさんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

  お問い合わせは 福岡市城南区衛生連合会事務局まで

     mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

          telephone   092-831-4207

2015年12月 9日 (水)

堤丘校区 生活習慣病予防シリーズ第3回目

 12月7日(月)sun

堤丘校区の生活習慣病予防シリーズも4回シリーズのうち

今回で3回目となりました。

Img_0037 

血圧測定と健康チェックを行います。 

Img_0039

              校区担当の永田保健師

今日のテーマは、『内臓脂肪燃焼の運動』です。

Img_0044

講師は、健康科学研究所の健康運動指導士、

松原建史先生です。

 体重60㎏の人が1時間歩いたら、どれくらいの

エネルギーを消費するでしょうか?

・・・答えは150kcalです。

・・・・がんばったごほうびに大福を1個食べると

大福も150kcalとのことcoldsweats02

せっかく脂肪を燃焼しても、同じ分を摂ったら体重は

変わりませんね・・・ここで、参加者さんから笑いが出ますcoldsweats01

大きな筋肉を動かすと、それだけ脂肪の燃焼も多く

なるそうです。また、まとまった時間に運動するのと

短い時間を何度もするのでは、効果は同じとのこと。

まとまった時間を作って運動するのはなかなかね~coldsweats01

いう方も日常生活の中で、ちょこちょこ運動するのは

そう難しいことではなさそうですwink

Img_0048

ストレッチは血流がよくなり、体がぽかぽかしてきます。

これからの季節、寒くて寝付けないときは布団の上で

ストレッチをすると、良いそうですsleepy

Img_0049

Img_0051 

ストレッチの後は、ニコニコペースについて学びました。

Img_0057_2

楽過ぎずにがんばり過ぎないことが、健康づくりの

コツのようです。

Img_0066

最後は、さわやかウォーキングの会の代表、

石橋会長のご挨拶で今日の講座は終了です。

石橋会長は、毎日の歯みがきタイムに、開眼片足立ちを

しているそうですsign01毎日の積み重ねが若さを保つ

秘訣flairなんですねhappy01



Sline08b

皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、城南区衛生連合会事務局まで

         mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

                   telephone 092-831-4207

 

 

2015年2月 4日 (水)

堤丘校区 歩こう会「室内でできる健康体操講座」

2月2日(月)suncloud

今日の歩こう会は、室内でできる体操講座です。

講師は、健康づくりサポートセンターあいれふの、

健康運動指導士 西内久人先生です。

Img_0004_2

今日の体調はいかがでしょうか?

血圧と健康チェックで体調を確認します。

Img_0006

校区担当保健師の斎藤さんから冬の生活の中でよく聞く

こわいヒートショックの説明や注意点を学びました。

Img_0008

続いて、さわやかウォーキングの会の石橋会長より、

健康運動推進実践グループとして、県知事奨励賞shine

いただいたとの報告がありました。

西内先生の講座では体のバランス・姿勢をチェックしよう

とのことで、右と左の違いなどを二人一組になり確認しました。

Img_0013

左右の肩の高さや背中の筋肉のコリ、左右の足の長さ等々

みていきました。

Img_0022

ストレッチやバランスを整える体操を学びました。

Img_0028

片側ずつ、膝を胸に引き寄せ体のバランスを整えます。 

引き寄せるときにゆっくり息を吐き出すのが大事とのことです。

体のバランスが整ってないと、せっかくウォーキングをしても

ケガにつながるとのこと。気をつけましょうね。

続いて血行を良くし、代謝をあげるにぎにぎ体操を実践します。

Img_0032

最後にロコモ予防に開眼片足立ちの練習です。

Img_0035

毎日少しづつでも練習しておくと将来の寝たきり予防

なるそうです。元気な今から続けましょうhappy01

講座の後は、明日が節分ということで、ひと足早い豆まき

をしました。福はうち~note

Img_0041

充実した健康講座でしたscissors

皆さんお疲れさまでしたwink

Sline02b

皆さんのお手元に届く、市政だよりや公民館だより

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは、城南区衛生連合会事務局まで

    telephone 092-831-4207

    mail jonan-eiren@cap.bbiq.jp

2014年2月25日 (火)

堤丘校区 健康講座「あなたの血糖値,大丈夫?」

2月14日(金)cloud

堤丘公民館から見える油山はふもとまで真っ白sign03

雪化粧snowでとてもきれいです。

2月3日の運動講座に続いて、今日は食育講座、

あなたの血糖値大丈夫?」~糖尿病予防のための

食事のポイント~を学びます。 

Img_0008 
自治協議会の石橋会長からは、ご挨拶と体験を交えた

お話がありました。

Img_0005_2 
          校区担当保健師の齋藤さん

Img_0011 
日本の糖尿病有病者数は、疑いのある人も含めて

2,210万人!!成人の4~5人に1人が糖尿病coldsweats02

堤丘校区でも4人に1人が血糖値が高く、糖尿病と

密接な関係を有するHbA1c(ヘモグロビンエイワンシ―)が

診断基準値よりも高い人の割合が56%とのこと。

はじめのうちは、自覚症状がないので、定期健診を受けて

早めに見つけることが肝心です。

生活習慣を改善することが予防につながります。

 保健師さんの話の後は、管理栄養士の中島さんによる

「糖尿病予防のための食事のポイント」を学びました。

Img_0016 
                     管理栄養士の中島さん

食べ過ぎないこと、栄養のバランスを考えること、薄味に

すること等々、作り過ぎると勿体ないからとついつい食べ過ぎて

しまいます。またご飯茶碗の形によって同じ130gでも大盛りに

見えたり、物足りなく見えたり・・・視覚をうまく利用することも

できるそうです。

参加者の皆さんが受講中、食生活推進員協議会の

ご尽力により健康食の試食準備ができました。

Img_0022

          堤丘校区食進会の森会長
Img_0029

彩りがいいと食事も華やぎますねwink

Img_0025
講話の後は和気あいあいとお食事タイムnoteです。

堤丘校区の皆さんお疲れさまでしたぁ~happy01

Sline02a
皆さんのお手元に届く市政だよりや公民館だより、

自治協だより等に健康づくり情報が掲載されています。

お問い合わせは城南区衛生連合会事務局まで

   telephone092-831-4207

   mailjonan-eiren@cap.bbiq.jp